鍼灸・美容鍼灸なら福岡県福岡市南区警弥郷の鍼灸院|福岡市南区 けやごう鍼灸整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 美容鍼、頭痛、めまい、眼精疲労、自律神経症状など

投稿コラム

一覧に戻る

夏バテが長引いている人は、9月病になっているのかもしれません

投稿日:2017/09/16

    ーーーご存知ですか?9月病ーーー けやごう鍼灸整骨院

 9月病は夏休みの期間が多い国などで、長期休暇が終わってもなかなか仕事に集中できない人が陥る状態を言い表しました。日本では4月に年度がかわり5月に起きやすい「5月病」は、すでに一般的に知られています。

 また日本では、春の5月あたりからのストレスがたまりさらに、真夏に体力を消耗して心身のあちらこちらに不調が出ることが9月病と呼ばれています。また、まとまった時間がある夏休みに、今の環境や将来の姿を考えて不安になることも、9月病の1つのタイプでしょう。

9月病の症状も抑うつや無気力、疲労感、不安感、焦りなどがあります。睡眠に関しては、うつ状態からくる不眠や過眠が現れやすくなります。秋の初めに寝つきが悪くなったり、朝早くから目覚めてしまったりするのは、9月病の初期症状かもしれません。早めのケアをして、うつ病や適応障害といった本当の病気になる前に対応したいですね。

                 

≪自分でできるケア≫

◆眠る前にはリラックスしましょう

 9月病での不眠の原因は、主にストレスと言われています。その日に蓄積したストレスは、眠る前に解消するのが基本です。布団に入る前の1~2時間は、心から楽しめる趣味や軽めの読書、静かな音楽の鑑賞などをしましょう。

◆入浴してリラックスしましょう

38~40度のぬるめのお風呂に20~30分入ると、心身ともにリラックスして寝つきが良くなります。

 ◆深い呼吸でリラックスしましょう

 寝床についてもまだストレスを感じるようなら、世界保健機関(WHO)が勧めるリラックスするための呼吸法をしましょう。まず、3秒間カウントしながらゆっくり鼻から息を吸い、おなかを膨らませます。次に、3秒間カウントしながらゆっくり鼻から息を吐きます。息を吐き終わったら、そこで3秒間、呼吸を止めましょう。この呼吸を5分間くら繰り返してみましょう。

ーーーー『心身の不調を改善するのに代替医療もおすすめです』ーーーー

【肩凝り・腰痛・頭痛・めまい・耳鳴り】【その他自律神経症状】には鍼灸治療も効果的です。

けやごう鍼灸整骨院までお問合せください。

 

 

福岡市南区 けやごう鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典