鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県横浜市神奈川区白幡町の鍼灸院|ナッシュボディ白楽/鍼灸・アロマ・よもぎ蒸し

投稿コラム

一覧に戻る

こんなところから、隙間風!?風邪を未然に防ぐ方法。

投稿日:2018/03/10

あなたのこころとからだに寄り添う
鍼灸師&パーソナルトレーナーの藤木いつかです(^-^)

=====
あったかい格好してるんだけど…
どうもヒュ~~っと隙間風のような冷気を感じる…
=====

そういうこと、ありませんか?

●タートルネック着てても寒い
●ストール巻いててもゾクッとする

そんな時のスペシャルセルフケアをご紹介しますね。



赤丸のエリアに、ドライヤーの温風を当てたり
小さいホッカイロを貼っておくと、ゾクゾクが和らぎます

※温める際はやけどに注意しましょう!
むずがゆい感じになったら外してくださいね。
「チリチリ・ピリピリしてきたな~」というタイミングは、ちょっと遅いです。


↑の写真は火を使わないお灸を貼っているところです(´ω`)

*

カゼっぴきの“かぜ”って、漢字で書くと 「風邪」 ですよね?
これは、「ふうじゃ」とも、読まれます。


風邪(ふうじゃ)は、
<からだの上部から侵入する邪気>といわれているので、

首まわりには、風池、風門、風府などなど、
「風」という漢字がつくツボが多いのです。

たしかに、カゼ引くときって、
首元から背中の上のあたりの悪寒から始まりますよね。

首元を冷やさない
首に直接、風を当てない

というテッパンの予防策は、古くから伝わる養生法なのです。


今回紹介したのは、「ひきそう…」「ひくかひかないか…」
という時に用いるセルフケアですので

本格的なカゼをひき、<発汗・発熱・関節痛>などの
症状が出た状態で実践しても、さほど効果はありません。


予防策としてお役立て下さいね^^

ナッシュボディ白楽/鍼灸・アロマ・よもぎ蒸しの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典