鍼灸・美容鍼灸なら東京都中央区銀座の鍼灸院|銀のすず

しんきゅうselection東京不妊治療13選 2018年

しんきゅうコンパスSelection
東京の不妊鍼灸サロン13選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 東洋医学と生化学、解剖生理学を融合したアプローチ

投稿コラム

一覧に戻る

【妊活・不妊】妊娠のはじまり*受精の仕組み【銀のすず】

投稿日:2018/07/04

こんにちは

銀のすずの金山です^^

 

梅雨明けして暑さが日に日に増していきますね!

熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

今回は「妊娠」の始まり、「受精」について。

受精とは、精子と卵子が出会うことですね。

このように言うと簡単に聞こえてしまいますが

実はとても複雑な出来事なのです。

卵子も精子も旅をして、

卵管の少し太くなった部分(卵管膨大部)で出会います。

 

卵子の旅は卵巣の中から始まります。

左右の卵巣には卵子の元となる原始卵胞が無数に入っています。

卵胞は1周期につきおよそ400~1000個のグループで成長を開始すると言われています。

そのうちの十数個が選択され、

 FSHというホルモンの影響を受けて急激に成長を始めます。

その中で一番早く大きくなった卵胞が1つその周期に排卵されます。

卵巣の中の1つの卵胞から1つの卵子が放出されること、これが排卵です。

卵子は卵巣の外に放出され、卵管の端っこにある「卵管采」でキャッチされて卵管内に運ばれます。

そして卵管膨大部での精子との出会いに備えます。

ちなみに原始卵胞の数は、自身が生まれる前の段階で決まっていて

そこから毎月1つずつ排卵されていきます。

中には育たずに自然に吸収されたり、排卵日と関係なく排卵が起きることもあります。

成長段階にある卵胞から出るホルモンがAMHです。卵巣年齢の指標として用いられていますね。

 

続いて精子の旅です。

1回に射精される精液中にはなんと1億から4億もの精子が含まれています。

精子は膣から子宮口を通って子宮へ、そして卵管へと向かわなければなりません。

女性の膣内は細菌やウィルスなどの侵入を防ぐため酸性に保たれており、

精子にとってはかなり過酷な環境なのです。

精子を運ぶ液体成分(精漿)はアルカリ性で精子を守りますが、

射精された精子の99%が子宮にたどり着く前に死んでしまいます。

精子が卵管にたどり着くのは早いもので射精からおよそ15分と言われていますが、

この時点での精子には受精できる力がありません。

子宮・卵管を進む段階で5~6時間かけて卵子を受精する能力を獲得します。

 

さて

やっとの思いで卵子に到達した精子たちを最初に待ち受けるのは、卵子の周りを囲む卵丘細胞。

精子は卵子を取り囲み、先体から酵素を出して卵丘細胞を溶かしながら先へと進みます。

ここでもいくつもの精子が減っていきます。

その次にあるのは卵子の透明帯。

これも酵素で溶かしながら進んでいき、1つの精子が透明帯を通過すると

透明帯が変化して他の精子が中に入り込めないようになります。

 

これが受精です。

排卵されてからの卵子の寿命は約24時間。

精子の寿命は3~4日、受精能獲得後では10~20時間ほど。

受精しやすいのはその中でも8時間ほどという限られた時間なのです。

 

妊娠の始まり、「受精」をするだけでも

精子も卵子もこんなに壮絶な旅を超えて行われるのです。

ここから妊娠に至るまでにもまだまだ様々な試練が待ち構えています。

 

「奇跡」という言葉を簡単には使いたくありませんが、

人がひとり生まれることってまさにそうなのかもしれないと思ってしまいます。

 

その奇跡を起こすべく頑張るみなさまを銀のすずはサポートいたします。

奇跡と言っても、起こしやすい環境作りはできるものだと信じて。

 

 

 

妊活からマタニティ、そしてすべての女性の美しさと健康を支える鍼灸マッサージ治療院
銀のすず

東京都中央区銀座1-4-3 銀座SFビル6F
TEL 03-6228-7380
営業時間 10:00ー21:00(最終受付18:30)
有楽町線 銀座一丁目駅
妊活・不妊/マタニティ/産後/小児/婦人科疾患/一般 etc

ホームページ
オフィシャルブログ
しんきゅうコンパス
instagram
Facebook
アメブロ
エキテン

 

 

銀のすずの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典