鍼灸・美容鍼灸なら東京都中央区銀座の鍼灸院|天使のたまご銀座本院

  • 母になる!を支えるマタニティケアの新領域

投稿コラム

一覧に戻る

妊娠中のカフェインってダメなの??

投稿日:2018/02/15

 

 

コーヒーが大好き!一日に何杯も飲めちゃう!
お水を飲むのは苦手…だけどお茶ならたくさん飲める!
なんていう方はたくさんいらっしゃるかと思います。

でも妊娠したらカフェインをとってはいけないってよく聞くけど
コーヒーやお茶は絶対に飲んじゃダメなの??
 今回は妊娠中のカフェインについてお答えいたします!

 

カフェインは、神経を鎮静させる作用の物質・アデニシンに科学構造が似ており、
本来ならアデノシンがくっつくはずの受容体に
カフェインが結合することによって神経の興奮作用がおこります。

カフェインは適切に摂取すれば、がんを抑えるなど科学的データもありますが、
過剰に摂取し中枢神経が刺激されると
・めまい
・心拍数増加
・震え、めまい、不眠
・高血圧
・胎児の低体重につながる可能性
があるとされています。


WHO(世界保健機構)では、胎児の発育や健康にカフェインがどう影響するかについて
「まだ確定ではないが、控えるように」との通達を出していますが
お茶、ココア、コーラタイプの飲料は同じくらいのカフェイン量、コーヒーはその約2倍の量を含むので
妊娠中は1日にコーヒーをカップ3~4杯までにすべきとしています。

特にお腹にいるベビーはカフェインの排出機能が低いので、
妊娠中のカフェイン摂取量は1日200mgまでにしましょう。

 

コップ1杯を200mlとしたカフェインの含有量☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コーヒ…約120mg
紅茶 …約60mg
ココア…約10~20mg
緑茶(玉露)…約320mg
緑茶(前茶)…約40mg
コーラ…約20mg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

市販されているエナジードリンクや眠気覚ましの清涼飲料水の成分表示の多くは、
100ml当たりの表記をされていることが多いので注意です!


最近ではデカフェというカフェインの含有量が少ないもの(ノンカフェインではありません!)が多くみられますが
ノンカフェインとしてはタンポポコーヒー(たんぽぽの根をローストして作ったものなので完全なノンカフェイン♡)やハーブティーがオススメです。


天使のたまごでは、施術の前後でリラックスできる
オリジナルブレンドの漢方ハーブティーをご用意しております♡

☆加糖なし!ローズヒップやハイビスカスなどハーブの自然な甘酸っぱさが大人気の望(のぞみ)
☆水の巡りを良くしてくれてミント風味でつわりでもすっきり飲みやすい恵(めぐみ)
☆フェンネルやラズベリーリーフで乳腺炎を防いでくれる巡(めぐり)

くわしくはhttp://tenshinotamago.com/blog/?cat=142
でもご紹介しております!

 

院内やインターネットでも購入可能ですので
お気軽にお声掛けくださいませ♪

 

 

天使のたまご銀座本院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典