鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県相模原市中央区相模原の鍼灸院|はり灸マッサージ院 with EARTH

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格者の施術

投稿コラム

一覧に戻る

月経周期に合わせた鍼灸 【相模原の妊活鍼灸院 はり灸マッサージ院 with EARTH】

投稿日:2019/03/20

相模原の妊活中の方をサポートする鍼灸院

はり灸マッサージ院 with EARTHです。

 

with EARTHには妊活中の方のための

未妊鍼灸コースがあります。

 

未妊鍼灸コースは月経周期に合わせて施術を行います。

 

月経周期とは

『月経期』『卵胞期』『排卵期』『黄体期』

と、4つに分類した期のことです。

 

1.月経期

胎児を育てる子宮の部屋の中を、綺麗に大掃除する期

経血を出し切ることを目的とした鍼灸・整体を行います。

 

子宮内部の不要になった老廃物を取り除き、

新しい子宮内膜の準備をする時期ですの

前の周期の古い子宮内膜出し切ることで、

新しい子宮内膜を作る準備が整います。

 

2.卵胞期

卵巣では胎児の卵子を育てる時期。

子宮では胎児を育てる子宮内膜のベッドを作る時期です。

全身に栄養をめぐらせて、体調を整えます。

 

卵巣にある原始卵胞が、排卵に向けて成長を始める時期です。

また、より良い子宮内膜を作るために、

血液で“酸素と栄養素”を子宮に送り込みます。

 

3.排卵期

子宮の部屋に卵子を迎え入れて、受精・着床が行われます。

体外受精の方は「移植」の時期の鍼灸を行います。


10から20個の卵胞の中から、

特に反応の良かった卵胞の1つ

あるいは2つが主席卵胞となります。


他の卵胞は通常退縮します。


卵胞ホルモンは、主席卵胞が

約20ミリくらいに成長すると、

十分に育ったことを脳の視床下部に伝えます。


すると視床下部は、下垂体に

卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制させます。


オリモノは、精子が活動しやすく

なるための「潤いある環境」と

「弱アルカリ性の環境」を作るため、

排卵前から増加していきます。

 

4.黄体期

温まった子宮を、栄養素、酵素、血液などで満たす時期。

受精卵がしっかり着床し、それを維持していきたい時期です。

 

排卵後、卵巣に残された卵胞は黄体化し、

黄体ホルモンを分泌するようになります。


これにより、子宮内膜が着床しやすい環境に整備されます。

着床した受精卵には栄養をしっかり送り続ける必要があります。

血液の流れをよくして、

“酸素と栄養素”を、子宮に絶えず運び続けることが重要です。

 

 

妊娠を希望されていても

月経周期のことよ良く知らない方もたくさんいらっしゃいます。

 

身体の中でどのようなことが起こって

妊娠に至るのか。

 

しっかり知っておいて損はありません。

 

ぜひ覚えておいてください(*^▽^*)

 

 

神奈川県相模原市中央区相模原3-5-8-1F

 

042-754-8955

 

http://with-earth.info/

 

 

 

はり灸マッサージ院 with EARTHの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典