鍼灸・美容鍼灸なら奈良県北葛城郡王寺町久度の鍼灸院|はり灸・美容・整体 まほろば(美容鍼サロン併設)

投稿コラム

一覧に戻る

お灸のにおいって体にいいの? 悪いの?

投稿日:2018/06/11

 今日はある患者さんから院の部屋がタバコ臭いのが

気になるとご指摘を受けたのでお灸のにおいについて

書いてみたいと思います。

 

当サロンに来られた方は分かると思いますが、あの独特の臭いは

もちろんタバコではなくて、お灸のもぐさの臭いです。

(私はタバコは吸いませんので)

 

お灸って、元々はよもぎの葉の裏にある繊毛を精製したものなのです。

日本で使われているお灸のもぐさは伊吹山のよもぎが有名です。

もぐさは夏に刈り取られたよもぎを2~3日、天日干しし、

その後も2~3週間乾燥させ、細かく砕きます。

それを石臼で挽き、ふるいにかけ、もぐさの過程を経て製品になります。

 

よもぎはお灸以外にもお茶や入浴剤、草餅などにもよく使われています。

よもぎの作用としては解毒作用、浄血(血をサラサラにする)作用、

止血作用、健胃(胃の働きを助ける)作用があります。

 

また、もぐさを燃やした時ににおう独特の香りは「チネオール」という

精油成分が発するものです。

 

よもぎは山で自生している多年生のキク科植物ですので、

もちろん体には全くの無害で、お灸の煙を吸うと

鎮静・鎮痛効果、消毒・殺菌効果、

リラックス効果や脳内の血液循環が良くなると言われています。

 

お灸の煙は体には全くの無害どころか、上記の様な効果が

認められていますので、当サロンに来られた時は安心して

施術を受けてくださいね。

 

美容・健康のお悩みなら

奈良王寺美容鍼サロンまほろば

0745-60-3472

 

はり灸・美容・整体 まほろば(美容鍼サロン併設)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典