鍼灸・美容鍼灸なら奈良県奈良市東向北町の鍼灸院|心休処 憩庵

投稿コラム

一覧に戻る

雨が降ると膝が痛くなる理由

投稿日:2018/05/29

こんにちは、こんばんわ。
憩庵院長の井上です。

もうすぐ嫌な梅雨の時期がやってきますね。
そう、膝に古傷や痛みを持つ方にとっては痛みが疼く最も嫌な時期です。
実は私も膝に古傷があるので、この季節は苦手だったりします( ˘•ω•˘ )
余談はさておき…

今日は『雨が降ると膝が痛くなる理由』についてお話ししたいと思います。
東洋医学的にも様々な要因があるのですが、それは他のコラムにお譲りするとして…
この憩庵コラムでは解剖学的見地(1回言ってみたかったw)から解説してみたいと思います(`・ω・´)

何故雨が降ると膝に痛みが出てくるのか…
それは『気圧』が関係しています。
関節の中には関節液というお水が入ってます。
そして雨の原因となる低気圧が近づいてきて気圧が下がってくると関節内の関節液が体内よりも気圧の低い身体の外に向かって出ようとしてきます。

その時に関節の袋(関節包)が引っ張られて痛みが出たり、関節内の圧力が変化して違和感が出てくるのが原因ではないかといわれています。

これを予防するために関節周囲を温めて筋肉の緊張を緩和したり、鍼で筋肉の緊張を和らげて痛みが起こりにくくしようとしてるんですね。

皆さん(私含めて)も梅雨の時期は身体をしっかり労わってあげて下さいね(*^^*)

 

※力作のイラストシリーズ、再開しました(笑)
無断転載は厳禁でお願いします。

心休処 憩庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典