鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県中郡二宮町二宮の鍼灸院|はり灸養生院いのうえ

  • 注目
  • 二宮駅徒歩2分 女性鍼灸師による女性のための鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

喉の不調や咳、呼吸のトラブルにはこのツボ!

投稿日:2018/06/08

普段「◯◯に効くツボ」というフレーズには良く出会われると思いますが、「え〜?なんでこんな場所にあるのに効くの?」なんて思われたことはありませんか?例えば、万能のツボとして有名な足三里(あしのさんり)は胃痛や自律神経失調、鼻づまり、疲労回復、食欲不振など、症状の出ている部位と随分かけ離れた場所にあります。

今回ご紹介したいツボも万能のツボとして名高い「湧泉(ゆうせん)」。足裏にある、足先を下に曲げたときにできる凹みに位置するツボです。

冷え性や疲労回復、不眠、気付などのツボとして有名ですが、実は喉の不調や咳、呼吸のトラブルにも効くんです。

なぜでしょうか?これは、ツボの通る道、すなわち経絡(けいらく)の流れから解釈することが出来ます。湧泉は腎経(じんけい)に属するツボです。東洋医学で「腎」というのは、通常の腎臓の働きに加え、生命力や生殖を象徴すると考えられています。冷え性や疲労回復、不眠、気付というのはこの辺りから解釈できます。一方、経絡からみると、腎経は足裏の湧泉から出て、内くるぶし後ろから足の内側を通り腹部を貫くとされており、さらに腎より上って肝、膈を貫き肺の中にはいり喉部を回って舌の根元まで流れると考えられています。つまり、このルートに関係してくる症状は、腎経のツボを使って治すことができるというものです。

ここ数日、咳がとまらない、声がかれて出にくい、喉が痛い、といったお声をよく頂戴します。そんなときに「湧泉」のツボを温めたり、揉んだりしてみると症状が和らぐかもしれません。もちろん、「腎」に関係するということは、疲労とも大いに関係ありそうです。ゆっくり休養することも大事ですね。

 

 

はり灸養生院いのうえの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典