鍼灸・美容鍼灸なら静岡県浜松市中区寺島町の鍼灸院|鍼灸室 楽

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 浜松駅より徒歩8分

投稿コラム

一覧に戻る

36週で逆子になった方へ医師からお灸のススメ

投稿日:2016/02/13

逆子患者さんの珍しいケースで来院された方をご紹介したいと思います。

 

30代の女性

 

mothers_silhouette_04_vector_1610922人目妊娠中、36週の検診までずっと頭位(頭が下にある正常な状態)でしたが胎動の位置が変わったようで気になったので病院を受診した所、逆子だと言われたそう。来院はその翌日でした。

32週を過ぎると頭を産道に向けて回転していきお産の準備に入ると言われていますから36週で急に逆子になるのは珍しいと言えるでしょう。頭がそこで医師からは逆子体操などの指示はなく「お灸に行って下さい」と。

横で看護師さんから「楽という所でやってくれるみたいです。」と言われたそうです。

以前に36週で逆子が改善し先生は驚いていたと患者さんから伝え聞いていた病院だったのでそれを覚えていたのかも知れません。

最近は病院からお灸を勧められるケースも増えており少しづつ鍼灸の逆子治療も認知されてきているのかな?と思われます。

今回は2日後にまた診察を受けて戻っていなかったら帝王切開にすると言われていたので家族の付き添いを条件に2日連続で治療をしました。腹部を診てみると左のソ頚部の痛みがありこれは前から感じていたようで痛む部分を活法の導引を行い改善させてからお灸の治療をしました。2日後病院診察で見事に頭位に戻っていたと喜びのお電話を頂きました。

 

逆子の治療を早ければ早いほど良いですがずっと逆子なのか頭位になっていた時期があるのかも重要です。

この記事をみて遅くても治療出来るのだと思わず逆子と言われたらすぐにお調べになるのをおススメします。

鍼灸室 楽の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典