鍼灸・美容鍼灸なら東京都西東京市ひばりヶ丘北の鍼灸院|鍼灸梅庵

  • 注目
  • 少数の鍼でよりよい効果を

投稿コラム

一覧に戻る

脊柱管狭窄症の症例

投稿日:2017/03/31

脊柱管狭窄症という病気があります。

有名な症状に間欠性跛行とよばれ、歩いているうちに痛みが出てきて歩けなくなり、休むと又歩けるようになる、と言う症状があります。また、痺れなどを伴う物もあります。

症状が酷くなると手術という事も多いと思いますが、最近は狭窄そのものが原因ではないのではないかという論文も出始めているようです。

現在診させていただいている方は、間欠性跛行、両足のびりびりした痺れと知覚鈍麻(はばったい感じ)、座骨神経痛の様な痺れが出ており、年末には歩けないくらいになっていました。痛み止めを飲んでいると軽快していたようです。手術を勧められましたが不安感もあり当院を受診されました。

現在二ヶ月経ちますが、三回目で痛み止めを止めて見たところ痛みは減少し我慢できる程度になっており(これは服薬中自然によくなった可能性もありますが、その後更に改善しています。)、現在足の痺れ、知覚鈍麻はほぼ消失、氷のようだった足が段々温まってきており、今までは分からなかったが自分で足が冷えているのが分かるようになってきた、とおっしゃっています。

勿論全てのケースでこのように劇的に効果が出るとは限りませんが、鍼灸治療は有効な治療方法の一つです。

是非選択肢に加えてみて下さい。

 

鍼灸梅庵 竹山悠樹

http://baian.jpn.org

電話:042-422-0126

 

鍼灸梅庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典