鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市中央区上落合の鍼灸院|はりきゅう治療院 伍行庵

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • ヒトと医療に、まっすぐ誠実な治療をご提供します-

投稿コラム

一覧に戻る

3月3日に『耳つぼ』を考える

投稿日:2019/03/03

皆さん、こんにちは。

さいたま市、北与野駅から徒歩2分の【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

今日3月3日は言わずと知れた「ひなまつり」ですが・・・

『耳の日』でもありますよね(この耳は私の自撮り^^)。

 

はりきゅうで『耳』といえば、やはり『耳つぼ』。

 

雑誌などでは、もっぱらダイエットの効能ばかりを取り上げていますが、『耳つぼ』はそれだけではありません。

 

耳には脳から直接伸びる神経(脳神経)が複数分布していて、脳へアプローチをする際の「窓口」としては重要なポイントなんです。

最近話題になった「バトルフィールド・アキュパンクチャー(戦場のはりきゅう)」も、耳を窓口とした、脳へのアプローチの一つ。

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/10763/38283

 

私は以前、中国で鍼麻酔による甲状腺除去手術を見学したことがありますが、その時も使われていたのは耳のツボでした。

ダイエット(食べ物への中毒的依存の軽減)はもちろん、脳が関わる様々な問題・・・

機能性疼痛(原因がないのに痛みだけがある)やうつ、不眠など。

 

『耳つぼ』はとても応用力があるのですが、専門的なツボに関してはとても細かいですから・・・

 

一般の方のセルフケアとしては、

「耳たぶをかるくひっぱりながら、回すようにほぐす」

というのでも良いと思います。

 

三寒四温のこの季節、気圧の急変に影響されて、 カラダの痛みやめまいなどが出てくる方が増えています。

そんな方は、総じて伏せ耳(耳がアタマにピッタリついている)。

耳を刺激して、耳の血流を上げましょう!

はりきゅう治療院 伍行庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典