鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市中央区上落合の鍼灸院|はりきゅう治療院 伍行庵

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • ヒトと医療に、まっすぐ誠実な治療をご提供します-

投稿コラム

一覧に戻る

全身に効く!お顔の『6つ』のポイント

投稿日:2018/11/29

皆さん、こんにちは。

さいたま市、北与野駅から徒歩2分の【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

 

当院では、頭痛や自律神経の乱れに悩む方が多くご来院されますが・・・

治療のポイントとしてよく使うのが、実は「お顔」です。

 

東洋医学には

「十二経脈三百六十五絡、その血気は皆顔に上り、空竅(眼鼻口耳)を行く」(『霊枢』邪気臓腑病形篇第四)

と云う言葉があります。

 

つまり、『身体のすべての栄養は、顔に集中する』ということ。

そして、この「エネルギーが集まる場」というのは、顔の中でも6つに集約されるんです。

それが、このイラスト。

これらは、単に東洋医学だけでなく、解剖学的にも理にかなったポイントです。

 

・項(うなじ):頭痛や脳の疲労には、抜群の効果。

・頷(下顎の角)のまわり:奥には交感神経幹があり、ここへのアプローチはその昂ぶりを抑えます。

・口のまわり:脳への入力が特に多いのが口まわり。副交感神経系にアプローチします。

・内目尻:まぶたを開くための筋肉への刺激は、顔全体を反射的に引き締めます。

・耳のうしろ:胃腸に向かう副交感神経(迷走神経)の枝が分布する場所。

・鎖骨のくぼみ:上記の迷走神経が体内に入る場所。

 

この6つのポイントは、日々のセルフケアとしても大いに活用できる場所。

 

今年はまだまだ温かいですが、それだけに、慌ただしい「師走」に、急な冬の訪れがありそうです。

 

多忙と寒暖差は、自律神経に負担をかけますから・・・

事前の対策として、ぜひ覚えておいてくださいね、この6ポイント!

 

はりきゅう治療院 伍行庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典