鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市中央区上落合の鍼灸院|はりきゅう治療院 伍行庵

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • ヒトと医療に、まっすぐ誠実な治療をご提供します-

投稿コラム

一覧に戻る

『入浴で要介護リスク減!』冬のお風呂の入り方

投稿日:2018/11/12

皆さん、こんにちは。

さいたま市、北与野駅から徒歩2分の【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

さて今回は、患者さんからいただいたご感想から。

 

今朝のNHKで、こんなニュースが流れていました。

《入浴習慣のある高齢者は要介護リスク低くなる調査結果》

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181112/k10011707021000.html

 

 

当院では必ずといっていいほど、患者さんに

「お風呂は湯舟にちゃんとつかってますか?」

と聴くんですが・・・

 

ビックリするほど多くの方が、シャワーだけで済ませています。

 

浴槽浴の効能は『洗浄』・『温熱』・『浮力』・『水圧』の4つ。

 

 

『洗浄』はいわずもがな、『温熱』は代謝を高め、『浮力』によって重力から開放されるため、筋肉の深いトコロまで緩めることができます。

 

加えて『水圧』が内臓への刺激となり、呼吸や消化力の回復にも。

このように、さまざまな効果が期待できるお風呂。

 

これを踏まえて、冬のお風呂の入り方とは・・・

帰宅直後、浴室自体もよく温めた上で

40℃くらいの湯舟に、肩までしっかり、10分ほどの浴槽浴を。

 

帰宅直後というのは、外から持ってきた菌やウイルスをすぐ洗い流すためと・・・

自律神経のモードをリラックスに切り替えるため。

 

温度は、身体の芯までしっかり温めるなら40℃前後のお湯にゆっくり浸かるのが最適。

これ以上の湯温だと、交感神経が優位に働く為、あまりリラックスできません。

 

そろそろ年末。

忙しいとは思いますが、そういうときだからこそ、必要な【入浴の時間】。

 

一日の内の疲れを翌日に残さない意味でも・・・ 是非お試しを(o^-')b。

 

はりきゅう治療院 伍行庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典