鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市中央区上落合の鍼灸院|はりきゅう治療院 伍行庵

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • ヒトと医療に、まっすぐ誠実な治療をご提供します-

投稿コラム

一覧に戻る

ご感想から-なぜ『頭痛にはりきゅう』が良いのか?

投稿日:2018/11/02

皆さん、こんにちは。

さいたま市、北与野駅から徒歩2分の【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

さて今回は、患者さんからいただいたご感想から。

 

 

この方は、うなじから後頭部にかけて、慢性的に痺れるような痛みと締め付けられるような重さ、

そしてひどくなるとめまいまで起きるという事でのご来院でした。

 

色々とチェックし、狙ったのは・・・

『後頭下筋群』

 

この筋肉群は、後頭部の深いところにあり、頭の位置をコントロールする「Fine-Tuner(高性能調節器)」とも言われる場所。

 

ですが、それ故に・・・あまり他の筋肉にはない特徴があります。

一つ、人体中、最も反射的に収縮する部位の一つ(筋紡錘密集度)

一つ、収縮した筋を緩める機能が弱い(腱紡錘が少ない)

一つ、ずっと収縮していられる(遅筋線維)

 

これらは全て、重い頭を支えつつ、眼や耳、鼻などを効率的に使うための特徴ですが

 

とてもとても緊張しやすい部位であるということです。

 

特に最近のスマホに依存しっぱなしの体勢は、この後頭部下筋群にゆるめるヒマも与えません。

 

その上、場所は奥深くマッサージなどでは届きませんし

急激にひっぱたり捻じったりすれば、反射的に過剰に収縮し、それこそ悪化させてしまいます。

 

こういう状況では、やはり、はり治療がベストチョイス。

 

深部にしっかり届き、適切に筋をゆるめ、数回施術することで、緊張への適応を緩和することができます。

 

寒さが増すこの時期、頚は余計に縮むもの。

強い痛みがでる前に、ぜひ、はりきゅう治療をお試しを。

 

 

はりきゅう治療院 伍行庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典