鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市中央区上落合の鍼灸院|はりきゅう治療院 伍行庵

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • あなたの”悩みのツボ”へ、効果を確実にとどけます!

投稿コラム

一覧に戻る

夏に効く「和菓子の効能」

投稿日:2018/06/29

皆さん、こんにちは。

さいたま市、北与野駅から徒歩2分の【はりきゅう治療院 伍行庵】です。

このコラムでは、皆さんのセルフケアに役立つ情報をお届けしています。

 

明日で6月も終わり。

2018年も早、半年を過ぎましたね。

 

週明けからは7月、2018年後半戦。

 

この週末は、この半年の一区切りをつけるべく、神社にお参り などいかがでしょう?

多くの神社で、明日は半年を〆る『夏越の大祓』という神事が執り行われるでしょうから、「茅の輪」をくぐって、半年の疲れと穢れをおとすというのも良いかと。

 

そのあとは・・・

 

どうでしょう、美味しい”和菓子”でも。

和菓子の大半はあんこ、つまり小豆で出来ている訳ですが、この小豆は"水分代謝を高め、熱をさます"、夏の漢方の代表格でもあるんです。

 

中国では夏場の薬膳食として"小豆の冷やし粥(甘味控え目の冷やしおしるこ)"を良く食べるくらい。

その他にも、葛切の葛(くず)は、"葛根湯"などで用いられる葛と同じもの(熱を冷まし渇きを潤す)ですし、食物繊維の固まりの寒天などなど・・・

斯様に和菓子の原料には、夏向きの生薬が多用されているんです。

 

京都では6月30日、白の外郎生地に小豆を乗せた、『水無月』という和菓子がよく食されるんだそうです。

縁起以外にも和菓子の薬効、おそらくは経験から生まれた智慧ゆえに、長く愛されているのかもしれません。

 

驚いたことに、今年は今日、梅雨明けだとか。

暑く厳しく、長い夏になりそうです。

 

食べ物や服装を上手に選んで、これからの猛暑をのりきりましょう!

 

はりきゅう治療院 伍行庵の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典