鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県川口市西川口の鍼灸院|上野鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

自律神経失調症って何?

投稿日:2018/07/29

自律神経失調症の例として挙げられるのは

動悸、めまい、だるさ、何もしてないのに汗がでる、全身の疲れ

頭痛、吐き気、手足のほてり、極度の眠気、息苦しさ、立ちくらみ

                     などの症状です。

自律神経は体のバランスを司ります。交感神経、副交感神経といった単語をよく耳にしますが、この二つの神経のバランスが崩れると、上記のほかにもいろいろな症状が出てきます。

自律神経のバランスはちょっとしたことで崩れます。

ストレス、疲労、食べ過ぎ、飲みすぎ、環境の変化、季節の変化。例を挙げるときりがない位です。

しかし、人間の体はもともと少しバランスを崩しても元に戻そうとする【自己回復力】があります。

ですが、自律神経のバランスを崩す要因が多すぎたり、強かったりすると【自己回復力】が藻に合わず、自律神経失調症となってしまいます。

一度、自律神経失調症になると同じような生活をしていてもなかなか良くなりません。

治療のお手伝いをするのが鍼であり灸です。

治療方法についても今度、コラムに載せるので参考にして下さい。

 

上野鍼灸院

 

 

 

 

上野鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報