鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市中央区日本橋2丁目 の鍼灸院|鍼灸ひより堂

  • クーポン発行店舗
  • 眼科疾患の鍼灸治療の第一人者です

鍼灸ひより堂の施術例

美容

網膜色素変性症(白内障)の進行予防がしたい

2020.03.20

病院での診断

網膜色素変性症

これまでの経過

定期的に受けていた眼科の検診で、
網膜色素変性症を指摘された。

特に治療法がないということで、
自分なりに調べた結果、
鍼灸治療で経過が良くなるかもと考えて来院。

網膜色素変性症は白内障になりやすいこともあり、
そうしたものも予防したいと考えている。

また胃腸が弱く、
度々消化不良を起こすため、
それも同時に治したい。

遠方からの来院のため、
来院のモチベーションを挙げるために、
美容鍼灸も同時に受けている。

続きを見る

鍼灸院としての診断

遺伝的な要因による網膜色素変性症で、
家族歴が明らかにある状態。

お子さんにも遺伝が確認されているが、
発病はしていない為、
経過観察をしている。

胃腸の弱さは、
長期的に見ると体調全体に影響を与える為、
それも同時に施術して、
改善をするべきだと考えています。

首こりや肩こりも強く、
手足の冷えも良く感じるということでした。
冷え症は幼いころからあるため、
フラマー症候群の傾向もあると判断しました。

続きを見る

治療方針

フラマー症候群は、
全身の血管運動障害を特徴としており、
網膜色素変性症や正常眼圧緑内障悪化の原因ともされます。

この患者さんのように、
元々冷え症であったり、
その他の自律神経失調症状を持つ方が多いのも特徴です。

鍼灸治療は、
フラマー症候群に対して大きな働きをするため、
自律神経の調整により血管の運動障害を改善することが、
進行予防には大切であると思われます。

また消化機能の弱さも、
自律神経の調整で改善が期待出来るため、
鍼灸治療は一石二鳥だと思います。

ポイントとしては、

1.目の周囲や腹部などの局所刺激
2.手足のツボを使用した脳へのアプローチ
3.肩こりや首こりの局所的施術

となります。

続きを見る

治療内容

<施術内容>

【うつ伏せ】

 うつ伏せでは、首や肩の凝りを直接的に施術しました。
筋肉の緊張が緩むのを確認しながら、
1カ所ずつ丁寧に施術しました。

胃腸不良に対しては、
背部から腰部にかけてのツボを刺激して、
胃腸に対してアプローチしました。

【仰向け】

 仰向けでは、手足の末端にあるツボを刺激して、
脳に対してアプローチしました。
手足のツボは他の部位に比べて敏感であるため、
小さい刺激でも大きな変化を生む施術になります。

また目の周囲には、
ごく浅い鍼を施術して、
内出血をしないようにしました。

この患者さんは美容鍼灸も併用するため、
それ以外にも、
ほうれい線やあごのラインに沿って鍼を刺しました。
全て痛みが無いように工夫しました。

現在まで4年以上経過しましたが、
症状の進行はなく良い状態をキープしています。

何よりも、
自分のからだに変化が起こるということが安心感を生み、
精神的にも良い状態を保てています。

続きを見る

施術回数・頻度・期間

最初3か月週1回
その後10日に1回で3か月
現在は2週間に1回来院。
約4年間経過。

施術後のケア

体調、心理面、栄養など全てにおいて、
施術の度に確認しています。
慢性的に進行する眼科疾患は、
体調の影響を受けやすいためです。

そのため、
長期間の体調維持が出来るように、
施術の際にもルーティーン的な施術はしません。

ツボの選択などは、
その都度体調を聞いてから決定しています。

続きを見る

〒542-0073

大阪府大阪市中央区日本橋2丁目7-10

日本橋エクシーリスビル601

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報



  1. ホーム
  2. 大阪府
  3. 難波・日本橋・道頓堀
  4. 難波駅
  5. 鍼灸ひより堂
  6. 施術例
  7. 網膜色素変性症(白内障)の進行予防がしたい