鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市中央区日本橋2丁目 の鍼灸院|鍼灸ひより堂

  • クーポン発行店舗
  • 眼科疾患の鍼灸治療の第一人者です

鍼灸ひより堂の施術例

婦人科

妊娠32週で逆子になってしまった

2020.03.10

病院での診断

逆子(骨盤位)

これまでの経過

今までの妊婦検診では、
何も以上と言われたことはなかったのに、
妊娠32週になって受けた定期健診で、
エコーをしたところ逆子と言われた。

そのままなら帝王切開だと言われたため、
ネットで情報を探していたところ、
お灸で効果があることを知り来院。

続きを見る

鍼灸院としての診断

足の冷えが強く、
お腹の張りがたまに出ることがあるということでした。
お腹を触ってみても、
へそより下が少し冷たく感じ、
足に至ってはかなり冷たく感じます。

そのため、
冷えやお腹の張りが原因で、
胎盤の血流が多少悪いことと、
赤ちゃんが十分に動き回るスペースがないことが原因で、
逆子の状態から元に戻ることが出来ないと診断。

続きを見る

治療方針

下半身の冷えを取ることと、
胎盤の血流を増やすことを目標にしました。
また冷えのぼせが強く、
肩こりも強いことから、
首や肩の凝りも改善することにしました。

続きを見る

治療内容

<初回の施術>

至陰は小指の先にある特効穴ですので、
お灸をしましたが、
十分に脈が変化しなかったので、
腹部やその他の膝下のツボも施術しました。

また首や肩の局所的な鍼で、
肩こりなどの筋肉の強ばりを緩めました。

施術中からお腹の中で赤ちゃんが動き出し、
首や肩の凝りは、
1回目でかなり楽になったということでした。

次回の受診までの間、
週2回ペースで来院して頂くことにしました。

<2回目の施術>

前回の施術後、
今までに感じたことがないくらい、
激しい動きをしていたそうです。

逆子の方にお話を伺うと、
お腹の赤ちゃんはよく動いていると言いますが、
施術後の話を伺うと、
今までとは全く違うくらい動くと仰います。

初産の場合は、
比較することが出来ませんが、
大抵の場合、
逆子では動きが悪くなっています。

施術により子宮が緩み、
胎盤の血流が増えると、
今まで以上に元気に動き回るのが分かります。

施術は初回同様に行いました。

施術後は、
足が温まるのが分かるそうです。

<3回目の施術>

2回目の施術後、
ソファーでくつろいでいる時に、
ぐるりと回って気がすると仰っていました。

今までとは蹴る向きが違うそうですので、
婦人科の受診が楽しみだそうです。

1,2回目と同様の施術をしました。

3回目の受診後、
婦人科での検診で、
逆子が治っているのを確認されました。

続きを見る

施術回数・頻度・期間

・合計3回
・週2回ペース
・2週間

施術後のケア

自宅でも温灸を勧めましたが、
臭いが気になるということでNGでした。
逆子には四つん這いでハイハイをお勧めすることもありますが、
ご自宅の環境によります。

フローリングの場合には、
手や膝が痛くなることもあるため、
出来る範囲でお勧めしています。

散歩などは、
お腹の張りが出る場合には逆効果になりますので、
状況に合わせて指導させて頂いています。

冷え対策は靴下なども含めて、
出来る範囲で行って頂きます。

続きを見る

〒542-0073

大阪府大阪市中央区日本橋2丁目7-10

日本橋エクシーリスビル601

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報



  1. ホーム
  2. 大阪府
  3. 難波・日本橋・道頓堀
  4. 難波駅
  5. 鍼灸ひより堂
  6. 施術例
  7. 妊娠32週で逆子になってしまった