鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸師という国家資格について、および鍼灸師・鍼灸院の数

  • 鍼灸師
  • 鍼灸師とは
  • 投稿日
  • 2016年07月13日

鍼灸師とは

東洋のお医者さん、鍼灸師。鍼灸師とは、はり師ときゅう師という2つの資格を持っている人のことを言います。国家資格ですので、誰でも、はりやお灸ができるわけではありません。

また、あん摩マッサージ指圧師という資格もあり、鍼灸師があん摩マッサージ指圧師の資格も一緒に持っていることは多々あります。3つの資格名称の頭文字をとって、「あはき師」なんて呼び方をすることもあります。

 

鍼灸師になるために(国家資格について)

3年間専門学校に通い、ペーパー試験に合格すると、晴れて鍼灸師として社会に出れるようになります。前述のとおり、はり師・きゅう師は、2つの国家資格ですから、テストもそれぞれです。基本的に2つセットで試験を受けて、2つセットで合格するというのが一般的ですが、片方だけ試験に受かった、なんてことも、もちろんあります。

 

あん摩マッサージ指圧師になるには、言葉のとおり、あん摩・マッサージの技術や知識を勉強し、筆記試験を合格する必要があります。

 

国家資格を取得するための筆記試験は、1年に1回、毎年2月末に実施されます。万が一筆記試験に落ちても、再度試験を受けることは可能です。(何度でも可)合格率は、80%前後です。

 

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の3つを同時に取得するために通う学校のコースを「本科」、はり師、きゅう師の2つのみのコースを「専科」と言います。専科のみの学校と、本科を持つ学校と、大きく2種類あるわけですが、文部科学省の管轄のため、学校側が本科を作りたいと言っても、今は簡単には作れないそうです。

 

鍼灸師の数

平成26年度の時点での、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の就業者数及び免許登録者数は以下のとおりです。

 

 

平成26年末現在

 就業者数登録者数
はり師 108,537人 163,433人
きゅう師 106,642人 162,181人
あん摩マッサージ指圧師 113,215人 188,685人

 

 

はり師・きゅう師は、1人で2つの資格を取得することが普通ですので、ほとんど重複していると考えていいと思います。

 

はり師・きゅう師は、毎年4,000人弱が国家資格をパスしています。また、あん摩マッサージ指圧師は約1,500人程度、毎年増えています。

 

 

※参考リンク

厚労省 平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

「就業あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師及び施術所数」

 

公益財団法人東洋療法研修試験財団「年度別登録者数」

 

 

鍼灸院の施術所数

平成26年度の時点で、施術所数は以下のとおりです。

 

はり及びきゅうを行う施術所 25,445件

 

あん摩、マッサージ及び指圧、はり並びにきゅうを行う施術所 37,682件

 

あん摩、マッサージ及び指圧を行う施術所 19,271件

 

 

あまり知られていませんが、マッサージと指圧は、国家資格のため、資格を持っていないと、看板や院名にマッサージ、指圧という言葉を使うことができません。

 

ですので、マッサージという言葉が院名や施術メニューの内容、看板やWebサイトに書かれていれば、国家資格保有者としての信頼ができると思います。

 

資格がないと、マッサージや指圧という言葉を使うと違法になってしまうため、整体、オイルトリートメント、ほぐし、もみなどといった、別の表現が使われているはずです。

 

整体については、マッサージと同じような印象が、世の中全体にある気がしますが、実際は整体師という資格はありませんので、今日から私はプロの整体師です!と言えば、成立します。なお、それ自体が悪いことではないと思いますが、マッサージは国家資格、整体はそうではない、という事実が認知されていないことは改善されていく必要があるかなと思っています。

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み