鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後に情緒不安定の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の情緒不安定

    月経前にイライラしたり、不安になったりすることがありますが、これはホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。妊娠中や産後はホルモン分泌量の変化が激しいため、特に症状が重くなりがちです。情緒不安定になっている場合は、体のバランスを整える鍼灸治療を受けましょう。

     

    【情緒不安定の症状】

     

    気持ちが不安定になることを情緒不安定といいますが、この状態になると細かいことでイライラしたり、突然心細くなったり、理由もなく落ち込んだりします。ふだんならば特に気にかけないような小さなことでも、必要以上に反応してしまう心理状態です。産後の情緒不安定は「マタニティブルー」と呼ばれるように特別な症状ではありません。ただし、症状がひどい場合は心の病気が疑われます。念のため専門医による診察を受けてください。

     

     

     

    【情緒不安定の原因】

     

    男性よりも女性のほうが情緒不安定になりやすいといわれていますが、これは「女性ホルモンの変化」が原因です。月経前にイライラや不安感を覚えるのと同じで、妊娠中や産後はホルモンバランスが大きく崩れます。女性ホルモンは自律神経に大きく影響を与えるため、一時的に心をうまく制御できなくなってしまうのです。

     

     

     

    【情緒不安定の治療法】

     

    出産を終えてから1か月ほどたてばホルモンバランスが元に戻るため、特に治療をする必要はありません。ただし、イライラや不安の状態が長く続くとパートナーはもちろん、周囲との人間関係に影響がでることもあります。情緒不安定の人は、鍼灸治療を行ってホルモンや自律神経を整えましょう。情緒不安定に期待できるツボは「攅竹(さんちく)」、「神門(しんもん)」、「肝兪(かんゆ)」、「太衝(たいしょう)」などがあります。

     

     

     

    攅竹・・・

     

    眉頭のやや下にあるツボ

     

     

     

    神門・・・

     

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

     

     

    肝兪・・・

     

    肩甲骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

     

     

    太衝・・・

     

    足の甲、親指と人さし指の間から親指側の骨に沿って足首側になぞっていくと指が止まるところにあるツボ

     

     

     

    【情緒不安定に期待できる鍼灸治療の効果】

     

    東洋医学では「気」の乱れによって情緒不安定になると考えられています。症状が重い場合は投薬治療を行うこともありますが、妊娠中は赤ちゃんに影響が出ないとは言い切れません。リスクを減らすためにも、体に優しい鍼や灸による治療がおすすめです。自律神経のバランスを整える「攅竹」、気分を静める「神門」、イライラや不快感を抑える「肝兪」、ホルモンによる情緒不安定を抑える「太衝」などをやさしく刺激して、精神のコンディションを整えましょう。

    妊娠中・産後の情緒不安定のコラム一覧

    37

    全37件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/12

    ストレスは病気をよぶ⁉️気滞とは⁉️

    『気滞』とは、東洋医学で考える「気」の流れが妨げられ、巡りが悪くなった状態をいいます😥 気は車に例えると動力なので、エネルギーの流れが滞ることで、疲れや閉塞感、痛みなどが現れます。 気滞は特に、首から上に顕著に現れるため、体調面では、肩こりや頭痛、胸の息苦しさやつかえ、ため息やゲ…

    投稿日:2017/11/08

    産後の肥立ちについてのご相談が増えています

    産後の肥立ちについてのご相談を受けることが増えてきました。妊娠・出産と目まぐるしいホルモンバランスの変化を経て、産後の今があります。約10か月を経て、無事に出産をし、これから楽しく育児をしていくためには、まず、体力を回復することが優先になります。・まずは、お母さんの体を一番にいたわってあげましょう。…

    投稿日:2017/10/31

    妊娠中のマイナートラブル❢ご相談ください♡

     妊娠中のお母さんの体は、赤ちゃんを育てるための栄養分や酸素を胎盤から受け渡しています❢❢ 妊娠中には妊娠前と比べて、血液量が2ℓ以上増えて、呼吸数も多くなり、循環器や呼吸器などの内臓器官にもそれまでになかった負荷をかけることになります(>_<)赤ちゃんを元気に育むた…

    投稿日:2017/10/24

    母乳をだす努力

    こんには、鍼灸師の清水です。今日は母乳のお話しです。☆妊娠中からできる、おっぱいのお手入れについて☆母乳を十分に出すには、妊娠中からの手当が大切です。~妊娠六か月からできること~妊娠六か月くらいになったら、薄い食塩水に浸したガーゼや脱脂綿で乳頭を軽くマッサージしておきます。毎日、手当することで赤ちゃ…

    投稿日:2017/08/07

    産後(産褥期)の安静は必要?

    先日、更年期障害を訴えてご来院された60代の女性。症状は、上枝の痛みとしびれ、頭痛、胃もたれ、胃痛、ホットフラッシュ等々。問診でお話を伺っていくと、産前は全く不調なんてなく、産前、妊娠中、産後も同様に激務をこなしてきたそうです。すると、突然40代でからだが言うことをきかなくなり、諸々の不調が出現し、…

    投稿日:2017/08/01

    産後のママさんが陥る不安感や産後うつ。抜け出すために最も大切にすべきこと。

    こんにちは!大阪市城東区鴫野にある自律神経・ホルモンバランスを整える段上はり灸整骨院、院長の段上功(だんじょういさお)です^^現在31歳のボクの周りは、ただいま結婚式ラッシュ・出産ラッシュでおめでたいこと続きです。 ここ1年8ヶ月程で27件の結婚式・二次会に出席し、それに伴って7月は友達や…

    投稿日:2017/06/07

    産褥期の間取りを考えましょう✨

    出産してから1カ月間、授乳以外は何もしなくて済むくらい、しっかり休めるような環境を手配しましょう リビングの隣の和室など、人の息遣いを少しだけ感じられる場所に布団を敷いて、その周りに必要なものを揃え、なるべく立ち上がらないですむようにします。 骨盤や股関節がぐらぐらしている産後1…

    投稿日:2017/06/03

    産後ケア① mama care

    ワイズはりきゅう院笠舞店の野村です。子育てに奮闘中のお母さん、お父さんにむけてのコラムを何回かにわけて書かせて頂きます。  産後すぐ(産院で入院中から)できるケア産後無事出産を終えた喜びと、お世話になった人に赤ちゃんをお披露目したい思いから、ご報告メールをよく頂きます。とてもうれ…

    投稿日:2017/03/31

    東洋医学の不妊治療の考え方

    こんにちは〜ぐっさんです。今日は、東洋医学でいうところの「不妊治療の考え方」について何回かにわけて話していきたいと思います。不妊治療したいとおっしゃる方で基本的な体質として大きく、3つのパターン分類することができます。血虚(けっきょ)、瘀血(おけつ)、血虚と瘀血が混在しているタイプに分類できるかと思…

    投稿日:2017/03/29

    逆子や、情緒不安定に

    安産の漢方これを聞いただけで本当にそんなものがあるのかって思われる方も多いと思われますが、実際にそのような漢方が存在します。それは苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)です。この処方は一般的に不安や恐怖によってでた症状をよくする漢方です。出産とは女性にとって一大イベントです。そういった精神的な恐怖の影…

    全37件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師