鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後に情緒不安定の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の情緒不安定

    月経前にイライラしたり、不安になったりすることがありますが、これはホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。妊娠中や産後はホルモン分泌量の変化が激しいため、特に症状が重くなりがちです。情緒不安定になっている場合は、体のバランスを整える鍼灸治療を受けましょう。

     

    【情緒不安定の症状】

     

    気持ちが不安定になることを情緒不安定といいますが、この状態になると細かいことでイライラしたり、突然心細くなったり、理由もなく落ち込んだりします。ふだんならば特に気にかけないような小さなことでも、必要以上に反応してしまう心理状態です。産後の情緒不安定は「マタニティブルー」と呼ばれるように特別な症状ではありません。ただし、症状がひどい場合は心の病気が疑われます。念のため専門医による診察を受けてください。

     

     

     

    【情緒不安定の原因】

     

    男性よりも女性のほうが情緒不安定になりやすいといわれていますが、これは「女性ホルモンの変化」が原因です。月経前にイライラや不安感を覚えるのと同じで、妊娠中や産後はホルモンバランスが大きく崩れます。女性ホルモンは自律神経に大きく影響を与えるため、一時的に心をうまく制御できなくなってしまうのです。

     

     

     

    【情緒不安定の治療法】

     

    出産を終えてから1か月ほどたてばホルモンバランスが元に戻るため、特に治療をする必要はありません。ただし、イライラや不安の状態が長く続くとパートナーはもちろん、周囲との人間関係に影響がでることもあります。情緒不安定の人は、鍼灸治療を行ってホルモンや自律神経を整えましょう。情緒不安定に期待できるツボは「攅竹(さんちく)」、「神門(しんもん)」、「肝兪(かんゆ)」、「太衝(たいしょう)」などがあります。

     

     

     

    攅竹・・・

     

    眉頭のやや下にあるツボ

     

     

     

    神門・・・

     

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

     

     

    肝兪・・・

     

    肩甲骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

     

     

    太衝・・・

     

    足の甲、親指と人さし指の間から親指側の骨に沿って足首側になぞっていくと指が止まるところにあるツボ

     

     

     

    【情緒不安定に期待できる鍼灸治療の効果】

     

    東洋医学では「気」の乱れによって情緒不安定になると考えられています。症状が重い場合は投薬治療を行うこともありますが、妊娠中は赤ちゃんに影響が出ないとは言い切れません。リスクを減らすためにも、体に優しい鍼や灸による治療がおすすめです。自律神経のバランスを整える「攅竹」、気分を静める「神門」、イライラや不快感を抑える「肝兪」、ホルモンによる情緒不安定を抑える「太衝」などをやさしく刺激して、精神のコンディションを整えましょう。

    妊娠中・産後の情緒不安定のコラム一覧

    101

    全101件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/12/18

    産後のマイナートラブル対処法!

    こんにちは!大島はり灸院の吉居です。 今日は産後に起こりうるマイナートラブルについてのお話しをしていきます! 産後のマイナートラブルと言ってもたくさんあるのですが、 多くの原因は妊娠中と産後でホルモンバランスが替わり、身体がその変化についていけないことが上げられます。&…

    投稿日:2018/12/14

    産前産後のママへ、あなたの近くに頼れるMY助産師さんはいますか??

    当院には助産師であり鍼灸師の悟子先生がいます。お母さんや女性の方からファンの多い先生です。 長年、助産師としてお産はもちろんのこと、産前産後のお母さんの体調管理やセルフケア指導などをおこなってきました。産前産後のお母さんは逆子、つわり、むくみなどの身体のマイナートラブルも多く起こります。&…

    投稿日:2018/12/05

    あなたのMY助産師さんはいますか??

    当院では助産師の資格を持った女性鍼灸師が特に産前産後のお母さんのマイナートラブルと言われるつわりや逆子、むくみ、肩こり、腰痛、冷え、腱鞘炎、産後の体力回復、不眠、母乳のトラブル、抜け毛などの産前産後の現われる症状に対応しています。 それと同時に産前産後のお母さんは身体の変化を共にココロも不…

    投稿日:2018/11/22

    妊娠、出産、育児の不安があれば助産師でもある鍼灸師に相談して下さい!

    当院では助産師でもある鍼灸師さんがいます。 妊婦さんの逆子やつわり、むくみ、肩こり、腰痛など産後のお母さんの腱鞘炎や母乳の出が悪い、腰痛、肩こり、疲れが取れないなどお子さんの夜泣きやかんのむし、おねしょ、皮膚のトラブルなどなどの妊娠期、産後のお母さんの身体のマイナートラブル治療、お子さんの…

    投稿日:2018/11/17

    安産の鍼

    28歳初産妊娠39週子宮口も硬くて1センチほどしか開いておらず、赤ちゃんも上の方にいて横を向いているので、主治医からは「10日間は産まれないだろうから気長に待とうね」と言われる。この方のお母さまは経験30年のベテラン助産師。ここ数年、陣痛が来ない人が多く陣痛促進剤を使うことが増えているそうです。お母…

    投稿日:2018/11/13

    産後の抜け毛対策

    こんにちは!本日は産後のママのお悩み、抜け毛にお話します。脱毛に関しての鍼灸治療は実はあの東大でも研究されるほど近年では注目されているんですよ。ではなぜ産後に髪の毛がたくさん抜けるのか?わかりやすく説明すると・・・産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化が主な原因だとされています。妊娠中は女性ホルモンのプ…

    投稿日:2018/11/12

    普段飲んでいる飲み物のカフェイン量は?★カフェイン=コーヒーじゃない!

    みなさん、こんにちは(^O^)/ こもの鍼灸院三重本院の野辺朋香です!私、のべここと野辺が書くコラム通称#のべこらむ😋!  前回のコラム(https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1456/38494/)で「カフェインが産後のマ…

    投稿日:2018/10/26

    妊娠高血圧腎症(PE)って何?

    さて今回は「妊娠高血圧腎症(PE)」についてお伝えしていきます。 妊娠高血圧腎症(PE)とは妊娠高血圧症候群(PIH)に属するもので 定義としては「妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、かつ蛋白尿を伴うもので分娩後12週までに正常に復するもの」とあります。 妊娠時の高血…

    投稿日:2018/10/11

    ママは悩みが多いんです~いいよし鍼灸接骨院~

    「子供のオムツかえていいですか?」「子供にミルクあげても大丈夫ですか?」この様なママさんが、たまにいらっしゃいます。別に患者様ではないんです。 「トイレ借りても良いですか?」「トイレに行っている間、子供もみていて欲しいんですが・・」本日は、この様な方もいらっしゃいました。お子様連れだと、な…

    投稿日:2018/10/10

    【妊婦】妊娠中の暑さ・冷え対策について

    妊娠すると暑さを感じやすくなることも…けれど妊婦は冷やさないようにと言われたり。本日はそんな悩みを持つ方に向けて妊娠中の冷え・暑さ対策をお話いたします。  妊娠中は暑い・基礎体温が上がる個人差はございますが、胎盤が完成される15週頃まで高温期となりますので普段より暑…

    全101件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師