鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後の冷えの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の冷え

    妊娠中・産後は自律神経のバランスが崩れがちです。自律神経が乱れると血液の流れが悪くなり、手や足、腰などに冷えを感じるようになります。夏なのに体が冷たかったり、部屋を暖かくしていても寒さを感じる場合は冷え性になっているのかもしれません。鍼灸治療で血の巡りを改善し、冷えを克服しましょう。

     

    【冷えの症状】

    女性はもともと冷え性に陥りやすいと言われていますが、妊娠をすると自律神経が崩れがちになるため、ふだんは冷えと無縁の人であっても手足や腰、背中などに冷えを感じることがあります。冷え以外にもめまい・腰痛・肌荒れなどをともなうケースもあります。

     

    【冷えの原因】

    冷えを感じる原因はいくつかありますが、なかでも多いのがストレスによるものです。睡眠不足やつわりなどのストレスによって自律神経のバランスが不安定になり、血液の循環が悪くなることで「冷え」が生じるのです。

    また冷え性は生活環境によって引き起こされることもあります。妊娠中や産後の直後は体力的な問題もあって運動を控えるのが一般的ですが、適度な運動は必要です。運動不足の状態になると筋肉が衰えて、血流の循環が悪くなり、冷えやすい体になってしまいます。

     

    【冷えの治療法】

    冷えを改善する場合、まずは患部を暖めることから始めます。暖めることで血管が広がり、血液の流れが改善されるためです。蒸しタオルや温湿布などで患部を暖めましょう。また原因となる自律神経の乱れには鍼や灸を使った鍼灸治療が効果的です。冷えに期待できるツボは「井穴(せいけつ)」、「三陰交(さんいんこう)」、「腰陽関(こしようかん)」などがあります。

     

    井穴・・・

    手の爪の脇にあるツボ

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    腰陽関・・・

    ベルトの高さの少し下、腰の左右にある大きな腸骨の最上部と脊柱が交わる点にあるツボ

     

    【冷えに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において、冷えは「血(けつ)の不足」と「水(すい)の停滞」が原因と考えられています。患部を暖めるだけでなく、鍼や灸などでツボを刺激することによって血や水の巡りを改善する必要があります。体が冷えていると免疫力の低下はもちろん、子宮機能が鈍りやすくなるため、適度にマッサージして体を暖めなければなりません。

    手の冷えが激しい人は「井穴」、足の冷えや内臓の冷えには「三陰交」、腰やおなかの冷えには「腰陽関」が有効です。ただし、三陰交は子宮にも作用するツボのため、常に刺激をしていると早産する可能性があります。安定期に入ったのち適度に指圧するようにしましょう。産後の場合は特に問題ありません。

    妊娠中・産後の冷えのコラム一覧

    92

    全92件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/01/31

    【妊婦】妊産婦はご注意を『冷え』について

     今回のテーマは、妊産婦さんは特にご注意を…『冷え』についてです。 まずは冷えの原因から考えてみましょう。 妊娠中はおなかが大きくなって、姿勢が悪くなります。 そして妊娠を維持するために多くのホルモンが分泌されます。 この2つによって『…

    投稿日:2019/01/29

    鍼灸治療で陣痛促進もできます

    正産期と呼ばれる37週から41週。37週を過ぎると、赤ちゃんもお腹の中で充分に成長しいつ産まれて来ても大丈夫ですよ~!という時期に入ります。 予定日が近付くにつれ赤ちゃんに会える楽しみと、なかなか産まれる気配がないという焦りでお母さんはドキドキしがちだと思います。 しかし経験上、…

    投稿日:2019/01/18

    妊娠線を甘くみてはいけません!

    乾燥しやすいこの季節。妊娠線予防しっかりできていますか?妊娠中は急激な体重の増加により、皮膚も引き伸ばされていきます。 皮膚の表面は伸縮性があるので伸ばされていきますが、その下にある真皮層や皮下組織は急激な伸びについていけず断裂してしまうことが多いのです。 この断裂によって起きる…

    投稿日:2019/01/11

    【予定日超過の妊婦さんが鍼灸施術で無事ご出産!】

    【予定日超過の妊婦さんがお灸で無事ご出産!】9日に出産予定日から三日過ぎている妊婦さんが来院されました。体重はやや超過していますが、二人目出産のお元気な妊婦さんでした。お一人目の時は破水してからも微弱陣痛だったため、陣痛促進剤を使ったようでした。かわいい2歳の娘さんと一緒に来られました。 …

    投稿日:2018/12/30

    妊娠中の冷えは食事の見直しで!

    妊娠中は鍼灸施術は、通常時より大幅に制限がかかります。 普通の冷え症ならお腹や腰、背中にお灸をしますが妊娠中はそうはいきません。うつ伏せになれないため背中のお灸も難しくなります。 そんな時は食事を変えて、体の中から温めましょう。妊娠中は赤ちゃんに血液を送るため、母体の血は不足しや…

    投稿日:2018/12/08

    産後の食べ物

    出産後、食べて良い物、食べると悪い物とよく言われていますが、これは、母乳に影響を与えるために言われている食べ物です。では、出産後の身体には何がいいのでしょうか? 中医学には、この時期に食べると良いと言われている物があります。 身体には『精』と言われるエネルギーがあります。(『精も…

    投稿日:2018/12/04

    妊娠中は冷え対策でママも赤ちゃんも過ごしやすく!!

    こんにちは。だんだん季節も秋めいてきて、寒くなってきましたね。妊婦さんに限らず、女性は「冷え」に対して敏感だと思います。男性に比べて、筋肉量が少ないのでどうしても冷えを感じやすいのです。東洋医学でも男性=陽、女性=陰とされ、冷えの影響を受けやすいとされています。運動して、筋肉をつけて、代謝をあげる!…

    投稿日:2018/11/16

    産後ママの尿もれのお悩みを解消

    妊娠初期のつわり妊娠後期の腰痛、股関節痛、足のむくみはマタニティー骨盤整体で治しましょう。安産祈願、子宝祈願で有名な中山寺近くの治療院。三田市、伊丹市、川西市、池田市からもJR宝塚線中山寺駅から近いので赤ちゃん連れの産後ママさんでも通いやすいですよ。 こんにちは~!「すくすく子育てアドバイ…

    投稿日:2018/11/07

    妊娠中の息切れ・動悸

    季節の変わり目、いかがお過ごしですか?気温が上がったり下がったりで、体調も気を付けなければいけない季節ですね。今日は、妊娠中の動悸・息切れについてお話させていただきます。◆妊娠初期・中期この時期は、赤ちゃんにお母さんの血液を大量に送らなければなりません。お母さんの血液量が増えるのですが増える量に対し…

    投稿日:2018/11/02

    お灸って熱くないの?

    カウンセリングでよく質問されるのが「お灸って熱くないんですか…?」です。とっても分かります、そのお気持ち!! 天使のたまごでは筒灸、カマヤミニ、太陽というお灸をメインに使用しております!  こちらがカマヤミニ。その名の通りミニサイズですが効果は抜群です♡&…

    全92件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師