鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後の肩こりの鍼灸・針治療法、
症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の肩こり

    妊娠中・産後の女性を悩ます問題のひとつに肩こりがあります。ホルモンによる体調の変化やストレスなどが原因です。よくある症状なので特に治療は必要ありませんが、こりや痛みが激しい場合は体に優しい鍼灸治療が効果的です。

     

    【肩こりの症状】

    妊娠中・産後に肩こりを感じる女性は少なくありません。腰痛とならんで最も症状が多く、肩周辺の筋肉がこわばったり、張ったり、痛みを感じるようになります。頭痛・めまい・おう吐感を覚えたり、肩以外にも背中・腰が痛い場合は症状が重くなっている状態です。内臓に異常がある場合もあるので、念のため専門医による診察を受けてください。

     

    【肩こりの原因】

    妊娠中・産後の肩こりは、主にふたつの理由が考えられます。

    ひとつは「姿勢の変化」です。おなかに赤ちゃんがいると重心の変化がうまれ、自然と背筋が反ったような体勢になります。このとき肩や背中などの筋肉に負担がかかるため、肩こりになることが多いのです。妊娠後期になるとさらに姿勢が変化するので、場合によっては症状が重くなることもあります。

    もうひとつは「ストレス」です。マタニティブルーという言葉があるように、赤ちゃんができてうれしいはずなのに、不安になったり、悲しくなったり、眠れなくなったり、心が不安定になりがちです。これは妊娠によるホルモンの変化が原因です。ストレスがたまると筋肉が緊張してしまい、肩こりの症状が出るようになります。

     

    【肩こりの治療法】

    西洋医学において、肩こりは特に治療薬がありません。軽度の肩こりならば特に治療をする必要がないのですが、ひどくなる前に症状を改善しておきたいものです。頭痛をともなう場合は痛み止めが有効ですが、おなかの赤ちゃんに影響がまったくないとは言い切れません。肩こりがつらい場合は、母胎にも赤ちゃんにも優しい鍼灸治療がおすすめです。

    肩こりに期待できるツボは「曲垣(きょくえん)」、「肩井(けんせい)」、「天柱(てんちゅう)」などがあります。

     

    曲垣・・・

    肩甲骨の内側上部にあるツボ

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    【肩こりに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では血(けつ)の停滞によってこりが生じると考えられています。ツボを鍼や灸、ツボマッサージなどで刺激して、流れを整えましょう。肩全体にこわばりを感じる時は「曲垣」、肩周辺の痛みを和らげる「肩井」、頭痛をともなう重い肩こりに効果がある「天柱」などを優しく刺激してください。

    ただし、安定期に入っていない人は肩井を押すのはなるべく控えましょう。肩井は出産を促す効果があると言われており、早期に刺激すると早産する可能性があるためです。産後ならば特に問題はありません。

    妊娠中・産後の肩こりのコラム一覧

    84

    全84件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/11/06

    産後の肩こりのケア

    産後の肩こりのケア 前回は産後の肩こりの原因についてご紹介しました。今回はそのケアと対処方法をご紹介します。 ①ストレス発散産後のママは非常に強いストレスに晒されている方が多いです。ですので、少しでも自分の時間やリラックスできる時間を作りましょう。湯船にゆっくりつかったり、読書や…

    投稿日:2018/11/05

    産後の肩こりの原因

     産後の肩こり   当院には産後に肩こりに悩まされる方が非常に多く来院されます。 強い痛みは無くても辛いものです。 そこで今回は産後の肩こりの原因についてご紹介します。   ①赤ちゃんを抱っこする こ…

    投稿日:2018/10/23

    妊婦さんも大丈夫ですよ。

    こんにちは。鍼灸師の濱田です。 お顔の悩みや不調は、女性に多いですよね。特に妊婦さんは、薬など制限が多いので美容でもお身体でも困ることが多いと思います。 LIFTAL【リフタル】で特に多い質問が、「妊娠中でも美容鍼を受けてもいいのですか?」というお悩み。 答えは、美容鍼…

    投稿日:2018/10/23

    かなりの激痛なんですね「乳腺炎」

     いつもお読みいただきありがとうございます!今回はこちらの症例をシェアします。乳腺炎で発熱、おっぱいの異常な腫れによる痛みを訴えるママさん。産後の疲れが残ったまま、夏にも体調が戻らず胃腸も疲れきっていたところに、「辛い物」「油もの」を過食されてしまったそうです。乳腺炎の原因には様々あります…

    投稿日:2018/10/22

    私も妊娠しているから分かる肩こり!

    私も妊娠しているから分かる肩こり!寒くなってきて余計に肩こり感じていませんか?妊婦になると体型が変わり胸やお腹が大きくなるので肩などにも負担がかかります。肩を温めたり、肩のストレッチをして家でセルフケアしましょう!それでもしんどかったら治療院を頼ってください。気になる方・お困りの方お気軽にご相談くだ…

    投稿日:2018/10/20

    赤ちゃんゆったり!

    こんにちは!琴似中央接骨院です! いきなりですが…妊娠中のお母さん!!!子宮にいる大切な赤ちゃんがのびのび過ごせているかな?と考えたことはありますか?? ・便秘・むくみ・冷え・腰痛・お腹が尖っている・腰痛・恥骨痛・切迫ぎみこんな症状ありませんか?1つでも当てはまる方…

    投稿日:2018/10/11

    産後の風邪に鍼灸

    季節の変わり目です風邪を引きやすい時期に、鍼灸はおススメです。 特に、授乳期のママにとって風邪を引くと薬にも気を遣いますし、体力も消耗します。 そのような時、鍼灸を受けてみてください。 肩こりや腰痛だけでなく、日々の疲れからくる抵抗力に対しても、きっと役に立つでしょう。

    投稿日:2018/10/06

    授乳中の背中の痛み

    生後三か月の赤ちゃんのママさんが治療に来られました。授乳中に背中が痛くてしょうがないとの事。ママから離れると赤ちゃんが泣くので、少しの間でも預けられず、日中ずっと赤ちゃんと二人きりでものすごくストレスを感じておられます。このようなママさん、多いのではないでしょうか? 体表観察して背中の一番…

    投稿日:2018/09/29

    無理をしすぎているお母さんへ

    産後間もない新生児、乳児のお子さんをもつ保護者の方。 その日々の生活は労働です。 子どもがいなかった時と比べるとその負担は何十倍にもなっているでしょう。 そのような方が、首や肩、腰がパンパンになるのは当然です。 本来、睡眠で休ませるべき時間にやらなければいけな…

    投稿日:2018/09/21

    育児は立派な労働です。

    産後間もない新生児、乳児のお子さんをもつ保護者の方。 その日々の生活は労働です。 子どもがいなかった時と比べるとその負担は何十倍にもなっているでしょう。 そのような方が、首や肩、腰がパンパンになるのは当然です。 本来、睡眠で休ませるべき時間にやらなければいけな…

    全84件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師