鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後の肩こりの鍼灸・針治療法、
症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の肩こり

    妊娠中・産後の女性を悩ます問題のひとつに肩こりがあります。ホルモンによる体調の変化やストレスなどが原因です。よくある症状なので特に治療は必要ありませんが、こりや痛みが激しい場合は体に優しい鍼灸治療が効果的です。

     

    【肩こりの症状】

    妊娠中・産後に肩こりを感じる女性は少なくありません。腰痛とならんで最も症状が多く、肩周辺の筋肉がこわばったり、張ったり、痛みを感じるようになります。頭痛・めまい・おう吐感を覚えたり、肩以外にも背中・腰が痛い場合は症状が重くなっている状態です。内臓に異常がある場合もあるので、念のため専門医による診察を受けてください。

     

    【肩こりの原因】

    妊娠中・産後の肩こりは、主にふたつの理由が考えられます。

    ひとつは「姿勢の変化」です。おなかに赤ちゃんがいると重心の変化がうまれ、自然と背筋が反ったような体勢になります。このとき肩や背中などの筋肉に負担がかかるため、肩こりになることが多いのです。妊娠後期になるとさらに姿勢が変化するので、場合によっては症状が重くなることもあります。

    もうひとつは「ストレス」です。マタニティブルーという言葉があるように、赤ちゃんができてうれしいはずなのに、不安になったり、悲しくなったり、眠れなくなったり、心が不安定になりがちです。これは妊娠によるホルモンの変化が原因です。ストレスがたまると筋肉が緊張してしまい、肩こりの症状が出るようになります。

     

    【肩こりの治療法】

    西洋医学において、肩こりは特に治療薬がありません。軽度の肩こりならば特に治療をする必要がないのですが、ひどくなる前に症状を改善しておきたいものです。頭痛をともなう場合は痛み止めが有効ですが、おなかの赤ちゃんに影響がまったくないとは言い切れません。肩こりがつらい場合は、母胎にも赤ちゃんにも優しい鍼灸治療がおすすめです。

    肩こりに期待できるツボは「曲垣(きょくえん)」、「肩井(けんせい)」、「天柱(てんちゅう)」などがあります。

     

    曲垣・・・

    肩甲骨の内側上部にあるツボ

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    【肩こりに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では血(けつ)の停滞によってこりが生じると考えられています。ツボを鍼や灸、ツボマッサージなどで刺激して、流れを整えましょう。肩全体にこわばりを感じる時は「曲垣」、肩周辺の痛みを和らげる「肩井」、頭痛をともなう重い肩こりに効果がある「天柱」などを優しく刺激してください。

    ただし、安定期に入っていない人は肩井を押すのはなるべく控えましょう。肩井は出産を促す効果があると言われており、早期に刺激すると早産する可能性があるためです。産後ならば特に問題はありません。

    妊娠中・産後の肩こりのコラム一覧

    34

    全34件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/16

    マタニティヨガでリラックスしましょう(●^o^●)

    マタニティヨガは「陣痛は赤ちゃんを送り出すための心強い味方(^O^)」と考える東洋思想が基本です😄自分の体のゆるみ=リラックスを知っておくことで、お産の時に上手に体の力を抜くことができるようになります。お産に向けた心と体の準備ができるほか、腰痛・肩こりなどの不快症状を予防する効果もあります👍&nbs…

    投稿日:2017/11/13

    乳腺炎の症例

    こんにちは新ノ口駅徒歩5分で鍼灸接骨院をやっているぐっさんです。😃今日は乳腺炎の例外の症例を書きたいと思います。患者の年齢は20代女性です。生後6カ月の赤ちゃんを持たれている女性です。朝から胸がはって痛いと当院に来院されました。本人の希望で漢方でしたいということでしたので、漢方のみでする事にしました…

    投稿日:2017/10/26

    産後の疲れがたまっていませんか(*_*❓

     体の中心を支えている背骨にゆがみが生じると、肩甲骨や肩のまわりの筋肉には普段よりも数倍の負荷がかかるといわれています。   左右の肩甲骨の間には、交感神経という自律神経が通っており、過度なストレス、慢性疲労、睡眠不足、食べ過ぎや飲み過ぎなど、生活リズムの乱れ…

    投稿日:2017/10/18

    産後、肩が背中が痛くないですか?乳腺炎の前兆かも!

    産後はつねに赤ちゃんを抱っこ。抱きながら家事をしたり、眠ってしまったり。食事やストレス、睡眠不足など、さまざまな要素が重なって、血液の状態がよと東洋医学でいう「おけつ」というものを持つようになります。母乳は血液と同じなので、血やおっぱいがうっ滞したような状態になってしまい、乳腺炎になってしまいます&…

    投稿日:2017/10/03

    乳腺炎の症例

    こんにちは〜橿原市新ノ口駅徒歩5分で鍼灸接骨院と漢方薬店をしているぐっさんです。 今日は、乳腺炎の症例を書きたいと思います。 患者の年齢は20代女性で、生後5カ月の赤ちゃんがいらっしゃいます。 前日の夕方から胸が痛くなり、しこりができて寝れなかったとの事でした。その他の…

    投稿日:2017/09/07

    授乳中の姿勢は肩こりになりやすい!?

     授乳をしていて肩こりが出てきたりしませんか? 授乳中の肩こりは授乳中に・下を向き続ける。・授乳クッションを使わずに抱っこしながら授乳する。 このような姿勢を続けることで授乳中に肩こりが起きてきてしまいます。 授乳中肩こりに悩まされない為にもこちらのストレッチ…

    投稿日:2017/08/18

    母乳の出に鍼灸が効果的です

    産後すぐに、みなさんが結構お悩みになるのが母乳のことですよね。足りているのかな?と心配になって赤ちゃんの体重を測ってみたり、うまく飲んでくれなくて、おっぱいが岩のようにかちかちになってしまったり。そんな時に思いつくのが助産師さんによるおっぱいマッサージだと思いますが、実は鍼灸も効果があるんです。治療…

    投稿日:2017/08/12

    妊娠中でも鍼治療は可能です!

    こんにちは森野です。更新が少し空いてしまい申しわけございません!お盆でも診療は受け付けておりますので、連絡お待ちしております。(13日は墓参りのためお休みしてます。) 以前患者様で妊娠中に首を痛めてしまい治療にきたかたがいらっしゃいました。妊娠中は貧血になりやすかったりうつ伏せになれなかっ…

    投稿日:2017/07/01

    長風呂は体によくありません(*´Д`)

    先日、産後2ヶ月で肩甲骨の間に痛みがあり、痛くて抱っこすることができないという患者さまが来院されました。  見ているだけで辛そうで💦家事や育児を十分できない…ということで精神的にもまいっている状態でした😢詳しく問診していくと…いろいろとお話を聞かせてい…

    投稿日:2017/06/28

    産後に多い『腱鞘炎』👐((+_+))💦

     出産後、特にお一人目のお子さんのときに多いのが腱鞘炎…(;´・ω・)   慣れない抱っこの上に、首が座っていないうちはどうしても肩や腕、特に手に力が入ってしまいます💦 毎日の抱っこで、しだいに肩、腕、手の筋肉に…

    全34件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師