鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

妊娠中・産後の腰痛の鍼灸・針治療法、
症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 妊娠中・産後の腰痛

    妊娠中・産後の女性を悩ませる問題のひとつに腰痛があります。赤ちゃんができることによる重心の移動や、ホルモンによる体による変化によって腰に痛みを覚える人が少なくありません。

     

    【腰痛の症状】

    妊娠中・産後の腰痛は、一般的な腰痛や生理前にありがちな腰痛とは少し痛みが異なります。痛みは人によってさまざまで、骨盤の周囲に強い痛みを感じる人もいれば、腰全体にじんわりとした痛みを感じることがあります。妊娠超初期にも起こるため、腰痛のほかに胸の張りや頭痛、軽い吐き気などの症状があれば妊娠による腰痛が疑われます。

     

    【腰痛の原因】

    妊娠中・産後の腰痛は、「重心の移動」と「ホルモンの変化」が原因と考えられています。

    妊娠しておなかが大きくなるにつれて、バランスを保つために自然と背中や腰を反らせたような姿勢になります。すると自然に腰まわりの負担が大きくなってしまい、ダメージが蓄積した結果、腰痛として現れるのです。妊娠前に腰痛の経験がある人は、妊娠がきっかけで再発する可能性があります。

    もうひとつの原因であるホルモンの変化とは、妊娠中に分泌される「リラキシン」をきっかけとするものです。赤ちゃんは狭い骨盤を経て生まれるため、スムーズに生まれてくるように、体はリラキシンを分泌して靱帯を緩めるようになります。靱帯が緩むと腰周辺の関節が不安定になり、結果として腰痛が起こりやすくなるのです。

     

    【腰痛の治療法】

    妊娠中や産後に腰痛が起こるのは珍しくありません。積極的な治療をする必要はありませんが、痛みがひどい場合は母胎やおなかにいる赤ちゃんに優しい鍼灸治療が有効です。

    腰痛に期待できるツボには「委中(いちゅう)」、「腎愈(じんゆ)」、「関元(かんげん)」などがあります。

     

    委中・・・

    ひざを曲げたときにひざの裏側にできるシワの中央部分にあるツボ

     

    腎愈・・・

    肋骨の一番下の先端と同じ高さで、背骨をはさんだ背骨の両側のツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

    【腰痛に期待できる鍼灸治療の効果】

    通常は痛み止めなどで苦痛を和らげるのが一般的ですが、副作用として母胎や赤ちゃんに影響が出る可能性があります。リスクを減らすためにも妊娠中・産後の腰痛には、体に優しい鍼灸治療が有効です。腰痛の痛みを取る「委中」、腰のこりと痛みを和らげる「腎愈」、くずれて姿勢を戻す「関元」などを指圧しましょう。鍼や灸による治療も効果的です。

    重度の腰痛や、慢性的に続く場合は内臓に異常がある可能性があります。念のため専門医による診断を受けてください。

    妊娠中・産後の腰痛のコラム一覧

    76

    全76件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/18

    妊娠すると変化する姿勢や皮膚の大きな変化(;・∀・)

    妊娠中は、お腹やおっぱい、お尻などに脂肪がつき、また、妊娠後期頃から子宮が大きくなり、骨盤が傾くことで、腰椎も前へのカーブが大きくなり、それに伴って胸椎は後ろへのカーブが大きくなります。もともと前に傾いていた頸椎は、後ろへの力が働いて直立した状態になり、お腹が前にせり出してきます(˘ω˘…

    投稿日:2017/11/13

    妊婦さんの鍼灸治療

    先週末は妊娠後期の患者さんが来院されました。 もちろん刺さない鍼で対応しました。 出産予定日を迎える最後の1ヶ月はさまざまな症状で悩まれますよね。腰痛、恥骨痛、股関節痛、眠りが浅い、足のこむら返り、お腹が重くて苦しい・・・など。 あと少しで我が子に会える喜びと出産に対す…

    投稿日:2017/11/06

    鍼による和痛分娩体験記

    9月に出産を終えて復職しました水天宮前のelliy鍼灸治療の小林です。出産から2か月のスピード復帰で、周囲に驚かれていますが、自身の出産で身をもって体験しました鍼による和通分娩の話をしたいと思います。鍼麻酔という言葉を聞いたことはありますか?鍼の効果のひとつに鎮痛作用があります。メカニズムは脳などの…

    投稿日:2017/11/04

    妊婦さんに対する施術

    当院では、妊婦さんの治療も積極的に行っております。症状に合わせて施術を選択し、お体の負担を考慮し行いますので、お気軽にご相談ください。現在もたくさんの妊婦さんにご通院いただいております。症状も、腰痛・倦怠感・脚のムクミ・美容鍼・安産灸・逆子のお灸・手の腱鞘炎・股関節痛など様々です。ベビーカーでのご来…

    投稿日:2017/11/01

    実際の当院での治療 20代女性 妊婦さんの治療

    こんにちは森野です。今日は実際に当院で行っている往診での治療を紹介して行きます。今回は、20代の妊娠8か月の患者様の治療のお話です。妊娠が終盤に入って腰痛や臀部の痛み(特に左)が強くなり継続的に治療をしてます。基本的に妊婦さんなのでうつぶせうつぶせのせの施術はせず、両側横向き、仰向け、座位での施術を…

    投稿日:2017/10/27

    妊娠 腰痛

    妊娠中の腰痛にも対応できます。お腹にお子様がいらっしゃる状態でのうつ伏せによるマッサージ・鍼。整体はふあんですよね。また横向きでマッサージをしたとしてもほとんど改善にはむかいません。妊娠し臨月までの間、恥骨結合が開き骨盤は大きく傾きます。その為人によってはその変化に体が着いていかず脳が誤作動を起こし…

    投稿日:2017/10/23

    妊娠中にうつぶせになれる枕

    妊娠によってお腹が大きくなって嬉しくなる反面、うつ伏せが制限されてしまいます。当院では妊娠中でも無理なくうつぶせになれる特殊な構造の枕をご用意しております。この枕を用意する以前は側臥位(横向き)で治療をしていましたが、普段制限されている動作がとれるストレスの解放感、これは気持ちの面だけではなく腎臓な…

    投稿日:2017/10/21

    立ち上がり時に腰が…

    妊婦さんでも受けれる骨盤整体はつわりや腰痛、股関節の痛み、坐骨神経痛にはマタニティー整体が効果的です!安産祈願、子宝祈願で有名な中山寺近くの治療院三田市、伊丹市、川西市、池田市からもJR宝塚線中山寺駅から近いので通いやすいですよ(⌒∇⌒) こんにちは!健康アドバイザーの宝塚ハリ…

    投稿日:2017/10/17

    【妊娠中の腰痛・頭痛に悩んでいるあなたへ】

     妊婦さんは、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、体重の増加、バランスの不均衡、お腹が前下方に引っ張られることで腰椎や胸椎周辺の負担が増し、肩こりや腰痛、膝の痛みなど様々な身体の不調が現れ、悩んでいる方は少なくないと思います。妊娠中のため薬を使用することは出来ませんので、赤ちゃんのために辛い…

    投稿日:2017/10/17

    “坐月子”

    中国では昔から産後一か月は、外出や家事をしない、授乳以外は赤ちゃんの世話をしない、冷たいものを食べない、飲まない、母乳が出るためスープをたくさん飲む、風に当たらない等々習慣があり、これは“坐月子”と言います。産後の体調管理が生涯の健康のも影響するので、日本でもこれぐらいにして…

    全76件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師