鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:なぜ、鍼灸で逆子が
なおるのか

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 逆子

    妊娠初期は赤ちゃんがおなかの中をくるくると回っているので、姿勢は安定しません。だいたい妊娠30週(8か月)前後になると、妊娠検診で赤子の姿勢が分かります。

    通常、おなかの中のあかちゃんは頭位といって頭を下にした状態なのですが、頭が上になった状態(骨盤位という)になることがあります。これが「逆子」です。

     

    【逆子の症状】

    逆子にはさまざまな状態があります。全体の6割を占めるのが「単殿位」という姿勢で、お尻が下にあり、両足を上に上げた状態です。次に多いのが複殿位と膝位で全体の3割、残り1割は足位と横位という状態になります。

     

    ・単殿位(お尻が下にあり、両足を上に上げている状態)

    ・複殿位(赤ちゃんの両足のひざが曲がり、お尻と足先が下にある状態)

    ・膝位(ひざが曲がり、両ひざが一番下にある状態)

    ・足位(足をのばして立っているように、足先が子宮口を向いている状態)

    ・横位(体が横向きになった状態)

     

    【逆子の原因】

    逆子の原因は母胎側と胎児側の大きく2つに分かれます。母胎側に理由がある場合は、生まれつきの子宮の形や胎盤・へその緒の位置に原因がある場合や、羊水の過多・過小に理由がある場合、子宮筋腫・卵巣嚢腫といった腫瘍が頭位を妨げる場合が挙げられます。胎盤が子宮口をふさぐようについてしまう「前置胎盤」や「低置胎盤」といったケースでも逆子になることがあります。

     

    胎児側に原因がある場合は、子宮内胎児発育遅延といって赤ちゃんに発育の遅れが見られるときは逆子になりやすいといわれています。また、双子や3つ子など多胎妊娠は子宮のスペースが限られることから、逆子になりやすいようです。

     

    【逆子の治療法】

    妊娠30週前後では15~20%の赤ちゃんが逆子ですが、出産までに逆子が直らないのは5%ほどになります。鍼灸治療は逆子を直す方法のひとつで、逆子に効果のあるツボには「三陰交(さんいんこう)」、「至陰(しいん)」があります。

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    至陰・・・

    足の小指、爪の根元部分から外側にあるツボ

     

    【逆子に期待できる鍼灸治療の効果】

    三陰交は「女三里」と呼ばれるように女性のさまざまな疾患に効果を発揮するツボです。胸部と下腹部のバランスを取り戻す効果があり、逆子の治療にも向いています。至陰も体の上下のバランスを整える効果があるので、逆子を直すときによく刺激されるツボです。

     

    三陰交と至陰を刺激すれば赤ちゃんが活発に動きますが、赤ちゃんを回転させる効果があるわけではありません。母親の状態がよくなることで、赤ちゃんがその変化を感じて動き出すのです。

    逆子のコラム一覧

    121

    全121件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/09

    逆子に使うツボ

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 逆子に対してお灸をして逆子を治すという治療法もあります。その時に主に使うツボを紹介していきたいと思います。 ・至陰足の小指、爪の右下側にあるツボになります。逆子治療の中心になるツボです。&nbs…

    投稿日:2017/11/06

    安心安全の安産灸の基礎講座修了しました☆

    鍼灸師の山口です! 昨日、半年かけていった安心安全の安産灸の基礎講座修了いたしました!  5000人以上の妊婦さまを見て、400人近くの出産に立ち会った戸部先生。「安心」「安全」へのこだわりが、非常に勉強になりました!! 妊娠したから、ハイ終わり!じゃなくて、…

    投稿日:2017/11/01

    自律神経と逆子

    こんにちは!東葉高速線村上駅から徒歩10秒!セドナ整骨院・鍼灸院の金子です。  今日は自律神経と逆子について!  本来胎児はお腹の中で頭が下を向いているのが正常です。  それが頭が上を向いてしまい、お尻や足が下に来ている状態を逆子といいます…

    投稿日:2017/10/24

    逆子・産みの苦しみを軽減

    こんにちは、鍼灸師の清水です。今日は出産のお話しをしようと思います。赤ちゃんを妊娠して嬉しい反面、ちゃんと出産できるか不安な方も多いと思います。「痛いのかな?」「長くかかったらどうしよう?」など不安ですよね。今日は、妊娠中からできる安産のお灸のご紹介です。注意:自宅でのお灸は妊娠16~19週目以降に…

    投稿日:2017/10/20

    逆子を主訴でご来院の30代女性、ご卒業。

    当院公式ブログを更新しました。 逆子(骨盤位)を主訴でご来院された方の記事を掲載しました。※クリックするとリンクへ移動します。 〜旭川近郊ではり・きゅうを受けるなら、きむら鍼灸院へご相談下さい。〜  

    投稿日:2017/10/13

    逆子ちゃんが治りました!

    逆子ちゃんが治りました♪現在30週目のプレママさん、28週目くらいから逆子ちゃんとわかり、以来産婦人科さんとよこいハリニックで逆子のお灸治療をしていました。ご自宅でも午前と午後の一日2回ずつ毎日お灸をしていただき逆子体操も頑張っていらっしゃいました。そして先日、当院で2回目の逆子治療をした次の日の検…

    投稿日:2017/10/09

    安心・安全な逆子(さかご)治療をしています

    「帝王切開はしたくないし、出産までこのままだったらどうしよう…」お母さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても、逆子(さかご)の状態は不安なものですよね。逆子になってしまう原因は様々な理由があります。例えば、お母さんの子宮の形が少し特殊だったり、子宮内の羊水の量が多すぎたり少なすぎたりする…

    投稿日:2017/10/08

    逆子の原因

    こんにちわ!ご覧いただきありがとうございます!Sakuraです。 今日は逆子についてです。 西洋医学的に診る逆子の原因…子宮口付近に胎盤がある前置胎盤のため子宮筋腫により子宮が狭いためへその緒が赤ちゃんに絡まっているためなどといわれていますが、まだはっきりとは理由が…

    投稿日:2017/10/02

    【妊婦・逆子】寒くなると増えてくる?逆子ちゃん!【銀のすず】

    こんにちは銀のすずの金山です^^ 10月に入りました。朝晩は涼しくなり、少しずつ秋を感じられるようになってきていますね。今年は冬から春を素通りして一気に夏がやってきたような気候でしたが、秋はどうなるでしょうか。季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。特にこれから寒くなってくるので、風邪に…

    投稿日:2017/09/28

    ある逆子の症例

    一般に逆子は鍼灸が得意とするものの1つで、病院でも医師によっては逆子の妊婦に対して鍼灸治療を勧める人もいる。一番有名なのは至陰(しいん)穴へのお灸で、別名「逆子の灸」とも呼ばれる。実は至陰へのお灸でなぜ逆子が治るのかについてはよくわかっておらず、あくまで昔からの経験則によるものだが、効果は高い。&n…

    全121件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師