鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:なぜ、鍼灸で逆子が
なおるのか

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • 逆子

    妊娠初期は赤ちゃんがおなかの中をくるくると回っているので、姿勢は安定しません。だいたい妊娠30週(8か月)前後になると、妊娠検診で赤子の姿勢が分かります。

    通常、おなかの中のあかちゃんは頭位といって頭を下にした状態なのですが、頭が上になった状態(骨盤位という)になることがあります。これが「逆子」です。

     

    【逆子の症状】

    逆子にはさまざまな状態があります。全体の6割を占めるのが「単殿位」という姿勢で、お尻が下にあり、両足を上に上げた状態です。次に多いのが複殿位と膝位で全体の3割、残り1割は足位と横位という状態になります。

     

    ・単殿位(お尻が下にあり、両足を上に上げている状態)

    ・複殿位(赤ちゃんの両足のひざが曲がり、お尻と足先が下にある状態)

    ・膝位(ひざが曲がり、両ひざが一番下にある状態)

    ・足位(足をのばして立っているように、足先が子宮口を向いている状態)

    ・横位(体が横向きになった状態)

     

    【逆子の原因】

    逆子の原因は母胎側と胎児側の大きく2つに分かれます。母胎側に理由がある場合は、生まれつきの子宮の形や胎盤・へその緒の位置に原因がある場合や、羊水の過多・過小に理由がある場合、子宮筋腫・卵巣嚢腫といった腫瘍が頭位を妨げる場合が挙げられます。胎盤が子宮口をふさぐようについてしまう「前置胎盤」や「低置胎盤」といったケースでも逆子になることがあります。

     

    胎児側に原因がある場合は、子宮内胎児発育遅延といって赤ちゃんに発育の遅れが見られるときは逆子になりやすいといわれています。また、双子や3つ子など多胎妊娠は子宮のスペースが限られることから、逆子になりやすいようです。

     

    【逆子の治療法】

    妊娠30週前後では15~20%の赤ちゃんが逆子ですが、出産までに逆子が直らないのは5%ほどになります。鍼灸治療は逆子を直す方法のひとつで、逆子に効果のあるツボには「三陰交(さんいんこう)」、「至陰(しいん)」があります。

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    至陰・・・

    足の小指、爪の根元部分から外側にあるツボ

     

    【逆子に期待できる鍼灸治療の効果】

    三陰交は「女三里」と呼ばれるように女性のさまざまな疾患に効果を発揮するツボです。胸部と下腹部のバランスを取り戻す効果があり、逆子の治療にも向いています。至陰も体の上下のバランスを整える効果があるので、逆子を直すときによく刺激されるツボです。

     

    三陰交と至陰を刺激すれば赤ちゃんが活発に動きますが、赤ちゃんを回転させる効果があるわけではありません。母親の状態がよくなることで、赤ちゃんがその変化を感じて動き出すのです。

    逆子のコラム一覧

    253

    全253件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/01/17

    逆子のお灸。

    お灸で逆子が戻ると言うと驚かれることも多いですが、実は昔から行われています。成功率も結構高いです。そしてつわりや安産、産後の体調管理にも鍼灸はお役に立つものなのです。そのためにはやはりご自分で毎日続けることも必要になってきます。当院ではご自宅でも自分でできるお灸のやり方をお教え致します。ーーーーーー…

    投稿日:2019/01/15

    逆子にはお灸が効果的です

    こんにちはせんがわ名倉堂整骨院です。本日は逆子の鍼灸治療についてお話します。皆さんは逆子に鍼灸は効くの?と思われると思います。実はお灸であるツボを治療していくと逆子が治ります!!実際に芸能人でもお灸治療で逆子が改善したとブログなどで書かれてもいます。そのツボとは、至陰といいます。場所は足の小指で爪の…

    投稿日:2019/01/09

    逆子はなぜ治す必要があるの?

    こんにちは!大島はり灸院の吉居です。 当院では逆子の治療を多く診させて頂いています。 その中でも、胎児が骨盤位(いわゆる逆子)の状態であることが多いのですが、 そこでタイトルです。なぜ逆子は治すものなのでしょうか? 結論から言うと、分娩時に胎児への負担が大きく…

    投稿日:2019/01/08

    逆子改善しました!

    こんにちは!逆子マタニティケア美容鍼のはやし鍼灸治療院の大西です!皆様、あけましておめでとうございます!!本年もはやし鍼灸治療院をよろしくお願い致します。 さて、新年早々に嬉しいニュースが飛び込んできました!33週の逆子が改善しました!!いやーー、ほんとに良かったです!嬉しい限りです!!当…

    投稿日:2018/12/23

    逆子になる原因

    逆子は妊娠中のトラブルで不安になるマイナートラブルのひとつですよね。本日いは逆子になる原因を西洋医学と東洋医学の視点からお話いたします。 逆子の原因西洋医学視点逆子になる原因として、詳しくは原因不明といわれております。その中で逆子になりやすい状態がございますのでそちらを挙げさせていただきま…

    投稿日:2018/12/21

    【喜びの声】逆子がなおりました!!

    こんにちは!大島はり灸院の志水です。 先日、「逆子がなおりました!!」と嬉しいメッセージを頂きましたのでご紹介させて頂きます。https://ameblo.jp/oojima-harikyu/entry-12427154797.html嬉しいメッセージに本当に感謝です。これからも皆様の安心…

    投稿日:2018/12/18

    逆子は早めの治療が効果的

    逆子になり、医師から様子をみましょう。と言われた方もいらっしゃると思います。逆子は、赤ちゃんが大きくなると動けなくなるので、早めに針灸マッサージ治療をされた方がいいです。お母さんもお疲れの場合もあるので、スッキリします。全身の流れを良くして、三陰交、至陰にお灸をすると、定位置にもどってくれるケースが…

    投稿日:2018/12/14

    【喜びの声】おかげさまで逆子が直りました!

    こんにちは!大島はり灸院の志水です。 先日、「おかげさまで逆子が直りました!」と嬉しいメッセージを頂きましたのでご紹介させて頂きます。 https://ameblo.jp/oojima-harikyu/entry-12425804153.html嬉しいメッセージに本当に感謝です。…

    投稿日:2018/12/08

    妊娠中のお悩み ~逆子と鍼灸と安産~

    本日は逆子について(逆子の原因・対処法・ツボ・オススメセルフケア商品・天使のたまごでは何をしているの)お話させていただきます。逆子は鍼灸で治るとよく言われています。(治るという表現がいかがなものかと…) 28週ごろの検診から逆子ですね〜と超音波エコーでいわれることが多いのです…

    投稿日:2018/12/07

    喜びの声「気持ち面で前向きになれるようにサポートしてくれる」

    こんにちは。大島はり灸院の志水です。 12月ですが今年は暖冬で日中は温かいことがありますね。温かくても「インフルエンザや風邪」また「ぎっくり腰」等が流行する時期ですのでご注意くださいね。 先日、逆子治療で頑張られている方より嬉しいメッセージを頂いたのでご紹介させて頂きます。細かく…

    全253件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師