鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

つわりの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 妊娠中・産後のお悩み
  • つわり

    つわりは妊娠に伴う生理的な反応です。一般に妊娠4~6週目からはじまり、12~16週目には落ち着いてきます。その期間中は体にさまざまな不調があらわれますが、鍼灸治療はつわりの症状を和らげるのに効果的です。

     

    【つわりの症状】

    主な症状にはむかつき、吐き気、眠気、頭が重い、体がだるい、などがあります。症状の程度は人によってさまざまで、軽いむかつきを感じる程度ですむ人もいれば、つわりの期間中寝込んでしまったり、脱水や栄養障害、代謝障害をきたすほど重症になる人もいます。この症状は妊娠悪阻(おそ)といって妊婦の1~2%ぐらいで起きるといいます。

     

    つわりは食生活にも影響を与え、食欲不振になったり、逆にいつも何か口にしていないと落ち着かない「食べつわり」になる人もいます。また、食べ物の好みが変わるケースもあります。

     

    【つわりの原因】

    つわりは原因がはっきりと解明されていません。ただ、胎盤になるじゅう毛から分泌される「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG))」というホルモンが、おう吐中枢を刺激しているのではないかと考えられています。

     

    【つわりの治療法】

    つわりの症状である吐き気や食欲不振などを緩和するときは鍼灸治療が効果的です。つわりに効果のあるツボは「胃愈(いゆ)」、「中脘(ちゅうかん)」、「天柱(てんちゅう)」、「気舎(きしゃ)」、「天鼎(てんてい)」、「三陰交(さんいんこう)」などが挙げられます。

     

    胃愈・・・

    背骨の骨の第12胸椎の両側にあり、体の中心線から親指の幅1本分のところにあるツボ

     

    中脘・・・

    みぞおちとおへそを結んだ線の中間点にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    気舎・・・

    のどぼとけの真下、胸の骨のくぼみの外側にある小さなくぼみにあるツボ

     

    天鼎・・・

    のどぼとけの真下にある軟骨と同じ高さで、胸鎖乳突筋の後ろのへりにあるツボ

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    【つわりに期待できる鍼灸治療の効果】

    腹部にある胃愈や中脘は胃腸の機能を整えるので、吐き気や食欲不振を感じる人に効果的です。妊娠中なので腹部のツボはやさしく指圧してください。吐き気に関連するツボには天柱、気舎、天鼎もあります。首筋をよくもみほぐすことで妊娠初期のだるさや不快感を和らげてくれるでしょう。

     

    足にある三陰交は妊婦の大敵である「冷え」を防いでくれるツボです。足のツボをもみほぐすことで全身の調整につながります。

    つわりのコラム一覧

    55

    全55件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/08/13

    つわりを楽にする方☆

    こんにちは(^^♪采野です!!妊娠初期にほとんどの女性がつわりでしんどい思いをせれていますとね・・・(/_;)本日はつわりを楽にする10の方法をお伝えします(*^▽^*)①睡眠を十分にとる②水分補給をする③吐いた後は必ず歯を磨くか口をゆすぐ④こまめな食事⑤ガムや飴玉をなめる⑥ショウガを食べる⑦服装は…

    投稿日:2017/07/18

    【妊娠中のお悩み】つわりの針灸治療 【銀のすず】

    毎日暑い日が続いています。東京は35度を超えて、うだるような暑さです。当院にご来院中で5月、6月に妊娠された方たちが今まさに直面している『つわり』。程度の差はあれど、大多数の妊婦さんがつわり症状で悩まされています。私たちは11年間、多くのつわりの方を体験してきました。(1万人ぐらい)・においに敏感に…

    投稿日:2017/06/23

    悪阻(つわり)のケアに鍼灸を

      悪阻(つわり)でお悩みのかた。症状がひどく、入院するヒトもいるくらい!   悪阻とは妊娠初期から多くの妊婦さんに起こります。程度や持続期間は個人差も大きく、妊娠のたびに違うこともあります。早ければ妊娠4週ごろから始まり10~12週ごろにはおさまり…

    投稿日:2017/06/23

    注目されてきている妊婦に効果があるお灸

    最近は妊娠中にお灸をすえる人が増えてきています。お灸はつわりを軽減するほか、逆子治療、安産への近道と言われています。出産を出来るだけ軽く、安産にするために三陰交というツボがあります。むくみやダルさの症状を取れ体調が優れるようになります。生理痛や冷え、更年期障害の改善にも役立ちます。つわりが酷い時には…

    投稿日:2017/06/22

    つわりついての考察

    胎児を養う必要がある為に、母体の代謝・分解作用が高まる為肝臓・腎臓に負担がかかります。その為に不快感がつわりとなります。漢方のツボ療法としては、ツボの場所は一般的には、肝臓の充血は胃の不調となりますので「足の三里」、腎臓の疲れには大腸を活性化する「合谷」が適当です。しかし、妊娠というデリケートな時期…

    投稿日:2017/06/08

    【妊娠中のお悩み】妊娠初期の胎児への栄養【銀のすず】

    こんにちは。銀のすずの岩田です^^着床し、妊娠が発覚。安定期の16週目頃にかけて胎盤を形成し、母体から胎児へと栄養を送るようになっていきます。では、胎盤が完成するまでの間、胎児はどうやって栄養を摂っているのでしょうか?実は、卵黄嚢(らんおうのう)というものがあります。エンジェルリングとも呼ばれること…

    投稿日:2017/06/06

    つわりはいつから始まるの?

    つわりは早い人だといつから始まるのか、ご存知ですか?今回はつわりが始まる時期についてお話したいと思います。詳しくはこちらをご覧ください

    投稿日:2017/06/04

    妊娠してからのケア

    主に女性の鍼灸をしているため、冷え症に悩む女性に体質改善になるようにし、体の土台が出来てから、妊活のサポートをし、無事に妊娠してからは、つわりの不調にも鍼灸をしています。  産休まで仕事をする女性が増えましたから、妊娠してからの腰痛やむくみなどの不快な体調は立ち仕事やデスクワーク…

    投稿日:2017/06/02

    【つわり×鍼灸治療】悪阻(つわり)がヒドイ人とそうでない人の違いは!?

    こんにちは。 最近妊婦さんの患者さんから質問をされたのでご紹介します。つわりのひどい人ってなんでなるんですか? 当院で授かった方も出産に向けた体つくりで来院されたり、妊娠中のトラブルで来られたりしています。妊娠中のトラブルで多いのが悪阻や逆子治療、浮腫みです。 トラブル…

    投稿日:2017/06/01

    出産予定日前の鍼灸

    出産間近は、不安が募ったり、落ち着かない日々を過ごすことが多いですね。その時期に鍼灸を受けることは、安産にもつながりよい効果が期待できます。安定期を過ぎてからであれば鍼灸は受けられます。基準は、鍼灸院によって違いますのでお尋ねください。安産の灸としての、三陰交は、有名ですね。妊娠期に鍼灸を受けると、…

    全55件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師