鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

発達障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 発達障害

    発達障害とは子供が発達していく過程のどこかであらわれる障害のことをいいます。発達障害にはさまざまな種類があり、それぞれ症状が異なります。発達障害と診断される症状と、鍼灸治療が発達障害に貢献できることについて説明します。

    【発達障害の症状】

    一口に発達障害といっても自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害もあれば、ADHD(注意欠陥・多動障害)、学習障害、協調障害、てんかんなどもあります。それぞれの症状の特徴を簡単に説明します。

     

    (1)広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

    視線が合わない、ことばが出ない、人のまねをしない、ひとり遊びが好き、物の順序や行動、遊びなどに異常にこだわる、突然泣き出したり笑い出したりする。

     

    (2)ADHD:注意欠陥・多動障害

    注意力や集中力が続かない、極端にそわそわとして落ち着きがない、カッとなりやすい。

     

    (3)学習障害

    書く、話す、聞く、読む、計算するといった能力のうち、特定のものができない。

     

    (4)協調障害

    手や足を思うように動かせず、日常的な動作に支障が出てしまう。

     

    (5)てんかん

    脳の神経細胞が興奮するために起こす発作で、全身のけいれん、意識がなくなる欠伸発作、異常な行動を起こすなどの症状が見られる。

     

    【発達障害の原因】

    発達障害のなかで自閉症やアスペルガー症候群は遺伝子異常や染色体異常といった先天的(遺伝的)要因が強いとされ、学習障害は脳の機能異常のほか、目や耳の問題、環境的な要因など複数の原因が疑われます。

     

    このように発達障害の原因は症状によってさまざまですが、よくあげられるものに「遺伝」「発育環境(虐待、ネグレクトなど)」「社会との関係」「偶然の出来事や出会い(トラウマなど)」などがあります。

     

    【発達障害の治療法】

    発達障害の治療は「療育」というリハビリテーションが中心になります。療育以外の治療法には栄養療法や心理療法があり、鍼灸治療も効果的です。鍼灸の治療で用いられるツボには「百会(ひゃくえ)」、「前頂(ぜんちょう)」、「後頂(ごちょう)」などがあります。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    前頂・・・

    額の髪の生え際の真ん中から、親指の幅3本分半分後ろにあるツボ

     

    後頂・・・

    頭のてっぺんにある百会から親指の幅1本分後ろにあるツボ

     

    【発達障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    百会は指圧や鍼治療などによく用いられる応用範囲の広いツボです。このツボを刺激することでさまざまな病気を治療することができますが、発達障害の治療にも用いられることがあります。前頂と後頂は頭頂部の痛みやこわばり、寒け、めまい、不眠症などによく用いられるツボです。てんかんなど発達障害の治療に用いられることもあります。

    発達障害のコラム一覧

    30

    全30件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/08/14

    ドラべ症候群

    ドラべ症候群という難治性てんかん発作を繰り返す病気があります。ご縁で当院で男の子のお子様を診させていただいています。小児はりと小児整体で自律神経と体の歪みを整えることを目的として施術してからは、大きな入院するような発作も起きずに順調におおきくなっています。たまに小さな発作は起きているようですが、軽く…

    投稿日:2018/08/08

    【発達】子供の成長と痛みのメカニズム

    こんにちは。南林間つむぎ鍼灸整骨院のヤスダです。最近の問い合わせで多いのは「子供でも受けられますか?」という内容です。 当院では成長期のお子様のケアも行なっています。子供は色々なケガをしながら大きくなっていくもの!しかし、「転んだ」「転んだ」など原因がないのに体を痛がることがあります。&n…

    投稿日:2018/07/23

    日本小児障がいマッサージ普及協会のセミナーへ福岡に行ってきました。

    日曜日、日本小児障がいマッサージ普及協会のセミナーへ福岡に行ってきました。 小児障がいの症例、それに対する鍼灸、マッサージの重要性、一般的な施術との違いなど、学ばせていただきました。

    投稿日:2018/07/23

    この子、もしかして…

    この子、もしかして… 育児をしている親だからこそ、そんな不安になることがありますよね。 そんな風に不安になってしまうのは、日頃からよくお子さんのことを気にかけている証拠です。 そんな真面目な親だからこその悩みです。 健診までまだ日があって不安にな…

    投稿日:2018/07/21

    言葉遅れだったお子様が『ワンワン』と言えた日!

    みなさんこんにちは!愛知県一宮市九品町の肌を育てる美容鍼、逆子、マタニティケア、小児はりのはやし鍼灸治療院の院長の林です。今回も症例を載せていきたいと思います。今回の子は言葉遅れがあり、それが伝えれないからかイライラして、スーパーなどで思い通りにいかないとキーキー言ってしまうということで来院して頂け…

    投稿日:2018/07/17

    小児はり療法

    小児はり療法(刺さない皮膚刺激はり療法) 当院独自の「前田式小児はり」は、初代院長前田喜代松から受け継がれてきました。「もぐら針(MOLE針)」を用い・血流促進・しっかりとしたい筋肉を作る・自律神経の調整・運動神経の促進・免疫力の増強・成長ホルモンなどの調整・幸せホルモン「オキシトシン」の…

    投稿日:2018/06/28

    小児肘内障にご注意!

    今回は、小さな子どもと触れ合う機会の多い人に知っておいていただきたいお話です。身近なところで起こるかもしれない小児肘内障をご存知ですか?脱臼の少し軽い亜脱臼が肘の関節に起こっている状態で、「肘が抜けた」と言われることもあります。 【子どもの変化を見逃さないで!】 一般的な脱臼は関…

    投稿日:2018/06/18

    親の呪縛

    人にも相互作用が働いています。過度な心配や願いは、相手を余計に縛りつけ動きにくくしているのです。例えばお子さんが○○ができない子供だったとします。親は子を見て○○が出来ないと認識し、どうにかしようとします。ここで親がこの子は出来ないと認識しては、出来ないという見えないギブスをはめられた状態になります…

    投稿日:2018/06/11

    脳が傷つくということ:発達障害、不安、パニック、自律神経失調

    「子どもの脳を傷つける親たち」著者としてメディアでも活躍中の友田明美医師の記事を読みました。子供の時にいわゆる虐待や厳格体罰の経験をもつ人の脳はある部分が萎縮(脳細胞の減少)し、機能低下を伴うという衝撃的な事実を紹介されています。例えば、性的虐待の経験者は大脳皮質の後頭葉にある「視覚野」(ものをみる…

    投稿日:2018/05/14

    学校での定期検診にて

    最近、学校で行われている定期検診で、「背骨がゆがんでいます、要経過観察ですね」と言われたお子さんが、当院に来られることが多くあります。要経過観察と言われても、何か改善する方法はないか?何かしてあげられないか?と思う親御さんが多いからでしょうかね。当院では【KIDS姿勢プログラム】という施術も行ってお…

    全30件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師