鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

発達障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 発達障害

    発達障害とは子供が発達していく過程のどこかであらわれる障害のことをいいます。発達障害にはさまざまな種類があり、それぞれ症状が異なります。発達障害と診断される症状と、鍼灸治療が発達障害に貢献できることについて説明します。

    【発達障害の症状】

    一口に発達障害といっても自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害もあれば、ADHD(注意欠陥・多動障害)、学習障害、協調障害、てんかんなどもあります。それぞれの症状の特徴を簡単に説明します。

     

    (1)広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

    視線が合わない、ことばが出ない、人のまねをしない、ひとり遊びが好き、物の順序や行動、遊びなどに異常にこだわる、突然泣き出したり笑い出したりする。

     

    (2)ADHD:注意欠陥・多動障害

    注意力や集中力が続かない、極端にそわそわとして落ち着きがない、カッとなりやすい。

     

    (3)学習障害

    書く、話す、聞く、読む、計算するといった能力のうち、特定のものができない。

     

    (4)協調障害

    手や足を思うように動かせず、日常的な動作に支障が出てしまう。

     

    (5)てんかん

    脳の神経細胞が興奮するために起こす発作で、全身のけいれん、意識がなくなる欠伸発作、異常な行動を起こすなどの症状が見られる。

     

    【発達障害の原因】

    発達障害のなかで自閉症やアスペルガー症候群は遺伝子異常や染色体異常といった先天的(遺伝的)要因が強いとされ、学習障害は脳の機能異常のほか、目や耳の問題、環境的な要因など複数の原因が疑われます。

     

    このように発達障害の原因は症状によってさまざまですが、よくあげられるものに「遺伝」「発育環境(虐待、ネグレクトなど)」「社会との関係」「偶然の出来事や出会い(トラウマなど)」などがあります。

     

    【発達障害の治療法】

    発達障害の治療は「療育」というリハビリテーションが中心になります。療育以外の治療法には栄養療法や心理療法があり、鍼灸治療も効果的です。鍼灸の治療で用いられるツボには「百会(ひゃくえ)」、「前頂(ぜんちょう)」、「後頂(ごちょう)」などがあります。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    前頂・・・

    額の髪の生え際の真ん中から、親指の幅3本分半分後ろにあるツボ

     

    後頂・・・

    頭のてっぺんにある百会から親指の幅1本分後ろにあるツボ

     

    【発達障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    百会は指圧や鍼治療などによく用いられる応用範囲の広いツボです。このツボを刺激することでさまざまな病気を治療することができますが、発達障害の治療にも用いられることがあります。前頂と後頂は頭頂部の痛みやこわばり、寒け、めまい、不眠症などによく用いられるツボです。てんかんなど発達障害の治療に用いられることもあります。

    発達障害のコラム一覧

    17

    全17件中 1件~10件を表示

    • 1
    • 2

    投稿日:2017/11/17

    骨端線について。

    お子様の成長(身長)が伸びるのか、伸びないのかを評価する方法があります。ズバリ『エコーによる観察です!』成長段階の骨には骨端線と呼ばれる骨の伸びしろがあります。エコーにより骨端線の有無が確認できます。レントゲンでももちろん確認できますが、少なからず被ばくの可能性があり怪我などを精査する以外の目的では…

    投稿日:2017/10/31

    子どもの骨格のゆがみについて

    こんにちはお子さんの姿勢や体勢まがってる?ななめかな?片方が長い?など、気になった事はありませんか?それは、骨格のゆがみが原因になっている事が多くあります。では、なんでそうなってしまったのか??と言うと過度な運動筋力不足日常生活での癖などが原因かと思います。しかしこれらが原因だった場合簡単に言えば、…

    投稿日:2017/10/26

    発達障害で大切なこと

    From:枚方市の治療院/鍼灸整体院やわら最近は発達障害の悩み相談が増えています発達障害は脳の機能性障害であって、治すことはできませんでは、どうすればいいのかと尋ねられたら2つの答えがあります「脳への血流量を増やすこと」「ストレス取り除くこと」これらは鍼灸治療で対応できますもし、あなたの周りで発達障…

    投稿日:2017/09/25

    子供のスポーツ疾患

    子供の鍼は全体として多くはないのですが、割合としてスポーツ疾患で来院されることがほとんどです。 お話しを聞いていくと、共通して身体のムリを通り越してムチャをしているケースがあります。 先日も小学生のお子さんが初診で来院されました。練習をするのは大いに結構なのですが、食事の時間や、…

    投稿日:2017/07/03

    子どもの骨盤

    昔に比べて運動量が激減した現代の子どもたちは、体幹を鍛える機会が少なく、骨盤も安定しにくくなってきています。ゆがみや不調が定着する前に、骨盤バランスをきちんと整えましょう。 骨盤を中心とした体幹が安定しないと・・・・和式トイレが減少し、ぞうきんがけの習慣や、舗装されてない場所で遊ぶ会も少な…

    投稿日:2017/07/02

    発達障害と小児はり

    発達障害と言っても、ひとりひとりさまざまな状態があります。ここでは、Iくん(3歳)の成長過程を例にお話します。3年前の初診時。治療院内の扉、引き出しを開けてまわるIくん。身体全体の様子を見ていると、両膝が反り、首に緊張が強い状態でした。動き回るIくんを抱きながら、小児はり(純金の棒で皮膚を摩る)治療…

    投稿日:2017/06/23

    【スマホと発達障害】子どもの目を見ずにスマホを見る親急増中!!

    こんにちは。 先日新宿区立の園長先生(35年間保育園で現場)と話した内容と実体験を踏まえ共有させて頂きます。 近年発達障害の子どもが急増しているというのはご存知の方も多いと思います。 根底にあるものは一体何なのでしょうか。晩婚化?食事?医師による過剰診断? 外…

    投稿日:2017/04/24

    発達障害?

    BeautyPuncの黒田です。当院はBeautyPPunc別名を小児はりの黒田鍼治療院と言っていました。子供さんを専門に見る治療院でもあります。小さなお子さんが来られます。最小月齢が2ヶ月症状としては、夜泣き、疳の虫、おねしょ、etc最近は多動気味で、落ち着きのない子が増えています。子供さんの状態…

    投稿日:2017/03/27

    点頭てんかん(WEST症候群)にも小児はり

    おはようございます。今日は「てんかん」について。 小児(お子様)の癲癇(てんかん)症状の緩和に小児鍼が、少なからず効果を発揮することをご存じですか??期間が長く、内側にため込んだ疲れがあれば、一時的に発作が再発する事があります。これは、大人も同じ・症状が違っても同じで奥に奥に押し込んでいた…

    投稿日:2016/11/24

    意外に多い側弯症

    最近若いお母さんからの相談で多いのが「子供の背骨の曲り」です姿勢が悪く落ち着きのない子供はまず背中が歪んでいます。肌の色も黒ずんでいたり、寝起きも悪かったりします成長期のお子さんの背中をまじまじと見る事は余りないでしょうがスポーツをやっていたり習い事をしている子供さんでコーチやチームメイトから指摘を…

    全17件中 1件~10件を表示

    • 1
    • 2

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師