鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

発達障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 発達障害

    発達障害とは子供が発達していく過程のどこかであらわれる障害のことをいいます。発達障害にはさまざまな種類があり、それぞれ症状が異なります。発達障害と診断される症状と、鍼灸治療が発達障害に貢献できることについて説明します。

    【発達障害の症状】

    一口に発達障害といっても自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害もあれば、ADHD(注意欠陥・多動障害)、学習障害、協調障害、てんかんなどもあります。それぞれの症状の特徴を簡単に説明します。

     

    (1)広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

    視線が合わない、ことばが出ない、人のまねをしない、ひとり遊びが好き、物の順序や行動、遊びなどに異常にこだわる、突然泣き出したり笑い出したりする。

     

    (2)ADHD:注意欠陥・多動障害

    注意力や集中力が続かない、極端にそわそわとして落ち着きがない、カッとなりやすい。

     

    (3)学習障害

    書く、話す、聞く、読む、計算するといった能力のうち、特定のものができない。

     

    (4)協調障害

    手や足を思うように動かせず、日常的な動作に支障が出てしまう。

     

    (5)てんかん

    脳の神経細胞が興奮するために起こす発作で、全身のけいれん、意識がなくなる欠伸発作、異常な行動を起こすなどの症状が見られる。

     

    【発達障害の原因】

    発達障害のなかで自閉症やアスペルガー症候群は遺伝子異常や染色体異常といった先天的(遺伝的)要因が強いとされ、学習障害は脳の機能異常のほか、目や耳の問題、環境的な要因など複数の原因が疑われます。

     

    このように発達障害の原因は症状によってさまざまですが、よくあげられるものに「遺伝」「発育環境(虐待、ネグレクトなど)」「社会との関係」「偶然の出来事や出会い(トラウマなど)」などがあります。

     

    【発達障害の治療法】

    発達障害の治療は「療育」というリハビリテーションが中心になります。療育以外の治療法には栄養療法や心理療法があり、鍼灸治療も効果的です。鍼灸の治療で用いられるツボには「百会(ひゃくえ)」、「前頂(ぜんちょう)」、「後頂(ごちょう)」などがあります。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    前頂・・・

    額の髪の生え際の真ん中から、親指の幅3本分半分後ろにあるツボ

     

    後頂・・・

    頭のてっぺんにある百会から親指の幅1本分後ろにあるツボ

     

    【発達障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    百会は指圧や鍼治療などによく用いられる応用範囲の広いツボです。このツボを刺激することでさまざまな病気を治療することができますが、発達障害の治療にも用いられることがあります。前頂と後頂は頭頂部の痛みやこわばり、寒け、めまい、不眠症などによく用いられるツボです。てんかんなど発達障害の治療に用いられることもあります。

    発達障害のコラム一覧

    23

    全23件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/06/18

    親の呪縛

    人にも相互作用が働いています。過度な心配や願いは、相手を余計に縛りつけ動きにくくしているのです。例えばお子さんが○○ができない子供だったとします。親は子を見て○○が出来ないと認識し、どうにかしようとします。ここで親がこの子は出来ないと認識しては、出来ないという見えないギブスをはめられた状態になります…

    投稿日:2018/06/11

    脳が傷つくということ:発達障害、不安、パニック、自律神経失調

    「子どもの脳を傷つける親たち」著者としてメディアでも活躍中の友田明美医師の記事を読みました。子供の時にいわゆる虐待や厳格体罰の経験をもつ人の脳はある部分が萎縮(脳細胞の減少)し、機能低下を伴うという衝撃的な事実を紹介されています。例えば、性的虐待の経験者は大脳皮質の後頭葉にある「視覚野」(ものをみる…

    投稿日:2018/05/14

    学校での定期検診にて

    最近、学校で行われている定期検診で、「背骨がゆがんでいます、要経過観察ですね」と言われたお子さんが、当院に来られることが多くあります。要経過観察と言われても、何か改善する方法はないか?何かしてあげられないか?と思う親御さんが多いからでしょうかね。当院では【KIDS姿勢プログラム】という施術も行ってお…

    投稿日:2018/03/08

    子どもの姿勢と視力の関係

    今日はお子様をお持ちのお父さん、お母さんにぜひ知っていただきたい姿勢と視力の関係についてお話します。いわゆる猫背の状態で本を読んだり勉強をしていると、知らぬ間に余計な筋肉を使い、首・肩の筋肉が緊張状態になります。これが積み重なると目に充分な血液が運ばれず、結果として目のレンズを調整する「毛様体筋」と…

    投稿日:2018/02/24

    ☆発達障害と難聴☆

    こんにちは。はり灸治療院クオーレ院長鍼灸師のあべまつです。 耳鳴り、難聴の方が当院には多く来院されます。今回は10代の難聴について。患者様は高校生の男の子で中学生くらいから難聴の症状が出始めたようです。病院にいっても良くなったり悪くなったりのいたちごっこなので鍼灸をやってみたいとのことでし…

    投稿日:2018/02/22

    低体重の増加不良

    こんにちは😃ぐっさんです。今日は小児の症例を紹介したいと思います。 患者の年齢は1歳2ヵ月の女児です。 低体重で病院から指導をうけ何とかしたいと相談を受けました。 新生児よりアトピーがあり、病院でステロイド治療もしています。他の症状として、かなりの便秘があり、汗っかきも…

    投稿日:2018/02/19

    脳と運動について

    アメリカで運動が脳に好影響をもたらすという研究結果があります。授業前にマラソンやウォールクライミングを行わせた生徒の運動能力と学習能力が向上したというものです。運動をしている最中には様々なホルモンが分泌されます。筋肉の合成を高める為のホルモンやインスリンの感受性を高めるホルモン、また成長ホルモンや神…

    投稿日:2017/12/15

    子どもの睡眠編

    子どもにとって大事な睡眠。でもちょっとしたことが快眠を邪魔しているかも!?そんな時には、まずは生活態度を見直してみましょう。 1、めざすのは太陽とともに起きて夜になったら寝る2、そのために昼間しっかり遊んで日光に当たるのも大事3、おなかいっぱいより消化された頃に寝るように、ご飯早目に4、お…

    投稿日:2017/11/29

    発達障害にも小児はり!

    こんにちは。鍼灸師の齋藤麻衣です。先日、福祉施設より外部講師依頼を受けて発達障害の子どもたちに小児はりの施術をするために行ってきました。 普段、発達障害のお子様は、私の治療院へはあまり来られません。どちらかというと、「便秘」「イライラ」での施術希望が多いです。けれども、今回、福祉施設で発達…

    投稿日:2017/11/17

    骨端線について。

    お子様の成長(身長)が伸びるのか、伸びないのかを評価する方法があります。ズバリ『エコーによる観察です!』成長段階の骨には骨端線と呼ばれる骨の伸びしろがあります。エコーにより骨端線の有無が確認できます。レントゲンでももちろん確認できますが、少なからず被ばくの可能性があり怪我などを精査する以外の目的では…

    全23件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師