鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

発達障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 発達障害

    発達障害とは子供が発達していく過程のどこかであらわれる障害のことをいいます。発達障害にはさまざまな種類があり、それぞれ症状が異なります。発達障害と診断される症状と、鍼灸治療が発達障害に貢献できることについて説明します。

    【発達障害の症状】

    一口に発達障害といっても自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害もあれば、ADHD(注意欠陥・多動障害)、学習障害、協調障害、てんかんなどもあります。それぞれの症状の特徴を簡単に説明します。

     

    (1)広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

    視線が合わない、ことばが出ない、人のまねをしない、ひとり遊びが好き、物の順序や行動、遊びなどに異常にこだわる、突然泣き出したり笑い出したりする。

     

    (2)ADHD:注意欠陥・多動障害

    注意力や集中力が続かない、極端にそわそわとして落ち着きがない、カッとなりやすい。

     

    (3)学習障害

    書く、話す、聞く、読む、計算するといった能力のうち、特定のものができない。

     

    (4)協調障害

    手や足を思うように動かせず、日常的な動作に支障が出てしまう。

     

    (5)てんかん

    脳の神経細胞が興奮するために起こす発作で、全身のけいれん、意識がなくなる欠伸発作、異常な行動を起こすなどの症状が見られる。

     

    【発達障害の原因】

    発達障害のなかで自閉症やアスペルガー症候群は遺伝子異常や染色体異常といった先天的(遺伝的)要因が強いとされ、学習障害は脳の機能異常のほか、目や耳の問題、環境的な要因など複数の原因が疑われます。

     

    このように発達障害の原因は症状によってさまざまですが、よくあげられるものに「遺伝」「発育環境(虐待、ネグレクトなど)」「社会との関係」「偶然の出来事や出会い(トラウマなど)」などがあります。

     

    【発達障害の治療法】

    発達障害の治療は「療育」というリハビリテーションが中心になります。療育以外の治療法には栄養療法や心理療法があり、鍼灸治療も効果的です。鍼灸の治療で用いられるツボには「百会(ひゃくえ)」、「前頂(ぜんちょう)」、「後頂(ごちょう)」などがあります。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    前頂・・・

    額の髪の生え際の真ん中から、親指の幅3本分半分後ろにあるツボ

     

    後頂・・・

    頭のてっぺんにある百会から親指の幅1本分後ろにあるツボ

     

    【発達障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    百会は指圧や鍼治療などによく用いられる応用範囲の広いツボです。このツボを刺激することでさまざまな病気を治療することができますが、発達障害の治療にも用いられることがあります。前頂と後頂は頭頂部の痛みやこわばり、寒け、めまい、不眠症などによく用いられるツボです。てんかんなど発達障害の治療に用いられることもあります。

    発達障害のコラム一覧

    39

    全39件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/07/09

    自閉症スペクトラム?落ち着きがなく集団行動が苦手ですが・・

    自閉症スペクトラムの疑いで治療に来られました。症状・言葉の遅れ(3語文が出始めた)・落ち着きがない・集団生活が苦手経過小児鍼灸治療開始から良い変化が出てきました・落ち着きが出てきた(幼稚園の先生に言われた)・指示に対しての理解度が増した・受け答えが正確になってきた・滑舌が良くなってきた・幼稚園で自分…

    投稿日:2019/05/29

    最近増えているADHDのお子様たち

    いつもお読みいただきありがとうございます!ここのところ、多いのが「ADHD」の子どもたち。こちらにもそのようなお子様たちがお見えになることがあります。多動性といわれているお子様たちが、じっとして鍼の施術を受けられるの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。私も最初は「じっとしていなかったらど…

    投稿日:2019/04/17

    発達障害の理解と小児はりの対応

    小児はり学会「発達障害の理解と小児はりの対応」 昭和51年阪大病院小児科に心身症外来を開設された冨田医師(現在こども心身医学研究所所長)より「発達障害の理解と小児はりの対応」について 増加させる要因や、対応や理解などのお話にも触れ 人は人と手を繋ぐこと。ここから「触覚」…

    投稿日:2019/04/02

    大人「発達障害」とうつ病

    いつもお読みいただきありがとうございます!先日「発達障害」と診断されてショック!という方がいらっしゃいました。最近では「大人発達障害」という言葉をWeb上でもよくみかけるようになりました。そのうち4割の方が「うつ症状」を患っているということです。そして、比較的に男性が多いとされている発達障害ですが、…

    投稿日:2019/01/31

    不登校、学校へ行けない子供達に

    鍼灸院も自宅も小学校の近くにあります。毎朝、登校時間を過ぎて、足取り重く学校へ向かう子供、親御さんと一緒に学校へ向かう子供、元気に登校する子供が多い中、毎朝そんな子供たちも見かけます。鍼灸でも何かお役に立てないかと思います。 いじめなどの明らかな特定の原因がないのに、学校へ行けない場合、本…

    投稿日:2019/01/28

    お子様の発達障害で配慮しなければいけないこと

    子供たちの中には、身体障害や知的発達の遅れの有無とは別に、落ち着きがなかったり、勉強がある分野だけに極端にできていたり、反対に極端にできていなかったり「こだわり」があったり、お友達と上手に遊べなかったりする子供がいます。あらわれ方は様々ですが、「発達障害」である可能性があります。発達障碍者支援法では…

    投稿日:2019/01/12

    お子さんの8日間でない便秘の日々に悩まれていました。

    6歳の息子さんのつらい便秘に悩まれ ちびっこはりに再び連れてきてくれるようになったお母さんがいらっしゃいます。 3歳の頃にも同じ症状でのちびっこはり経験があり、再びお母さんはちびっこはりにお子さんを連れてきてくれました。 今回のお悩みは 8日間に一回しか便が出…

    投稿日:2019/01/10

    日本茶が危険!??

    ブログを更新しました。今回は、日本人に身近な日本茶が危ないお話(゚Д゚)外国人が飲む日本茶は危なくないのに日本人が飲む日本茶が危ないという摩訶不思議なことになっているんです。何気なく口にするものでも危ないものがあるんです(*_*) ↓↓↓ブログはコチラ&dar…

    投稿日:2018/11/29

    あなたの子供は大丈夫?知っておきたい子供の発達の時期!!

    こんばんわ(^^グランデセルティスの岡本です。今回は、子供の発達時期と運動についてです!!あなたはご存知ですか?子供どのようにして成長していくのか?どの時期にどの能力が伸びるのか?? これを少しでも知っておくだけでも、我が子にとってプラスになります!! 結論から申し上げますと、「…

    投稿日:2018/11/06

    子供の猫背は14歳までに解消しなければ一生猫背?

    鍼灸コラム==子供の猫背改善==グランデセルティス総院長の大榎です。子供の猫背って多いですね。当院の統計では89.5%猫背です《2018.4から2018.10子供215人》当然子供は脊椎の変形もなく、器質的な原因は有りません。 筋肉が付いているからと言ってすべて猫背は解消されません。野球部…

    全39件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師