鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

虚弱体質の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 虚弱体質

    体力がなく、刺激に対して過敏に反応しやすい体質のことを「虚弱体質」といいます。ただ、西洋医学では虚弱体質という病名は存在しません。そのため、虚弱体質によって起こるかぜや熱といった症状は治療できても、虚弱体質そのものへの明確な治療法はないというのが現状です。しかし、東洋医学なら鍼灸治療によって体の根本から体質を改善することが期待できます。

     

    【虚弱体質の症状】

    虚弱体質には疲れやすい、体の状態が弱い、抵抗力が衰えている、血色が悪い、食欲がない、かぜをひきやすく治りにくいといった傾向があります。一見、健康そうに見える子供でも、皮膚に弾力がなく、筋肉の発達が悪い場合は虚弱体質が疑われます。

     

    【虚弱体質の原因】

    東洋医学では虚弱体質の原因を「脾虚」、「腎虚」、「肺虚」の3つだと考えます。

     

    (1)脾虚

    消化器系が弱い体質のこと。主な症状には疲れやすい、だるい、かぜをひきやすい、下痢しやすいなどが挙げられ、胃腸と肺が弱っていることにより全身にエネルギーをまわせないことが原因とされます。

     

    (2)腎虚

    過労・老化によって起こる症状のこと。腎が弱っていることが原因とされます。

     

    (3)肺虚

    かぜをひきやすくなかなか治りにくい体質。呼吸器の肺や鼻が弱っていることが原因で、かぜのほかに、せきや鼻水などの症状も出やすくなります。

     

    【虚弱体質の治療法】

    虚弱体質に効果のあるツボは「大椎(だいつい)」、「身柱(しんちゅう)」、「腎兪(じんゆ)」、「百会(ひゃくえ)」、「風門(ふうもん)」などが挙げられます。

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。下痢体質や肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    身柱・・・

    上背部、体の中心線上にある第3胸椎棘突起(きょうついきょくとっき)の下のくぼみにあるツボ

     

    腎兪・・・

    肋骨の一番下の高さにある背骨をはさんだ両側、左右親指の幅1本半のところにあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    風門・・・

    肩甲骨の内側、背骨をはさんだ両側にあり、体の中心線から親指の幅1本分半分外側にあるツボ

     

    【虚弱体質に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸治療では全身の機能を調整し、体力の増進をはかります。中心となって押されるツボは大椎や身柱です。アレルギーや体の弱い子供は大椎を刺激します。身柱はさまざまな病気や症状の原因を改善し、体を丈夫にするツボです。指圧やおきゅうによって根気よく刺激します。

     

    背中にある腎兪と頭部にある百会は、体力と活力の増強につながるツボです。かぜをひきやすい子供には風門を刺激しましょう。呼吸器の機能を整える効果があり、かぜの症状の緩和やかぜ予防につながります。

    虚弱体質のコラム一覧

    49

    全49件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/06/08

    スマホと姿勢②

    こんにちは!院長の山中です。スマホと姿勢第二弾ということで、当院の治療理念である~正しい姿勢への意識改革~これについて書かせていただきます。まず、皆さんは猫背というと背中が丸くなって首が前に出ている状態を想像しませんか?正解なのですが、では、猫背がどこから始まっているか考えたことはありますか?実は、…

    投稿日:2018/06/06

    スマホと姿勢①

    こんにちは!院長の山中です。今回は、スマホと姿勢について書かせていただきます!私も中学生と高校生の娘が二人おりまして、ほぼ毎日注意しています、、(-_-;) 今の時代はスマホだけではなく、パソコン、タブレットと不良姿勢へと導くツールが世にあふれています、原因となるものを取り除くことが、不良…

    投稿日:2018/06/05

    お子様でこんな時ありませんか?

    最近、当院ではお子さんの患者さんが増えてきています。そんな時にお母さんが不安になることで多いのが「なんとなく元気がない時」にどうしたらいいですか?ということみたいのでひとつ基準を書いていきます! 子供は症状を正確に伝えることができないし、病気も進行が速いため、見極めが必要になります!特に重…

    投稿日:2018/06/01

    風邪を引きやすいお子様について

    初めてのコラムです♪ 今回は「小児」について書きたいと思います♪ お母さんやお父さんの心配の種はお子さんの体調だと思います。 例えば、①必ず月に1回必ず風邪を引いて幼稚園や小学校を休む。②風邪を引いてもなかなか体温が上がらない。などなど。それらの症状を持っているお子さん…

    投稿日:2018/06/01

    お子様の起立性調節障がい(OD)~当院の考え方2 コラム019

    お子様の起立性調節障がい(OD)について~当院の考え方2~コラム019  お子様の起立性調節障がいのよくある症状 ☑朝に起きれない、起きれなくて学校へ行けない☑立ちくらみ、めまいがある、失神☑立っていると気分が悪くなる☑朝から昼までの頭痛(昼から治まる)☑食欲がない(食…

    投稿日:2018/05/30

    体重少ない赤ちゃん、生活習慣病のリスク!

    体重少ない赤ちゃん、生活習慣病のリスク 生まれた時の体重が少ない赤ちゃんは将来、糖尿病や高血圧など生活習慣病になりやすいとの報告が国内外で相次いでいます。妊娠中のお母さんの体重増加だけで、胎児の体重が必ずしも増えるわけではありませんが、妊娠中の無理なダイエットは小さな赤ちゃんにもつながりま…

    投稿日:2018/05/17

    「剣道キッズ」をみて思う 虚弱体質改善法

    皆さん、こんにちは。北与野駅から徒歩2分、『頭痛×鍼灸』の【はりきゅう治療院伍行庵】です。このコラムでは、皆さんのセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 私の趣味は「剣道」なんですが・・・剣道をやっている子供たちをみていていつも思うのは みんな「みるみる姿勢がよく…

    投稿日:2018/05/11

    小児はりについて

    小児はり子供の夜泣き、食欲不振に困っていませんか?そんな方に無痛で心地よい小児はりがお勧めです。小児鍼とは?小児鍼とは、鍼を皮膚に刺すのではなく、皮膚表面に当てる・軽くなでるなどのごく小さな刺激を用いて行う優しい治療法です。主に子供に対して行われる治療方法なので小児鍼と呼ばれます。江戸時代中期頃に日…

    投稿日:2018/05/06

    端午の節句の柏餅

    みなさんこんにちは!三国ヶ丘鍼灸整骨院のあをたきです!5月5日の「端午の節句」といえば、柏餅。 カシワは縄文時代から土器の底に敷き、お米などを蒸すのに利用されていたようで、お米やお餅を香りのいいカシワの葉に包んで蒸すというのは、生活の知恵でもありました。 端午の節句といえば男の子…

    投稿日:2018/05/02

    子供にお灸

    当院のお灸は熱くないので子供にも施術できます良いものなので親としては当然うちの子供にも度々お灸しますおかげで子供二人ともおむつ外れは早かったしおねしょもほとんどしません 子供は正直なので熱かったり苦痛ならば嫌がって絶対やらないし気持ちよかったり効果を感じればやりたいといいますうちの子供は後…

    全49件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師