鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

虚弱体質の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 虚弱体質

    体力がなく、刺激に対して過敏に反応しやすい体質のことを「虚弱体質」といいます。ただ、西洋医学では虚弱体質という病名は存在しません。そのため、虚弱体質によって起こるかぜや熱といった症状は治療できても、虚弱体質そのものへの明確な治療法はないというのが現状です。しかし、東洋医学なら鍼灸治療によって体の根本から体質を改善することが期待できます。

     

    【虚弱体質の症状】

    虚弱体質には疲れやすい、体の状態が弱い、抵抗力が衰えている、血色が悪い、食欲がない、かぜをひきやすく治りにくいといった傾向があります。一見、健康そうに見える子供でも、皮膚に弾力がなく、筋肉の発達が悪い場合は虚弱体質が疑われます。

     

    【虚弱体質の原因】

    東洋医学では虚弱体質の原因を「脾虚」、「腎虚」、「肺虚」の3つだと考えます。

     

    (1)脾虚

    消化器系が弱い体質のこと。主な症状には疲れやすい、だるい、かぜをひきやすい、下痢しやすいなどが挙げられ、胃腸と肺が弱っていることにより全身にエネルギーをまわせないことが原因とされます。

     

    (2)腎虚

    過労・老化によって起こる症状のこと。腎が弱っていることが原因とされます。

     

    (3)肺虚

    かぜをひきやすくなかなか治りにくい体質。呼吸器の肺や鼻が弱っていることが原因で、かぜのほかに、せきや鼻水などの症状も出やすくなります。

     

    【虚弱体質の治療法】

    虚弱体質に効果のあるツボは「大椎(だいつい)」、「身柱(しんちゅう)」、「腎兪(じんゆ)」、「百会(ひゃくえ)」、「風門(ふうもん)」などが挙げられます。

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。下痢体質や肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    身柱・・・

    上背部、体の中心線上にある第3胸椎棘突起(きょうついきょくとっき)の下のくぼみにあるツボ

     

    腎兪・・・

    肋骨の一番下の高さにある背骨をはさんだ両側、左右親指の幅1本半のところにあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    風門・・・

    肩甲骨の内側、背骨をはさんだ両側にあり、体の中心線から親指の幅1本分半分外側にあるツボ

     

    【虚弱体質に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸治療では全身の機能を調整し、体力の増進をはかります。中心となって押されるツボは大椎や身柱です。アレルギーや体の弱い子供は大椎を刺激します。身柱はさまざまな病気や症状の原因を改善し、体を丈夫にするツボです。指圧やおきゅうによって根気よく刺激します。

     

    背中にある腎兪と頭部にある百会は、体力と活力の増強につながるツボです。かぜをひきやすい子供には風門を刺激しましょう。呼吸器の機能を整える効果があり、かぜの症状の緩和やかぜ予防につながります。

    虚弱体質のコラム一覧

    59

    全59件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/08/14

    痩せっぽち

    痩せっぽちうちの子っていつまでたっても細くって弱々しい。そんなお子さんの悩みのお母さんって多いよね。・食が細い・好き嫌いが激しい・食べているのに太れない・給食が食べられない 僕も子供の頃は痩せっぽちでした。体重測定の時は、水道の水をいっぱい飲んで体重計に乗ったのを覚えています。子供なりに悩…

    投稿日:2018/08/09

    痛みとかゆみ・・・涙

    この暑い夏の時期、ある理由で赤ちゃんが大泣きします。それは、「おむつかぶれ」。 おむつかぶれは、おむつに覆われた肌に炎症が起きるので、「おむつ皮膚炎」とも呼ばれます。お尻全体が赤くなったり、赤いぶつぶつが出たり、悪化するとただれてしまい出血することも。この状態で、長く車移動をしないといけな…

    投稿日:2018/08/04

    子供の下痢、脱水に気を付けて

     子供に良く見られる症状の1つ、下痢ですね。消化管に問題が起きていて、下腹部を痛がることもあります。下痢が続くと、オムツかぶれもあり、小さいお子さんは本当にツラいと思います。 急に始まる下痢は、ウィルス性胃腸炎の可能性も高いです。自然に治ることもあれば、重症になる場合も。私の院に…

    投稿日:2018/08/03

    こどもの「はり」ってどんなもの?

    小児はりとは基本的には大人と同じはりを用いません。身体が大きくなり子供のはりでは刺激量が足りないとなってきたときに大人と同じはりを用いるようになります。 小児はりにはいろいろな種類があります。学校で習ったのはイチョウの形のもの。ヘラの部分ととがった部分がありとても機能的です。他にもクギの形…

    投稿日:2018/07/24

    虚弱体質について!!

    こんにちは、和みはりきゅう院院長の秀山です。今回は、虚弱体質についてコラムを書いていきます。なぜ世の中には風邪など体調を崩しにくく身体の強い方、そして一方では毎月のように風邪をひいたり、体調を崩したりしている方がいるのでしょう!!一つの要因として、先天の性が元々弱い事が原因と考えられます!!生まれも…

    投稿日:2018/07/23

    最近、腕を噛んだり強く引っ張ってくるんです・・!!

    こんにちは~!すくすく子育てアドバイザーの宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長横井です(⌒∇⌒)今日の患者さんは赤ちゃんマッサージ&小児鍼(はり)を受けに来てくれた1歳半のお子さんです。「最近、腕を噛んだり強く引っ張ってくるんです・・!!」噛んできたり叩いてくる赤ちゃん、お子さんって…

    投稿日:2018/07/21

    便秘に小児鍼

    今日は前回に続き小児鍼のお話をしたいと思います!お悩みの方も多いのではないかと思うお子さんの便秘について。綿棒で刺激・薬を飲むなどいろいろ経験している方、一度小児鍼試してみるのがオススメです。お腹の音を聴いて、皮膚の状態(張り・乾燥など)を診ていきます。お子さんにあった刺激量で優しく刺激していきます…

    投稿日:2018/07/18

    夜中コロコロ、朝はビチョビチョ

    子供って、夜の寝返りがすごく激しいですよね。布団を剥いでコロコロ、気付いたら全く違う向きにコロコロ、パジャマがまくれてお腹を出しながらコロコロ・・・元気ではあるのですが、さすがに体が冷えていないか心配になります。そう思って、この時期は室温が低くならないようにクーラーの温度を調整すると、気付けば大汗を…

    投稿日:2018/07/13

    便秘、夜泣きと刺さない鍼の小児鍼

     写真は1歳前の便が出にくいお子さんに小児鍼といって皮膚を刺激するだけの刺さない鍼をしている所です。小さなお子さんは陽気の塊で、気の動きが早いので皮膚を軽く刺激してあげるだけでも十分な刺激になります。鍼は刺すだけではなくて、刺さない皮膚を刺激するだけの物もあります。 このお子さん…

    投稿日:2018/07/10

    便秘に苦しんだ4歳男児

    いつもお読みいただきありがとうございます♥4歳になるお子様。便秘がひどくてぐったりした様子でママといらっしゃいました。こちらのお子さんははママに「僕のお腹の中で毎日トラックがうんちを運んでいるんだよ~。」とお話ししてくれて、毎日自分でうんちを観察しているんだそうですよ。「今は、渋滞中な…

    全59件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師