鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:小児麻痺はリスクを抑えた
鍼灸治療が効果的

  • お子様のお悩み
  • 小児麻痺

    おなかにいる間もしくは出生直後、何らかの原因で脳に障害が生じて体の動きが不自由になることを脳性小児麻痺といいます。年齢に応じて進行する麻痺や、一時的な麻痺は脳性小児麻痺に含まれません。いわゆる「小児麻痺」と呼ばれる急性灰白髄炎とはまったく別の病気です。脳性小児麻痺になると背骨の側湾(横に曲がること)や筋萎縮、関節の硬化などが生じることがあります。痛みを和らげるためにも鍼灸のツボマッサージなどで定期的にほぐしましょう。

     

    【脳性小児麻痺の症状】

    脳性小児麻痺とは、おなかにいる間もしくは出生直後、脳に損傷を受けたことによる後遺症を総称したものです。脳の損傷度合いによって症状は異なり、わずかに異常が見られる軽い程度のものから、けいれんを引き起こす重い程度のものまでさまざまです。

    主な症状としては運動発達の遅れ・姿勢の異常・関節の硬化、知的障害、視覚障害、聴覚障害、呼吸障害などがありますが、成長につれて症状が変わる可能性もあります。

     

    【脳性小児麻痺の原因】

    脳性小児麻痺の原因にはさまざまなものがあります。妊娠中においては妊娠高血圧症候群をはじめとしてウイルス感染や染色体異常症など、出産時には胎児仮死(酸素供給不足)や頭蓋内出血など、出生後には脳炎や脳髄炎などが挙げられます。

     

    【脳性小児麻痺の治療法】

    脳性小児麻痺を完全に治すことはできません。ただし、治療によって活動範囲を広げたり、自立性を高めることは可能です。筋肉の緊張や体の変形は手術やリハビリテーションで改善でき、関節の痛みやけいれんなどは投薬で軽減できます。こうした治療と同時に行われているのが鍼や灸を使った鍼灸治療です。脳性小児麻痺になると骨格にゆがみが生じることが多く、さまざまな場所に痛みやこりが生じます。定期的にツボマッサージを行って緊張をほぐしましょう。脳性小児麻痺にともなう痛みやこりに期待できるツボは「天柱(てんちゅう)」、「肩井(けんせい)」、「合谷(ごうこく)」などが挙げられます。

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    合谷・・・

    手の甲、「人差し指の骨」と「親指の骨」が合流する場所の人差し指側にあるツボ

     

    【脳性小児麻痺に期待できる鍼灸治療の効果】

    関節痛や筋肉の緊張を抑える薬は、副作用が強いことから投薬メインの治療には限界があります。リスクを抑えつつ、症状を抑えるためには鍼や灸による鍼灸治療が効果的です。

    脳性小児麻痺で起こりがちな首こりを治すときは「天柱」、首と同じく最も負担がかかりやすい肩のこりを取る場合は「肩井」、手の痛みやしびれを感じるときは「合谷」を刺激しましょう。脳性小児麻痺と付きあうには、痛みや疲れを残さないのが何よりも重要です。

    小児麻痺のコラム一覧

    9

    全9件中 1件~9件を表示

    投稿日:2018/11/28

    子供の手足に麻痺増加!?

    いつもお読みいただきありがとうございます!このような記事を見ましたので、シェアします。もし、お子様に「?」という症状があるようでしたら、お早めにご確認ください。また、鍼灸ではこうした「麻痺」症状にも対応できます。漢方薬の勉強会に参加されていらっしゃる外科医さんのお話です。が、麻痺のような症状は針施術…

    投稿日:2018/11/08

    脳性麻痺の後遺症

    いつもお読みいただきありがとうございます!今回はこちらの症例をシェアします。「3歳までに歩けなかったら一生歩けないですよ。」と脳性麻痺と診断されたお子様。現在5歳。鍼灸の施術を受けるようになってから、薬を減らしているそうです。4歳を過ぎた頃から徐々に歩けるようになり、今では毎日その歩みを一歩一歩進め…

    投稿日:2018/09/07

    小児障がいマッサージ普及協会のケアコースを受講してきました

    9月2日、福岡で小児障がいマッサージ普及協会のケアコースを受講してきました。 小児障がいの子供さんをそだてられている親御さんへ、自宅ケアマッサージの指導ができるようしっかりと学んできました。   

    投稿日:2018/08/22

    小児の鍼灸治療「てんかん」

    小児てんかんは、身体に異常がないのにけいれん発作を起こし、それが何度も繰り返される病気です。てんかんにもいろいろありますが、一番早い時期に現れるのが首のカクンカクンと前に倒す動作を繰り返し、同時に手足を曲げたり伸ばしたりします。幼児になると大発作、小発作と呼ばれるてんかんが起こります。てんかんの原因…

    投稿日:2018/08/22

    小児障がいマッサージ普及協会のケアーコースを受講してきました。

    小児障がいマッサージ普及協会のケアーコースを受講してきました。 日本では、小児障がい施術の第一人者である名古屋の先生が、福岡で講話されました。 脳性麻痺(CP)、脳室周囲白質軟化症(PVL)、筋ジストロフィー(CDM)、18トリソミー(エドワード症候群:Eトリソミー)、てんかん、…

    投稿日:2018/05/29

    ひきつけ、硬直性痙攣、てんかんなど

    小児に多くみられる、ひきつけや硬直性痙攣、そして、てんかんなどの発作。そういうお子様がいらっしゃるご両親はその状態を「変わってあげたいけど、変わってあげられないもどかしさ」に葛藤されている方々も多くいらっしゃるようです。ただ寄り添うことしかできないのも辛いと感じてしまいますよね。こちらにもそうしたお…

    投稿日:2018/05/26

    小児麻痺の後遺症

    「3歳までに歩けなかったら一生歩けないですよ。」と脳性麻痺と診断されたお子様がお見えになったのは2歳を過ぎた頃。鍼灸の施術を受けるようになってから、薬を減らしていました。リハビリもそんなに一生懸命にはされていらっしゃらなかったんですよね。驚くことに。そして、4歳を過ぎた頃から徐々に歩けるようになり、…

    投稿日:2017/12/05

    YNSAを考えられた山元医師は小児麻痺の治療が始まりでした。

    当院が使わせていただいています治療法、YNSAは元々宮崎県の山元敏勝医師が考案された治療法です。40年前にワクチン接種や種々の理由で体の機能を失ってしまった方をどうにか良くしたいという思いで患者様とご一緒にこの治療法を作っていかれました。今現在も毎日88歳の年齢を感じさせないほど精力的に患者様を診ら…

    投稿日:2015/12/11

    五硬という病

    小児麻痺には、胎生期から新生児期に脳が障害されて起こる脳性小児麻痺と、ポリオウイルスによって中枢神経が障害される急性灰白髄炎の2種類があります。今回は、脳性小児麻痺の一種である痙性麻痺についてお話しいたします。痙性麻痺は脳性小児麻痺の約7割を占めており、筋肉が硬くなると共に筋力低下が見られるタイプで…

    全9件中 1件~9件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師