鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

耳下腺炎の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 耳下腺炎

    耳下腺炎とは、だ液を作る耳下腺に菌やウイルスなどが感染して炎症が起こる病気です。ムンプスウイルスによるものを流行性耳下腺炎といい、おたふく風邪と呼ばれることもあります。流行性耳下腺炎に一度かかって抗体ができれば再び発症することはありませんが、何度も耳下腺の腫れが繰り返すときは反復性耳下腺炎が疑われます。

     

    【耳下腺炎の症状】

    耳下腺炎といってもさまざまな病気がありますが、子供がかかった場合は最初に流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が疑われます。たいていの場合はまず片方の耳下腺が膨張し、1~2日遅れて反対側の耳下腺も同様に腫れます。主な症状としては耳下腺の膨張・痛み・発熱などがありますが、症状が重くなるとムンプス難聴(音を感じる神経が破壊されて耳が聞こえなくなる難治性)が生じることもあります。

     

    【耳下腺炎の原因】

    流行性耳下腺炎の原因はムンプスウイルスです。感染者のせきやくしゃみなどによってウイルスが拡散し、口や鼻などの粘膜に触れることで伝染します。原則として一度かかれば再び発症することはありません。

    ただし、何度も耳下腺が腫れる場合は反復性耳下腺炎の可能性があります。見た目はほとんどおふくかぜと一緒なので、二度以上腫れた場合は血液検査をしてください。ウイルスやアレルギーが原因と考えられていますが、具体的なことは分かっていません。

     

    【耳下腺炎の治療法】

    うみが見られる場合は化膿性唾液腺炎といって抗生物質などを投与すれば治りますが、流行性耳下腺炎などのウイルス性のものは対症療法が一般的です。鎮痛剤や解熱剤を飲んで、症状を和らげます。症状が発展すると難聴になる可能性があるため、鍼灸治療で自己免疫機能を高めてあげましょう。耳下腺炎に期待できるツボは「翳風(えいふう)」、「手三里(てさんり)」、「大椎(だいつい)」などがあります。

     

    翳風・・・

    耳たぶ後部のくぼみにあるツボ

     

    手三里・・・

    ひじの曲がり角の外側、人さし指に向かって親指の幅2本分の下がったくぼみ

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。下痢体質や肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    【耳下腺炎に期待できる鍼灸治療の効果】

    ウイルス性耳下腺炎の場合、抵抗力を高めることが非常に重要です。抵抗力向上は鍼や灸の得意分野であり、ツボをマッサージすることで耳下腺炎に対抗できる力をつけることができます。顔のむくみや難聴などの耳疾患に効果がある「翳風」、顔の疾患に効果がある「手三里」、自律神経の改善や下熱効果がある「大椎」などをやさしく指圧して、自己免疫の強化を図りましょう。子供はツボが浅いところにあるので軽く押すだけで十分です。

    耳下腺炎のコラム一覧

    1

    全1件中 1件~1件を表示

    投稿日:2015/12/12

    鍼灸とおたふく風邪

    ムンプスウイルスによるおたふく風邪。医学的な正式名称は流行性耳下腺炎といい、2~3週間の潜伏期ののち、耳の下あたりにある耳下腺がはれて痛む疾患です。治癒後は終生免疫が得られるため、二度と罹らないのが特徴です。 このおたふく風邪、東洋医学では「痄腮(ささい)」と呼ばれ、風熱や熱毒といった体外…

    全1件中 1件~1件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師