鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

耳下腺炎の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 耳下腺炎

    耳下腺炎とは、だ液を作る耳下腺に菌やウイルスなどが感染して炎症が起こる病気です。ムンプスウイルスによるものを流行性耳下腺炎といい、おたふく風邪と呼ばれることもあります。流行性耳下腺炎に一度かかって抗体ができれば再び発症することはありませんが、何度も耳下腺の腫れが繰り返すときは反復性耳下腺炎が疑われます。

     

    【耳下腺炎の症状】

    耳下腺炎といってもさまざまな病気がありますが、子供がかかった場合は最初に流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が疑われます。たいていの場合はまず片方の耳下腺が膨張し、1~2日遅れて反対側の耳下腺も同様に腫れます。主な症状としては耳下腺の膨張・痛み・発熱などがありますが、症状が重くなるとムンプス難聴(音を感じる神経が破壊されて耳が聞こえなくなる難治性)が生じることもあります。

     

    【耳下腺炎の原因】

    流行性耳下腺炎の原因はムンプスウイルスです。感染者のせきやくしゃみなどによってウイルスが拡散し、口や鼻などの粘膜に触れることで伝染します。原則として一度かかれば再び発症することはありません。

    ただし、何度も耳下腺が腫れる場合は反復性耳下腺炎の可能性があります。見た目はほとんどおふくかぜと一緒なので、二度以上腫れた場合は血液検査をしてください。ウイルスやアレルギーが原因と考えられていますが、具体的なことは分かっていません。

     

    【耳下腺炎の治療法】

    うみが見られる場合は化膿性唾液腺炎といって抗生物質などを投与すれば治りますが、流行性耳下腺炎などのウイルス性のものは対症療法が一般的です。鎮痛剤や解熱剤を飲んで、症状を和らげます。症状が発展すると難聴になる可能性があるため、鍼灸治療で自己免疫機能を高めてあげましょう。耳下腺炎に期待できるツボは「翳風(えいふう)」、「手三里(てさんり)」、「大椎(だいつい)」などがあります。

     

    翳風・・・

    耳たぶ後部のくぼみにあるツボ

     

    手三里・・・

    ひじの曲がり角の外側、人さし指に向かって親指の幅2本分の下がったくぼみ

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。下痢体質や肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    【耳下腺炎に期待できる鍼灸治療の効果】

    ウイルス性耳下腺炎の場合、抵抗力を高めることが非常に重要です。抵抗力向上は鍼や灸の得意分野であり、ツボをマッサージすることで耳下腺炎に対抗できる力をつけることができます。顔のむくみや難聴などの耳疾患に効果がある「翳風」、顔の疾患に効果がある「手三里」、自律神経の改善や下熱効果がある「大椎」などをやさしく指圧して、自己免疫の強化を図りましょう。子供はツボが浅いところにあるので軽く押すだけで十分です。

    耳下腺炎のコラム一覧

    8

    全8件中 1件~8件を表示

    投稿日:2019/07/18

    小児の風邪の症例

    こんにちは😃新ノ口駅から徒歩5分で鍼灸接骨院と漢方薬店を営んでる、ぐっさんです。 今日は我が娘の風邪の症例を書きたいと思います。 年齢は2歳です。  金曜日の夕方急に熱があがってきたので、時行寒疫(春分〜秋分までの風邪の症状)でなっていると考えました。通常、こ…

    投稿日:2019/03/04

    小児の風邪の症例

    こんにちは😃新ノ口駅徒歩5分で鍼灸接骨院と漢方薬店を営んでる、ぐっさんです。 今日は愛娘の1歳11ヵ月の風邪の症例を書きたいと思います。 昨日、朝から37.4℃の熱があったので、表を発して熱を下げようと嫁に葛根湯を飲ませて、少し汗をかいたところで、柴胡桂枝湯に変えてと伝えて仕事に…

    投稿日:2019/02/28

    中耳炎のツボ

    中国鍼灸の向山治療院です。   昨日も鍼灸の本を読んでいて気が付いたツボがありました。それは「中耳炎のツボ」です。     なぜ気になったかというと、ぶっちゃけ中耳炎にひかっ方訳ではなく(苦笑)、臨床でよく使うツボに中耳…

    投稿日:2019/01/25

    「ママー、鍼受けに行こうよぉ」

     いつもお読みいただきありがとうございます!超マニアックな鍼好きなお子様♥1週間続いた熱の症状。解熱剤でも下がらない。そして、しびれをきらせたのか?「ママー、鍼、行こうよ」って、「子供の方から、行きたいとせがまれて来ました。」と、ママさん。そして、その日の夜には熱が下がったそ…

    投稿日:2018/10/10

    子供の中耳炎

    【子供の中耳炎】ひまし油を適量とユーカリオイル1~2滴を混ぜて、就寝前に、スポイトで耳の中に入れてください。寝ている間に、耳の中で吸収されます。また、寝ている近くで、ユーカリを香らせてください。

    投稿日:2018/08/16

    耳下腺炎

    耳下腺炎 基本は炎症なんですが、実際は、その前の段階を考えなければなりません。 一番のポイントは、歯に力が入り過ぎている、つまり、常に身体に力が入ってしまって、歯を食いしばってしまう。歯ぎしりもその一つです。 なぜそうなるか?僕のコラムの読者ならお分かりですね。常に身体…

    投稿日:2017/12/25

    コラム73 当院と「ご縁」がある方は幸せ者(その②)・・・野菜嫌いの子供のために買ったビタミン、ミネラル剤にあの放射性物質、セシウム、ストロンチウムの波動が観測されたので皆さん御注意ください!

    佐世保市内の皆様!そして、国民の皆様!お仕事ご苦労様です!今回は、野菜嫌いの4歳の子供さんのために買ったビタミン剤、ミネラル剤にあの放射性物質であるセシウム、ストロンチウム波動が観測されたお話です。  クライアント⇒耳が痛いという7日前から、中耳炎、内耳炎が二ヶ月ぶりに…

    投稿日:2015/12/12

    鍼灸とおたふく風邪

    ムンプスウイルスによるおたふく風邪。医学的な正式名称は流行性耳下腺炎といい、2~3週間の潜伏期ののち、耳の下あたりにある耳下腺がはれて痛む疾患です。治癒後は終生免疫が得られるため、二度と罹らないのが特徴です。 このおたふく風邪、東洋医学では「痄腮(ささい)」と呼ばれ、風熱や熱毒といった体外…

    全8件中 1件~8件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師