鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

小児ぜんそくの鍼灸・針治療法、症状・原因別
の対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 小児ぜんそく

    小児ぜんそくは3歳までの子供に多く発症する病気です。呼吸をするときに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音が聞こえたら、この病気を疑いましょう。小児ぜんそくは大人のぜんそくと異なる点も多いため、小児科医に診てもらうのが一般的です。重度のぜんそくならば専門医の受診が必要ですが、症状が軽度ならば鍼灸治療が効果的です。

     

    【小児ぜんそくの症状】

    小児ぜんそくとは、炎症によって気道の粘膜が傷ついたり、むくんだりした状態です。気道が狭くなって粘液がたくさん出るため、呼吸をするのが苦しくなります。主な症状として、せき・ぜん鳴(ゼーゼー、ヒューヒューといった音が鳴ること)・呼吸困難などが見られます。

     

    【小児ぜんそくの原因】

    小児ぜんそくは、ダニやカビといったハウスダスト、花粉、食物などが原因です。これらのアレルゲンによって気道にアレルギーが起こり、粘膜が炎症することによって発症します。アレルギー体質の子供や虚弱体質の子供に多い病気です。また低温かつ乾燥した空気を吸い込むことで小児ぜんそくが起こる可能性もあります。マラソン大会などでぜんそくの事故が起こるのはこのためです。

     

    【小児ぜんそくの治療法】

    小児ぜんそくの治療法は発作の重要度によって方針が変わりますが、基本的には「発作時の治療」と「発作を起こさないようにする治療」を進めつつ、同時に原因となるアレルゲンを少なくする環境作りが行われます。呼吸困難や苦しそうなせきが続く場合は命に関わるため早期の治療が必要ですが、比較的症状が軽い場合は子供用の鍼や灸などを用いた鍼灸治療が効果的です。小児ぜんそくに期待できるツボには「天突(てんとつ)」、「肺兪(はいゆ)」、「定喘(ていぜん)」などがあります。

     

    天突・・・

    のど元、鎖骨の中間にあるツボ

     

    肺兪・・・

    肩甲骨中央の高さ(第3胸椎あたり)にある背骨をはさんだ両側、親指の幅一本半のところにあるツボ

     

    定喘・・・

    頭を下げたとき、首の後ろで一番出っ張っている骨(第7頚椎)の下側から左右1センチのところにあるツボ

     

    【小児ぜんそくに期待できる鍼灸治療の効果】

    ぜんそくは気道における火事のようなもので、症状が軽いうちに静める必要があります。軽い発作が起こったときは「天突」を苦しくない程度に指圧してあげましょう。気道をゆるめる効果があり、せきを抑えることができます。呼吸器系の機能を整える場合は「肺兪」や「定喘」のツボです。筋肉の緊張をほぐし、胸の苦しさなどを抑える効果があります。また小児ぜんそくの予防としても有効です。

    小児ぜんそくのコラム一覧

    11

    全11件中 1件~10件を表示

    • 1
    • 2

    投稿日:2017/11/02

    小児ぜんそくにお悩みの皆様へ

    自分も小児ぜんそくがありました。小学校から中学校に上がる頃には治りました。専門書の文章ではなく、ぜんそくを持っていた自分の経験から文章を書いてみます。日中と夜間では夜間の方が症状が辛く、発作は夜中に出ることが多いです。就寝の際は上半身を起こした方が呼吸が楽です。ぜんそくの治療は飲み薬や吸入薬(ステロ…

    投稿日:2017/10/05

    小児はりのススメ

    小児喘息、気管支炎、などをお持ちのお子様の親御さんにとってはセンシティヴな季節になりました。1年のうち、喘息に大敵な季節といえば秋・・・そして、春。早いお子さんは、風邪をひきやすいというところから始まって、1歳ころから、喘息の発作が出ておられたのではと思います。小児科受診されて、吸入をしたり、自宅吸…

    投稿日:2017/09/02

    ご家庭で出来る『小児喘息』対処法

    私自身、3歳の頃から小児喘息でした。年に数回の喘息発作。喘息発作が出るたびに、母の自転車の後ろに乗り2駅離れた病院まで連れていってもらったことを覚えています。 吸入、注射(当時は、点滴でなく注射でした)を終えると楽になり家で数日ゆっくりして、回復することを繰り返していました。 今…

    投稿日:2017/08/09

    お金をかけずに楽しく子どものケアをする方法

    これは、鍼灸師の私にとっても大きな課題なのですが子どもは楽しいことはやりたがるけど、怖そうなもの、痛そうなこと、まずそうなものを絶対に受け入れたがらないですよね。子どもだけでなく大人だって嫌です。楽しそうなこと、心地よさそうなこと、おいしそうなものは、大好きです。ですから、小児はりでは、まず、お子さ…

    投稿日:2017/06/06

    大人の方とご一緒のお子さまの小児鍼灸を無料にさせていただきます。

    最近おいでいただく患者様、お子さまをご一緒にお越しいただいております。お母さまの治療中は待合室で遊んだり宿題したり、畳や空いているベットでゴロゴロごろごろ。くつろいでいる姿を見ると、空間造りが間違っていなかったんだと、ちょっとうれしくなったりします。お母さまの治療が終わって、お子さまの治療もさせてい…

    投稿日:2017/01/23

    お灸はご褒美

    写真:現在独立した社会人の次男(現在29歳、当時1歳半;私もまた髪の毛に色があった頃)がお灸してもらう事を志願している所。軽度の喘息あり、お灸すると幾分楽になる事既に悟った。大きくなってもお灸はご褒美だ。「さあ、お灸するよ」といったらちゃんとそれらしくの体勢(江戸時代の民間療法を示す挿絵が思い出す光…

    投稿日:2017/01/13

    喘息・小児喘息は東洋医学の鍼灸治療で根本改善を目指そう!

    東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。 今回は、「喘息・小児喘息は東洋医学で治せる」について解説していきます。 小児喘息、大人の喘息問わず、お悩みの方にはぜひご覧いただきたい内容です。薬に頼らず症状を改善させることが出来れば、嬉しいですよね。 喘息を改善させる東洋医学の鍼灸…

    投稿日:2016/08/29

    小児喘息はもちろんお子さんが一番つらいですが、周りで見られているお父さん、お母さんもお辛いですね。

    小児ぜんそくというと、何がつらいかといいますと夜、息を上手く吸えなくて苦しくて寝られないというのがあると思います。自分も小児ぜんそくでしたのでその本人の気持ちも親御さんの気持ちもわかります。小さいころはずーっと薬を毎日飲んでいましたし、吸入器も使ってました。息を吸うのが辛くて胸や心臓の周辺も痛かった…

    投稿日:2016/06/11

    子どもの症状〜 鼻水 編 〜

    子どもの鼻水について。 免疫力の弱い子どもは、すぐに体調を崩します。その中でも鼻水は、なかなか厄介。 小さな子どもは鼻水を『かむ』ことがまだできないので、鼻水が喉に流れ咳が出ます。 とくに睡眠時は横になっているので、鼻水が喉に行きやすく、咳も出やすくなります。ひどい時は…

    投稿日:2016/01/02

    小児ぜんそくには

    整腸作用の高い、食べ物をよく与えるといいです。また、塩素を除去した、水も効果的です。その上で、必要に応じ薬を使うべきです。薬だけで治らない場合、体内からきれいにする必要があります。薬だけで治っても、この事は大切なことです。お母さんが工夫して、整腸作用の高い食事を心がけてあげて下さいね。小児喘息は、ほ…

    全11件中 1件~10件を表示

    • 1
    • 2

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師