鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

小児ぜんそくの鍼灸・針治療法、症状・原因別
の対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 小児ぜんそく

    小児ぜんそくは3歳までの子供に多く発症する病気です。呼吸をするときに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音が聞こえたら、この病気を疑いましょう。小児ぜんそくは大人のぜんそくと異なる点も多いため、小児科医に診てもらうのが一般的です。重度のぜんそくならば専門医の受診が必要ですが、症状が軽度ならば鍼灸治療が効果的です。

     

    【小児ぜんそくの症状】

    小児ぜんそくとは、炎症によって気道の粘膜が傷ついたり、むくんだりした状態です。気道が狭くなって粘液がたくさん出るため、呼吸をするのが苦しくなります。主な症状として、せき・ぜん鳴(ゼーゼー、ヒューヒューといった音が鳴ること)・呼吸困難などが見られます。

     

    【小児ぜんそくの原因】

    小児ぜんそくは、ダニやカビといったハウスダスト、花粉、食物などが原因です。これらのアレルゲンによって気道にアレルギーが起こり、粘膜が炎症することによって発症します。アレルギー体質の子供や虚弱体質の子供に多い病気です。また低温かつ乾燥した空気を吸い込むことで小児ぜんそくが起こる可能性もあります。マラソン大会などでぜんそくの事故が起こるのはこのためです。

     

    【小児ぜんそくの治療法】

    小児ぜんそくの治療法は発作の重要度によって方針が変わりますが、基本的には「発作時の治療」と「発作を起こさないようにする治療」を進めつつ、同時に原因となるアレルゲンを少なくする環境作りが行われます。呼吸困難や苦しそうなせきが続く場合は命に関わるため早期の治療が必要ですが、比較的症状が軽い場合は子供用の鍼や灸などを用いた鍼灸治療が効果的です。小児ぜんそくに期待できるツボには「天突(てんとつ)」、「肺兪(はいゆ)」、「定喘(ていぜん)」などがあります。

     

    天突・・・

    のど元、鎖骨の中間にあるツボ

     

    肺兪・・・

    肩甲骨中央の高さ(第3胸椎あたり)にある背骨をはさんだ両側、親指の幅一本半のところにあるツボ

     

    定喘・・・

    頭を下げたとき、首の後ろで一番出っ張っている骨(第7頚椎)の下側から左右1センチのところにあるツボ

     

    【小児ぜんそくに期待できる鍼灸治療の効果】

    ぜんそくは気道における火事のようなもので、症状が軽いうちに静める必要があります。軽い発作が起こったときは「天突」を苦しくない程度に指圧してあげましょう。気道をゆるめる効果があり、せきを抑えることができます。呼吸器系の機能を整える場合は「肺兪」や「定喘」のツボです。筋肉の緊張をほぐし、胸の苦しさなどを抑える効果があります。また小児ぜんそくの予防としても有効です。

    小児ぜんそくのコラム一覧

    34

    全34件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/02/12

    喘息、アレルギー性鼻炎など

    いつもお読みいただきありがとうございます!患者様からいただいた声をシェアさせていただきますね。1歳半になるお子様。生後半年ほどシて肺炎に罹患してから「喘息」と診断され、症状がつづいていらしたそうです。あまりステロイドやお薬を多用したくないとのことで、こちらにお見えになりました。施術後、毎日、ママさん…

    投稿日:2019/01/28

    風邪から来る「喘鳴」~いいよし鍼灸接骨院~

    なかなか雨が降らない1月。そのせいか空気が乾燥し、インフルエンザや風邪が流行っております・・・当院にも、お母さんの施術に一緒に来院されたお子さんの「喘鳴」が気になる子がいました。親御さんに話を聞くと「風邪がなかなか治らず、鼻が詰まって苦しそうなんです」とおっしゃっていました。勿論お薬も飲んでるし、耳…

    投稿日:2019/01/28

    喘息と水分

    中国鍼灸の向山治療院です。   中国医学では水分を摂り過ぎると汗や尿で排出されます。しかしそれが上手くできないと体に溜まってしまいます。体に溜まった余分な水分は長く停滞していると「熱」が発生する、と考えます。     余…

    投稿日:2019/01/22

    子供の喘息

    子供の成長は直線的ではない。竹の節みたいに節目がある。例えば、呼吸器は5歳から8歳に育つ。呼吸器が未熟なうちに親が力づくで、強制的に感情を抑えると、子供は喘息になったり、呼吸器の発達を妨げる。 子供の喘息の後ろには、目を三角にした母親がいる。子供は常に母親の顔色を窺っている。 子…

    投稿日:2018/12/12

    風邪の予防

    皆さんこんにちは! インフルエンザが流行ってきていますね...!!札幌市内でも学級閉鎖になっている学校もあるみたいです...。皆さんは風邪の対策にどんなことをされていますか?? ・手洗い、うがい・マスクの着用・食生活など気を付けている事はたくさんあると思います! そんな…

    投稿日:2018/12/07

    意外に多い小児喘息

    小児喘息、意外に多いです。自分も小児喘息を患っていました。小児喘息でも通院での投薬治療で済む場合、入院して療養する場合があったりと重症度は人それぞれです。喘息はアレルギー物質の影響で、気管支に炎症が起き、気管支が浮腫みます。気管支が浮腫むことにより、空気の通り道が狭くなり、息を吸い込んだ時に、ヒュー…

    投稿日:2018/11/24

    心因性ぜんそく

    中国鍼灸の向山治療院です。  ぜんそくは「アレルギーの病気」と思っている方がほとんどだと思います。それは半分正解で半分間違っています。なぜならぜんそくはアレルギー以外の原因でも起こるからです。  中国医学的にもぜんそくはいろんなタイプがある、と考えるのですが、…

    投稿日:2018/11/16

    喘息と痰

    中国鍼灸の向山治療院です。  喘息発作が出る時に「痰」が出る時があります。その場合、黄色の痰か出る場合は体に「熱」がこもっている状態です。白い痰の場合は体が冷えているか体の中の寒熱は正常な状態です。  中国医学で「痰」は「余分な水分が長期に渡り溜まっていて、そ…

    投稿日:2018/11/05

    不思議に多い「●●なときの」子供さんの小児喘息

      いつもお読みいただきありがとうございます!今回は、こんなお話です。これは、実は臨床でよく診られる小児の症例です。小児喘息を訴える女児が増えたときに、ママさんたちに伺ったんですね。「もしかして、近い内に会社に復帰されますか?」ママさんの100%が「Yes!」でした。「どーしてわ…

    投稿日:2018/10/19

    ぜんそくと運動

    中国鍼灸の向山治療院です。  僕は小児喘息でしたが、その当時は「運動すると発作が出るから安静にしてなさい」と言われました。確かに運動しなければ発作は起こりませんでしたが、そうすると数か月、早い時は1か月ごとに大発作が起こりました。  今の病院のぜんそくに対する…

    全34件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師