鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

小児神経症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 小児神経症

    小児神経症とは、夜泣きやけいれんなど子供の異常行動を指したものです。精神も自律神経も未発達な子供はたびたび感情を爆発することがありますが、これらは精神的な要因が深く関わっていると考えられています。東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高まった状態といわれ、これらの治療には鍼や灸が効果的です。

     

    【小児神経症の症状】

    小児神経症の主な症状としては、0~3歳の子供に多い「夜泣き」、大泣きしたあとに呼吸停止したり意識の消失などが見られる「泣き入りけいれん(憤怒けいれん)」、体の一部の筋肉を意味もなく繰り返し動かす「チック」などがあります。小児神経症と似たような症状として、突発的にけいれんが起こる「てんかん」がありますが、これは神経症ではなく、脳細胞の異常な活動によって起こる神経疾患です。

     

    【小児神経症の原因】

    小児神経症は原因不明の場合が多く、精神的なストレスが原因と考えられています。子供は精神的に未発達な状態で、ちょっとしたことでも大きなストレスを抱えてしまいます。特に親子関係は子供の心に大きな影響を与える要因であり、厳しすぎても優しすぎても子供にとってはストレスとなります。無関心であっても同様です。検査をしても子供に異常が見られなかった場合は、子育ての環境に原因があるのかもしれません。

     

    【小児神経症の治療法】

    西洋医学において小児神経症は原因不明な場合が多く、薬物療法はいまだに確立していません。両親へのカウンセリングを行い、子供のストレスをためないようなアドバイスを行うのが一般的です。ストレスを軽減するという点では東洋医学が進んでおり、ツボを刺激することで気の流れを整え、心を落ち着かせることができます。

    小児神経症に期待できるツボは「鳩尾(きゅうび)」、「身柱(しんちゅう)」などがあります。

     

    鳩尾・・・

    胸の中心線にある骨の下側、いわゆる「みぞおち」にあるツボ

     

    いわゆる「みぞおち」の部分で、胸のまん中にある太い骨の下端に取ります

     

    身柱・・・

    背骨の上から三番目にある突起の下にあるツボ

     

    【小児神経症に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高ぶっている状態と考えられています。肝とは栄養を蓄積する「蔵血」と、感情に関係する「気」をつかさどるもので、気を静めるためには鍼や灸による鍼灸治療が効果的です。

    小児神経症、特に夜泣きがひどい子供には「鳩尾」や「身柱」をマッサージしてあげましょう。毎日ツボを刺激してあげることで気の高まりが抑えられ、だんだんと落ち着いてきます。ただし、子供は大人よりも指圧の効果が現れやすいので軽くさする程度で十分です。一日5分程度を目安にツボの周辺を優しくなでてあげてください。

    小児神経症のコラム一覧

    76

    全76件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/06/20

    地震

    恐ろしい出来事に遭遇すると一旦ココロは、その出来事を無かったことにしようとします。恐ろしければ恐ろしいほどそれは深く長く隠されます。 その恐ろしい体験が表に現れるのが「症状」です。症状、はココロが壊れないためのヒトが身につけた機能です。 その時は必ずやって来ます。でも、独りでは立…

    投稿日:2018/06/15

    チック症状を訴えるお子様の多いことには驚きます!

    こちらには「チック症状」を訴えるお子様が急増しています。症状の出方は様々です。特に小学校5年生のご長男くんです。世田谷区という地域は教育熱心な親御さんが多く、中学受験の塾に通い始める頃ですね。ママさんたちと「ガラスのハートの長男くん」と話すのですが、とても繊細なお子様たちなのです。そして、小学校5年…

    投稿日:2018/06/14

    【埼玉・桶川の鍼灸院♪】小児の疳(かん)の虫について

    疳の虫とは、夜泣き・乳吐き・かみつき・不機嫌・奇声などの症状が出ているお子さんのことです。 これは病気でもないですし、お子さんの性格が悪いわけでもなく、お母さんが悪いわけでもありません。 お子さんの脳は毎日成長していて、外から受ける多大なデータを処理しています。そうして言葉・身振…

    投稿日:2018/06/12

    続いていた下痢がピタッと止まったんです!

    「驚きで、パパが『(下のお子さんも)早く連れていけよ~!』って今日来ました。」ということでした。上のお子さんが、下のお子さんが産まれてから体調が思わしくなく、下痢が続き、精神的にも不安定になり、「小児はり」を受けてみようと思ったそうです。まだ精神的不安定は続いているようですが、1回の施術後、下痢がピ…

    投稿日:2018/06/09

    なんとなく元気がない子供③

    昨日の雨から一転、今日は快晴でいかがお過ごしでしょうか?土曜日ですので、お出かけされているかたも多いのかなと思いながら今日も診療に勤しんでおります! では、本題ですが、不機嫌やなんとなく元気がない子供について、今回は2.「食欲、意欲低下系」についてお伝えします。 このタイプに見ら…

    投稿日:2018/06/08

    なんとなく元気がない子供③

    昨日、梅田スカイビルの地下で蛍が見れるということで、ちょっと行ってきました!ただ、着いた時間が21時半ぐらいでポツポツとしか蛍を見つける事ができませんでした。どうやら、蛍の活動時間は20時~21時ぐらいだそうです。10日までしてるそうなので、みなさんもよかったら行ってみてください^^いつの間にか、蛍…

    投稿日:2018/06/07

    夜泣き、かんしゃく・・・ママも泣きたいよ~

    夜泣きに、かんしゃく。。。ほんと、ママも泣きたくなっちゃいますよね。そして、夜泣きが続くと翌日お仕事の在るパパたちも「眠りたい・・・」ってパパまで泣きたくなっちゃいますよね。こちらには、夜泣きがひどい、かんしゃくがひどい、というお子様たちがたくさんいらっしゃいます。中医学では、実はそういうお子様への…

    投稿日:2018/06/06

    なんとなく元気がない子供②

    前回の続きです!なんとなく元気がないパターンを状況別に4パターンご紹介しましたが、今回ひとつひとつ詳しく紹介していきたいと思います。 1.「強く泣く系」・親御さんの感覚では、「ずっと泣いている」「泣き声が大きい」「痛そうに泣いている」「動いたり抱っこしたりすると、すごく泣く」「突然泣き始め…

    投稿日:2018/06/02

    疳の虫(かんのむし・黄昏泣き・たそがれなき)

    最近こどもの患者さんが多いのですが、いわゆる「疳の虫」といわれるものはどういうものか、ご紹介したいと思います。まず、疳の虫ですが、昔の本に載ってるのはおたまじゃくしそっくりです。(笑)こんな感じ。。。画像を載せていいのかちょっとわからないので、今回はイメージで!本名は「疳こう虫」といいます。基本的に…

    投稿日:2018/05/30

    家庭でできる、子どもの健康法スキンタッチ教室

    一般社団法人高知県鍼灸師会は公益事業として、スキンタッチ教室の講師を無料で派遣しています。スキンタッチは子どもの健康法として、小児はりをアレンジしたものです。お母さんやお父さんが気軽にできる、簡単な健康法です。ティースプーンや歯ブラシ、ドライヤーなど、ご自宅にあるものを使って行います。疳の虫や夜泣き…

    全76件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師