鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

小児神経症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 小児神経症

    小児神経症とは、夜泣きやけいれんなど子供の異常行動を指したものです。精神も自律神経も未発達な子供はたびたび感情を爆発することがありますが、これらは精神的な要因が深く関わっていると考えられています。東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高まった状態といわれ、これらの治療には鍼や灸が効果的です。

     

    【小児神経症の症状】

    小児神経症の主な症状としては、0~3歳の子供に多い「夜泣き」、大泣きしたあとに呼吸停止したり意識の消失などが見られる「泣き入りけいれん(憤怒けいれん)」、体の一部の筋肉を意味もなく繰り返し動かす「チック」などがあります。小児神経症と似たような症状として、突発的にけいれんが起こる「てんかん」がありますが、これは神経症ではなく、脳細胞の異常な活動によって起こる神経疾患です。

     

    【小児神経症の原因】

    小児神経症は原因不明の場合が多く、精神的なストレスが原因と考えられています。子供は精神的に未発達な状態で、ちょっとしたことでも大きなストレスを抱えてしまいます。特に親子関係は子供の心に大きな影響を与える要因であり、厳しすぎても優しすぎても子供にとってはストレスとなります。無関心であっても同様です。検査をしても子供に異常が見られなかった場合は、子育ての環境に原因があるのかもしれません。

     

    【小児神経症の治療法】

    西洋医学において小児神経症は原因不明な場合が多く、薬物療法はいまだに確立していません。両親へのカウンセリングを行い、子供のストレスをためないようなアドバイスを行うのが一般的です。ストレスを軽減するという点では東洋医学が進んでおり、ツボを刺激することで気の流れを整え、心を落ち着かせることができます。

    小児神経症に期待できるツボは「鳩尾(きゅうび)」、「身柱(しんちゅう)」などがあります。

     

    鳩尾・・・

    胸の中心線にある骨の下側、いわゆる「みぞおち」にあるツボ

     

    いわゆる「みぞおち」の部分で、胸のまん中にある太い骨の下端に取ります

     

    身柱・・・

    背骨の上から三番目にある突起の下にあるツボ

     

    【小児神経症に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高ぶっている状態と考えられています。肝とは栄養を蓄積する「蔵血」と、感情に関係する「気」をつかさどるもので、気を静めるためには鍼や灸による鍼灸治療が効果的です。

    小児神経症、特に夜泣きがひどい子供には「鳩尾」や「身柱」をマッサージしてあげましょう。毎日ツボを刺激してあげることで気の高まりが抑えられ、だんだんと落ち着いてきます。ただし、子供は大人よりも指圧の効果が現れやすいので軽くさする程度で十分です。一日5分程度を目安にツボの周辺を優しくなでてあげてください。

    小児神経症のコラム一覧

    93

    全93件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/09/17

    子供の症状/大人の症状 その11

    「孤独」より「孤独感」の方がよりしっくりきます。「独りで居る」事は、積極性が感じられる場合もありますが、「寂しさ」には、ただ襲われるばかりです。 形、の有るモノを避けることは(比較的)簡単ですが、ココロに忍び込んで(/生まれて)冒してくる、モノをコントロールするのは難しいものです。&nbs…

    投稿日:2018/09/08

    夜泣き かんむし

    こんにちわ。 南河内の女性専用COCO鍼灸院エステサロンの鍼灸師・セラピストのここちゃんです。 先日の台風21号には今までに経験したことのない激しさでした。自然の脅威を感じたのもつかの間、北海道の地震。被災された方にお見舞い申し上げます。 この数日、台風の影響で気圧が不…

    投稿日:2018/09/06

    刺さない!痛くない!「小児はり」ってどんなはり?

    「小児はり」ってご存知ですか?言葉は聞いたことがあっても、実際に見たことがある方はまだまだ少ないかもしれません。 「え!子どもにハリを刺すの?」「痛くないの?」こんなお声もよく聞きます。でも心配はいりません! 鍼と言っても小児はりでは、皮膚に直接刺すことはありません。お肌を軽くな…

    投稿日:2018/09/05

    子供の症状/大人の症状 その10

    災害が人間に与える影響は、予測が可能であっても、コントロール、は難しいものです。 物理(外部)的に、財産が失われ、たり、身体が傷つけられ、たり、生活を支えるインフラが機能を停止し、たり、生命が失われ、たり。 そしてココロ(内部)も傷つけられます。 外部、と、内部、のソレ…

    投稿日:2018/09/04

    お子さんのヒステリーで悩んでるご両親へ

     我が子に手を焼かない親御さんなんてこの世にいないと思います。それでも・・・「どうしてウチの子は少し注意しただけでキーキー言うのだろう?」「なんでこんなに光や音に対して敏感なの?」「ご飯を全然食べてくれない。」など、毎日それが気にかかってストレスになってらっしゃる方は、つい子供に怒ってしま…

    投稿日:2018/08/31

    子供の症状/大人の症状 その9

    ココロのダメージの原因(喜怒哀楽など)のことを中医学では、「内因」、と云います(外からやって来る原因は、外因、です)。 子供がハサミを持って走り回っている時、瞬間的に、「コラーッ!ハサミを持って走り回るなアッ!危ないやろ!」と、怒鳴るなのは、アッパー系内因「怒」、辺りでしょうか。 …

    投稿日:2018/08/27

    子供の症状/大人の症状 その8

    小さい子供は、放っておくと、いつまでも夢中で遊び続けたり、学校や幼稚園に行く時刻になっても(大人から見れば)ぐずぐずとしていたり、と、イライラさせてくれるのに十分過ぎる生態です。 何故でしょう? 子供は、大人が持っているような時間の感覚が薄いようです。 彼らは(悪気があ…

    投稿日:2018/08/23

    【患者様の声】お子様のチックと下痢

    いつもお読みいただきありがとうございます♥ママさんからご連絡をいただきました。お二人とも1回の小児はりの施術でした!早くてびっくりです!*ただし、全てのお子様がこのように改善されるという保証はございません。この度の豪雨で被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。最後までお読みいた…

    投稿日:2018/08/16

    子供の症状/大人の症状 その4

    「水は低きに流れる」 人は安易な方に行きがち、の例えですが、水もいつまでも、水、で、あり続けることはないでしょう(この私たちの世界では)。 0度以下に進んで行けば、氷になるし、100度を超えて行けば、水蒸気になります。 水も気体になれば、上、に上がります。気体の水は空で…

    投稿日:2018/08/11

    子供の症状/大人の症状 その3

    すべての人間関係が上手くいく事は望んでも叶わないでしょう。世の常です。 親子、も決して特別な関係では無く、人間関係である以上、良い関係、もあれば、そうで無いこともあります。 良い子育てをする事、と、良い親である事、は同じではありません。 良い親、ほど子供にとって迷惑なも…

    全93件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師