鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

小児神経症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • お子様のお悩み
  • 小児神経症

    小児神経症とは、夜泣きやけいれんなど子供の異常行動を指したものです。精神も自律神経も未発達な子供はたびたび感情を爆発することがありますが、これらは精神的な要因が深く関わっていると考えられています。東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高まった状態といわれ、これらの治療には鍼や灸が効果的です。

     

    【小児神経症の症状】

    小児神経症の主な症状としては、0~3歳の子供に多い「夜泣き」、大泣きしたあとに呼吸停止したり意識の消失などが見られる「泣き入りけいれん(憤怒けいれん)」、体の一部の筋肉を意味もなく繰り返し動かす「チック」などがあります。小児神経症と似たような症状として、突発的にけいれんが起こる「てんかん」がありますが、これは神経症ではなく、脳細胞の異常な活動によって起こる神経疾患です。

     

    【小児神経症の原因】

    小児神経症は原因不明の場合が多く、精神的なストレスが原因と考えられています。子供は精神的に未発達な状態で、ちょっとしたことでも大きなストレスを抱えてしまいます。特に親子関係は子供の心に大きな影響を与える要因であり、厳しすぎても優しすぎても子供にとってはストレスとなります。無関心であっても同様です。検査をしても子供に異常が見られなかった場合は、子育ての環境に原因があるのかもしれません。

     

    【小児神経症の治療法】

    西洋医学において小児神経症は原因不明な場合が多く、薬物療法はいまだに確立していません。両親へのカウンセリングを行い、子供のストレスをためないようなアドバイスを行うのが一般的です。ストレスを軽減するという点では東洋医学が進んでおり、ツボを刺激することで気の流れを整え、心を落ち着かせることができます。

    小児神経症に期待できるツボは「鳩尾(きゅうび)」、「身柱(しんちゅう)」などがあります。

     

    鳩尾・・・

    胸の中心線にある骨の下側、いわゆる「みぞおち」にあるツボ

     

    いわゆる「みぞおち」の部分で、胸のまん中にある太い骨の下端に取ります

     

    身柱・・・

    背骨の上から三番目にある突起の下にあるツボ

     

    【小児神経症に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において小児神経症は「肝」の気が高ぶっている状態と考えられています。肝とは栄養を蓄積する「蔵血」と、感情に関係する「気」をつかさどるもので、気を静めるためには鍼や灸による鍼灸治療が効果的です。

    小児神経症、特に夜泣きがひどい子供には「鳩尾」や「身柱」をマッサージしてあげましょう。毎日ツボを刺激してあげることで気の高まりが抑えられ、だんだんと落ち着いてきます。ただし、子供は大人よりも指圧の効果が現れやすいので軽くさする程度で十分です。一日5分程度を目安にツボの周辺を優しくなでてあげてください。

    小児神経症のコラム一覧

    100

    全100件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/05/10

    人一倍敏感な子

    こんにちは。スタッフの岡田です。今年のGWはすごかったですね(^^)/元号が変わったり、またとない長い連休…。皆様はいかがお過ごしでしたか?さて、突然ですが、“HSC”というワード、なんだかご存知ですか?(*´ο`*)HSC=High…

    投稿日:2019/05/02

    チック症の子どもたち

    いつもお読みいただきありがとうございます!最近急増中の「発達障害」「小児神経症」を訴えるお子様たち。症状は様々です。5年前、チック症を抱えていらっしゃったお子様が、先日、大学に入学された!とのこと。こちらにいらした当時は「人前に出るのが怖い・嫌い」なお子様でした。ですが、大学受験でもあがることなく、…

    投稿日:2019/04/12

    ピタリと止まった下痢

    いつもお読みいただきありがとうございます!「驚きで、パパが『(下のお子さんも)早く連れていけよ~!』ということで伺いました!」と、お見えになったママさん。上のお子さんが、下のお子さんが産まれてから体調が思わしくなく、下痢が続き、精神的にも不安定になり、「小児はり」を受けてみようと思ったそうです。まだ…

    投稿日:2019/03/21

    夜泣き、かんのむし

    六花鍼灸整骨院では産前・産後のケアを大切にしております。それと共に、お子さまのケアも大切になってきます。 せっかく骨盤矯正やボディケアをしたのに、お子様と一緒に休めないと効果を実感しにくいと思います。 今回は「夜泣き、かんのむし」を意識して、ベビーマッサージでスキンシップをとって…

    投稿日:2019/03/20

    春だからこそ

     こんにちは!20日コラム担当の油谷です   今日3月20日は【国際幸福デー】です(^^♪   物質的な経済成長ではなく、人類の持続可能な発展、貧困撲滅、幸福の追求のためには、より公平でバランスのとれた成長が必要だとブータンの提唱…

    投稿日:2019/02/23

    チック症を抱える子どもたち

    いつもお読みいただきありがとうございます!「チック症」症状の出方もそれぞれのようです。実は芸能人でも「ビートたけしさん」の首を「くっ、くっ」と動かす様、元都知事の石原氏の目をしばしばさせる様は「チック症状」と言われていました。さて、こちらには「チック症状」を訴えるお子様がいらっしゃいます。もちろん、…

    投稿日:2019/02/20

    3歳の女の子Yちゃん

     王寺風胤堂初コラム担当の油谷です^^ これから毎月10日20日30日にスタッフが順番で書いていきたいと思います。 東洋医学の考え方や、養生の方法、など日常をおりまぜながら少しでも鍼灸を身近に感じてくださると嬉しいです。    &…

    投稿日:2019/01/19

    気のつながり。

    夜泣き・疳の虫・お腹の愁訴…など乳幼児〜小児のお子さんにはいろんな症状が起こります。親御さん、とくにお母さんは妊娠・出産から立て続けに大変な時期を頑張らなければなりません。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーお母さんのお腹から産まれて赤ちゃんのうちは、身体は自分で呼吸をしてお…

    投稿日:2018/11/06

    夜泣き、疳の虫

    こんにちは!からだ元気西荻院です(^^)/~~いよいよ秋冬の到来ですね。朝晩は気温が低く、お布団を出された方も多いのではないでしょうか?足の冷えにはお灸や足湯などがおススメです☆ 夜は眠れてますでしょうか?お子さんの夜泣き(かんのむし)には、良いツボがあります。背中の上のあたりをやさしくさ…

    投稿日:2018/10/26

    はり 施術方法 ~小児鍼~

    こんにちは! JR中央・総武線東船橋駅から徒歩1分のところにありますミライエ鍼灸整骨院です。  今回からは「はり」の施術方法、種類について説明していきます。全ては紹介しきれないので、一般的なもの、当院でも行っているものを中心にご紹介していきます。 ・小児鍼(刺…

    全100件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師