鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

アレルギーの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • アレルギー

    現在、日本人の約半数が何らかのアレルギーを持っているといわれています。厚生労働省の資料(『アレルギー疾患対策の方向性等』)によれば、気管支ぜんそくは約800万人、花粉症を含むアレルギー性鼻炎は国民の4割以上、アトピー性皮膚炎は約1割に上るそうです。まさに「国民病」と呼べるアレルギーですが、東洋医学では症状を抑えるだけでなく、原因の根本から治療することを目的としています。

     

    【アレルギーの症状】

    アレルギーの主な症状には皮膚の乾燥、かゆみ、じんましん、発疹、くしゃみ、せき、呼吸困難、唇・口の中・まぶたの腫れ、腹痛、吐き気などがあります。

     

    【アレルギーの原因】

    アレルギーとは異物を吸い込んだり、寒暖差、水、日光、運動などの刺激を受けたりすることによって、体が強いアレルギー反応を起こしている状態です。原因物質(異物)には薬や食物など症状によってさまざまなものがあります。

     

    アレルギー性鼻炎だと花粉、ハウスダスト、ダニなどを吸い込むことにより、アレルギー反応が起こります。発疹やじんましんは皮膚への直接の刺激のほかに、食べ物や薬の副作用、心身の疲労、日光や寒暖差などが原因です。食物アレルギーは鶏卵、牛乳、小麦が多く、この3つの食物は「3大アレルゲン」と呼ばれています。

     

    【アレルギーの治療法】

    東洋医学では症状を抑えることはもちろん、過度なアレルギー反応を起こさないように体質を改善する鍼灸治療が行われています。アレルギーへの効果が期待できるツボは、「天柱(てんちゅう)」、「大椎(だいつい)」、「曲池(きょくち)」、「水分(すいぶん)」などです。

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。下痢体質や肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    曲池・・・

    ひじを曲げたときの横じわから親指側の端にあるツボ

     

    水分・・・

    体の中心線上で、おへそから親指の幅1本分上にあるツボ

     

    【アレルギーに期待できる鍼灸治療の効果】

    大椎はアレルギー全般に効くツボです。天柱は鼻の症状、頭痛、肩こりなどに効果があります。アトピー性鼻炎など皮膚に炎症が見られる場合は曲池を刺激します。曲池には熱を冷まし、皮膚や粘膜のかゆみを抑える効果があります。水分はからだの内部から皮膚の状態を改善するツボです。全身の水(すい)の巡りをよくする効果があります。

     

     

    アレルギーのコラム一覧

    158

    全158件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/09/15

    神戸市北区。「北区のじかん」に掲載されました。

    今月9月号のタウン誌「北区のじかん」に当院が掲載されました!ぜひ、ご覧くださいませ。ちなみに当院は「はり・きゅう・小児はり」労災・交通事故自賠責指定。「安心・清潔・安全」な鍼灸専門院です。止痛第一・除痛脱苦を理念とする鍼灸専門院晴香堂(せいかどう)針灸院〒651-1132神戸市北区南五葉2-3-20…

    投稿日:2017/09/03

    冷たい飲み物を控えましょう

    昨夜の夫婦でのウォーキングは、風が強く、昼のむし暑さはどこへやら。  月の光を感じながら寛ぐ地域猫たちを横目に心地よい運動でした。  そろそろ冷たい飲み物や食べ物をやめないと、低体温になり、腸内が荒れ模様になり、鼻炎などのアレルギーがおこる季節です。 …

    投稿日:2017/09/02

    金属アレルギーの方へ

    こんにちは。東京都足立区で鍼でお身体のサポートをしております、ローズの花鍼灸・整骨院の鍼灸師の菊池です。本日は金属アレルギーについて書いていきたいと思います。金属アレルギーとはイオン化した金属が身体に入ることで身体の免疫機能が有害物質だと判断し、反応を起こしてしまうものです。イオン化とは簡単に言うと…

    投稿日:2017/08/30

    腸内環境とアレルギーについて

     腸内環境とアレルギーの関係は切っても切れない水魚の交わりようなものです。 よく噛んで食べない人や、早食いの子供、食事が遅い時間の方は要注意。まずアレルギーになりやすい生活習慣です。 食べ物が口の中でしっかり咀嚼されていないと、未消化のままの食べ物が腸に運ばれます。&n…

    投稿日:2017/08/19

    福岡伸一さんに教えてもらう花粉症との付き合い方

      花粉症が年々ひどくなっていると感じていらっしゃる方、福岡伸一ハカセがその仕組みについて教えてくださいましたので、ご紹介します。 生物学者の福岡伸一さんは、近著*で、西洋医学の治療法について「その治療法は最終的には生命にリベンジされてしまうから、花粉症とは騙し騙し付き…

    投稿日:2017/08/05

    アレルギーについて⑥

    こんにちは。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院のスタッフの今西と申します。 今回は、アレルギーについておまけのお話をします。 第4回で活性酸素のお話をしました。活性酸素が過剰になると、アレルギー症状が強くなるので、活性酸素を作らない生活と増えすぎた活性酸素を除去することが大切というお話でし…

    投稿日:2017/08/05

    アレルギーについて⑤

    こんにちは。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院のスタッフの今西と申します。アレルギーの第5回目のお話は当院のアレルギー治療についてです。 一般的な治療方法として、診療ガイドラインには①原因となるアレルゲンからの回避・除去②減感作療法③薬物療法と記載されているとお話ししました。 当院のアレル…

    投稿日:2017/08/05

    アレルギーに関して

    新潟市中央区の新潟施楽院です。長野式臨床研究会に所属しております。免疫に関して重点に置いているのは、骨髄と腸管免疫です。免疫細胞は骨髄の造血幹細胞で作られています。腸管にも免疫細胞が多く存在しています。腸内環境とか腸内フローラなどよく耳にしますね。鍼灸においては特に「腎」「脾」を基盤として治療を組み…

    投稿日:2017/08/04

    アレルギーについて④

    こんにちは。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院のスタッフの今西と申します。アレルギーの第4回目のお話はアレルギー疾患と活性酸素についてお話しします。  活性酸素と聞くと、体に良くないイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし、活性酸素は本来体にとって必要なものなのです。 活性酸…

    投稿日:2017/07/29

    アレルギーについて③

    こんにちは。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院のスタッフの今西と申します。アレルギーの第3回目のお話は一般的なアレルギー疾患の治療についてです。 日本におけるアレルギー疾患での治療方法は①原因となるアレルゲンからの回避・除去②減感作療法(抗原特異的免疫療法)③薬物療法ということがガイドラインに記され…

    全158件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師