鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

麻痺の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 麻痺

    麻痺とは、身体の特定の部分に力が入らない・動かすことができない・しびれて感覚が鈍いなどの状態を指します。

    西洋医学では運動神経の障害による「運動麻痺」、感覚神経の障害による「感覚麻痺(知覚麻痺)」に分類され、また、運動麻痺は

     

    ・単麻痺(上下肢のうち一肢だけに麻痺がある

    ・片麻痺(体の左右どちらかの上下肢に麻痺がある

    ・対麻痺(両下肢の麻痺)

    ・四肢麻痺(四肢すべての麻痺)

    に分類されます。

     

    重度の麻痺は脳や脊髄の病気(脳血管障害など)である可能性が高いため、医師にかかる必要があります。ここでは私たちが日常で遭遇する可能性の高い手足のしびれや神経痛など、軽度の麻痺を中心に説明していきます。

     

    【麻痺の症状】

    手や足などに痛みをともなうしびれが走り、思うように動かせない。力が入らない。足から腰にかけてしびれが走り、痛くて座ることができない。腕があがらないなど。

     

    【麻痺の原因】

    脳や脊椎に異常がある場合を除いて、麻痺・しびれの原因は主に末梢神経のトラブルや筋肉の冷え・疲労・圧迫・神経痛などが考えられます。なんらかの原因によって筋肉の緊張が続くと神経が圧迫され、周辺に炎症がおきます。これがしびれ・痛みの主な原因です。

     

    また腰から足にかけてのしびれや痛みは座骨神経痛のおそれがあります。なお、椎間板へルニアなども同様の症状を示す場合があります。

     

    【麻痺の治療法】

    麻痺に対するセルフケアの方法としては、患部を温める(冷やさない)、患部の周辺を自分でマッサージするなどの方法があります。ただしヘルニアの場合は我流のマッサージは症状を悪化させる危険があるため、医師の診断に基づく施術が必要になります。

     

    鍼灸治療では、鍼や灸の刺激により患部の血行を促進し、血液量を増加することで筋肉の緊張を解きます。

     

    上肢の麻痺・しびれでは「手三里(てさんり)」、「臂臑(ひじゅ)」、「郄門(げきもん)」などを中心に刺激し、下肢の麻痺・しびれでは「三焦兪(さんしょうゆ)」、「腎兪(じんゆ)」、「志室(ししつ)」などを刺激していきます。

     

    手三里・・・

    手の甲を上にした状態で腕を曲げ、腕関節にできるしわから指3本分のところにあるツボ

     

    臂臑・・・

    ひじの外側(曲池)から指7本分上がった三角筋の全部のへりにあるツボ

     

    郄門・・・

    手首の関節の手のひら側にある横じわの中央から親指の幅5本分上方にあるツボ

     

    三焦兪・・・

    腰の中央、第1腰椎をはさんで左右に指2本分離れたあたりにあるツボ

     

    腎兪・・・

    肋骨の一番下の高さにある背骨をはさんだ両側、左右親指の幅1本半のところにあるツボ

     

    志室・・・

    おへその裏側、背骨の出っぱり部分から親指の幅4本分外側にあるツボ

     

    【麻痺に期待できる鍼灸治療の効果】

    筋肉の緊張をほぐすことによって神経の圧迫を解き、しびれや痛みを緩和します。また同時に全身の気の流れをよくして体のバランスを整え、自然治癒力を高めます。

    麻痺のコラム一覧

    25

    全25件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/16

    パーキンソン病の鍼灸治療

    パーキンソン病の方は、脳の神経伝達物質が少なくなる病気で歩行障害以外にも二次的に様々な症状が出現する パーキンソン病の方は、前傾姿勢になりやすい傾向がある首の裏の『大椎』に鍼をすると、前屈が楽になる昨日、試しにちょっと太めの鍼でこの大椎にそして、後ろの流れを良くするツボ『後谿』と『申脈』の…

    投稿日:2017/11/12

    パーキンソン病のジスキネジアに

     何の科学的根拠もないけれどこんなことがあったということを パーキンソン病の方薬を変更したら、ジスキネジアが出てと治療中片足が震えてて薬の作用機序が違う薬がたくさんあって、選択が難しいところ ふと、医療用アロマオイルラベンダーが筋の緊張や痙攣にいいとあったのでココナッツ…

    投稿日:2017/11/06

    麻痺とは?

    麻痺という言葉を普段使うことはありますか?金銭感覚が麻痺する、事故で交通が麻痺する、このように使われることがあると思います。この場合は機能していたものが機能しなくなることを意味していますね。医学的な麻痺は手足の機能が低下、あるいは欠損した状態を指します。手足を動かせない運動麻痺、感覚がなくなってしま…

    投稿日:2017/10/23

    コラム⑨ 手足腕のしびれ・・・おまかせ ください!

    患者さん⇒T子さん60代女性主訴⇒右手のしびれ、身体がふらつく、左肩が痛い、新聞やテレビを長く観る事ができない当院へご来院の経緯・・・Nさんからのご紹介Nさんは70代後半男性、私辻と同じ町内に住んでおられます。このNさん数年前に年の瀬12月29日心筋梗塞になり・・・たから国際鍼灸…

    投稿日:2017/09/27

    難病などの疾患にも改善

    YNSA(山元式新頭鍼療法)をご存知ですか?従来の鍼灸治療より、特に難病に対しての効果はすごいです。肩こり・腰痛などの症状はもちろん。パーキンソン病・片麻痺などの改善しにくい病気でも鍼をしたその場で改善が分かります。 例えば、片麻痺治療。古典的な治療(中風七穴)治療は効果がありました。しか…

    投稿日:2017/07/05

    中国国医大師石学敏院士公認日本継承治療室桂林堂

    中国国医大師石学敏院士公認日本継承治療室桂林堂】  今年の四月に昨年日本全国鍼灸師国家試験で5000人中1位を獲得した実績で中国で中国工程院院士と国医大師の両方持ち唯一中国鍼灸第一人石学敏恩師から国医大師石学敏院士日本継承治療室を公認されました。これからもっと恩師の中国最高技術を…

    投稿日:2017/06/19

    脳血管障害による片麻痺でお悩みの方に

    こんにちは。康祐堂あけぼの漢方鍼灸院のスタッフの今西と申します。先日、テレビ番組で、回復期リハビリテーション専門病院の放送を見ました。発症して1〜2ヶ月の方が約2ヶ月間の入院リハビリで、車いすの生活から歩けるようになった様子が放送されて、表情の変化がとても印象的でした。 当院では脳血管障害…

    投稿日:2017/04/21

    腎不全に対する漢方

    今日は最近特に勉強している。朮附湯(じゅつぶとう)について書きたいと思います。この処方か記載されているのが、金匱要略の中風歷節病(ちゅうふうれきせつびょう)にあります。條文の内容は、近効方朮附湯治風虛頭眩苦極不知食味暖肌中益精氣朮附湯方白朮ニ兩附子一枚半炮去皮甘草一兩炙右三味剉每五錢匕薑五片棗一枚水…

    投稿日:2017/04/03

    東洋医学における脳梗塞の考え方

    今日は最近特に勉強している。朮附湯(じゅつぶとう)について書きたいと思います。 この処方か記載されているのが、金匱要略の中風歷節病(ちゅうふうれきせつびょう)にあります。 條文の内容は、近効方朮附湯治風虛頭眩苦極不知食味暖肌中益精氣朮附湯方白朮ニ兩附子一枚半炮去皮甘草一兩炙右三味…

    投稿日:2017/03/29

    その症状、天候のせいかもしれません!

    今回のお話しは東洋医学でいうところの、湿気の影響で起こる症状の一例です。湿病《実例》・脳血管障害後遺症・痛みを持っている人・メンタル科(うつ)・疲れ・喘息患者・浮腫み・傷口、化膿・熱の下がり・露店商-痛みがでる方・石ブームで毎日の如く川へ・てんかん発作・雨に当たって-めまい・冷蔵庫に入る仕事・寒風の…

    全25件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師