鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

不眠の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 不眠

    ひと言で不眠といっても、なかなか寝付けないタイプや、夜中に何度も目が覚めてしまうタイプ、早朝に起きてしまってから眠れないタイプなどさまざまな悩みがあります。東洋医学においては「心」が弱っている状態です。

     

    【不眠の症状】

    不眠の主な症状としては、寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚めるなどがあります。これらの症状が頻繁に生じると、疲労・頭痛・動悸・微熱・鼻血・肩こり・めまいといった症状がみられるようになります。またイライラ・不安感・焦燥感・うつなど精神的な症状も出ることがあります。

     

    【不眠の原因】

    不眠は、自律神経の乱れが主な原因です。ストレス反応を起こした状態で寝ても脳は興奮状態にあるため、眠りが浅くなってしまいます。また「早く寝ないとあしたに支障が出てしまう」などと強迫観念を持つことでかえって寝られなくなってしまうケースもあります。

     

    【不眠の治療法】

    不眠の場合、まずは自律神経のバランスを整えることが重要です。自律神経のバランスが正常になれば、リラックスをしたときに活発化する副交感神経が優位に働き、ぐっすりと眠れるようになります。不眠に期待できるツボは「失眠(しつみん)」、「神門(しんもん)」、「内関(ないかん)」、「百会(ひゃくえ)」などがあります。

     

    失眠・・・

    足の裏、かかとの真ん中にあるツボ

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    内関・・・

    手首の付け根の中央から指2本分ひじ側にあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    【不眠に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において、寝つきが悪い場合は「心(しん)」が弱っていると考えられています。心とは全身に血液を送り出すだけではなく、精神にも強く作用しており、不眠のほかにも手足がほてったり、感情の起伏が激しくなるなど、さまざまなトラブルにつながります。西洋医学では睡眠薬などの薬によって眠気を誘発させますが、依存性が強いというリスクがあり、体が睡眠薬に慣れてしまうと今度は睡眠薬がなければ眠れない体になってしまいます。薬に頼らない生活にするためにも、まずは心身のバランスを整えましょう。

    不眠の原因であるストレスは、鍼灸治療によって緩和可能です。鍼や灸による鍼灸治療で自律神経のバランスを整えつつ、マッサージのリラックス効果によって眠りの質を高めます。

    セルフケアする場合、おすすめのツボは「失眠」です。失眠とは中国語で不眠という意味で、神経を穏やかにする効果があるといわれています。いすに座って、片方の手でしっかりと固定しながらこぶしで軽くたたくようにしてマッサージしましょう。

     また、食生活の乱れでも起こりやすくなるため、規則的な食事や、食事内容の見直しをしましょう。

    不眠のコラム一覧

    487

    全487件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/10/22

    不眠症の原因となっているのは・・・

    みなさんこんばんは小岩はりきゅうスタジオHOPEです。朝晩の冷え込みが強くなっていますね。身体の冷えが強くなることで新たな症状が現れることがありますので、温めることするなどご注意ください。  さて~今日のテーマは『不眠症の原因になっているのは・・・』です。  …

    投稿日:2018/10/22

    寝ることが全身の良い薬になる?

    眠りは身体の疲れを回復するだけでなく、記憶や思考などの脳の働きや寝ている間にさまざまなホルモンの分泌をし、身体が正常に働くための調節を行なったりと生きるために必要不可欠なものです。一般的に1日7時間程度の睡眠時間が健康に役立つといわれています。寝不足の状態では、判断力や集中力も低下してしまうのでしっ…

    投稿日:2018/10/19

    秋の身体の支障は寝不足が原因??対策は??

    🌈こんにちは、にじいろ整骨院です🌈 すっかり秋の季節に入って朝・夜も冷え込んできましたが、体調管理は出来ていますか?? 特に睡眠!! この時期は体温管理が難しくて睡眠が浅くなり身体に様々な症状を起こしやすくなります💦例えば、この時期はぎっくり腰や寝違えなど急な痛みが起こ…

    投稿日:2018/10/19

    効果的な眠りについて。

    人生のおよそ1/3は眠っているわけですね。来院される方々は、比較的健康に対する意識が高く睡眠についても枕など寝具に気を使っていらっしゃるようです。ただ、睡眠そのものについては漠然としていて眠りが浅かったり夢見が多かったり、夜中に目が覚めてしまったりと睡眠の質の改善はなかなか難しいと言うお話を聞きます…

    投稿日:2018/10/16

    目指そう!素肌美人★睡眠編~その①

    こんにちは!博多さなえ鍼灸院博多本院です。先日あるお客様に言われました「美人の条件は美肌であること」となるほどなるほど。確かに肌が綺麗な人はそれだけで人目を惹きますし、魅力的です。試しに「美肌」と検索してみると70,400,000件もヒットしました。それだけ皆さん、美肌に興味津々なのでしょう。美肌の…

    投稿日:2018/10/15

    横向きに寝るとよく眠れる

      不眠について東洋医学的に考察した本を以前所属していた勉強会の先生が出版しました。 『江戸の快眠法』という本ですが、『病家須知』や『養生訓』などの古典を現代向けにうまくまとめています。 皮膚体温と深部体温の関係が入眠と関係していることをポイントとして、陰虚に…

    投稿日:2018/10/15

    良質な睡眠とは!?

    春日部市。岩槻区の皆様へ今回は睡眠についてのお話しをします。最近夜が涼しくなってきましたが、なかなか寝付けない、寝ても同じような時間に起きてしまう、朝までぐっすり眠れないなどお困りの方はいらっしゃいませんか? 不眠症の原因は2つあります。1自律神経の乱れ交感神経と副交感神経を上手く切り替え…

    投稿日:2018/10/15

    不眠症でお困りの方へ

    最近、なかなか寝付けない、寝てもすぐに目がすぐに覚めてしまうなどこのような症状にお悩みをお持ちでないでしょうか?不眠症により一日気分が上がらずに終わってしまうのは、嫌ですね。不眠症の解決策は、なぜ不眠症になってしまったのかその原因を突き止めてその原因を解決していくことが重要です。まずは、自分がどのよ…

    投稿日:2018/10/13

    むずむず脚症候群による不眠症。

    こんにちは!さとふ鍼灸接骨院の院長、佐藤です! 今回は不眠症についてコラムを書きたいと思います。 不眠症とは言っても、症状の出方は様々あります。 ・なかなか寝付けないタイプの不眠症。・途中で起きてしまい、その後寝付けなくなってしまうタイプの不眠症。・眠れはするが、夢をず…

    投稿日:2018/10/12

    ぐっすり眠れるツボと呼吸法

    不眠に悩まされてる方も多いですが、ツボ刺激や呼吸により,自律神経を落ち着かせる事ができます。まず、前提条件として、布団に入る2時間前の生活が大事です。まず、大切なこと=光を見ない、強い光は脳を覚醒させます。蛍光灯の下で読書、近くでテレビ見るなどはNG。最近多いのが布団の中でスマホ、これ、最悪です。脳…

    全487件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師