鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

不眠の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 不眠

    ひと言で不眠といっても、なかなか寝付けないタイプや、夜中に何度も目が覚めてしまうタイプ、早朝に起きてしまってから眠れないタイプなどさまざまな悩みがあります。東洋医学においては「心」が弱っている状態です。

     

    【不眠の症状】

    不眠の主な症状としては、寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚めるなどがあります。これらの症状が頻繁に生じると、疲労・頭痛・動悸・微熱・鼻血・肩こり・めまいといった症状がみられるようになります。またイライラ・不安感・焦燥感・うつなど精神的な症状も出ることがあります。

     

    【不眠の原因】

    不眠は、自律神経の乱れが主な原因です。ストレス反応を起こした状態で寝ても脳は興奮状態にあるため、眠りが浅くなってしまいます。また「早く寝ないとあしたに支障が出てしまう」などと強迫観念を持つことでかえって寝られなくなってしまうケースもあります。

     

    【不眠の治療法】

    不眠の場合、まずは自律神経のバランスを整えることが重要です。自律神経のバランスが正常になれば、リラックスをしたときに活発化する副交感神経が優位に働き、ぐっすりと眠れるようになります。不眠に期待できるツボは「失眠(しつみん)」、「神門(しんもん)」、「内関(ないかん)」、「百会(ひゃくえ)」などがあります。

     

    失眠・・・

    足の裏、かかとの真ん中にあるツボ

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    内関・・・

    手首の付け根の中央から指2本分ひじ側にあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    【不眠に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において、寝つきが悪い場合は「心(しん)」が弱っていると考えられています。心とは全身に血液を送り出すだけではなく、精神にも強く作用しており、不眠のほかにも手足がほてったり、感情の起伏が激しくなるなど、さまざまなトラブルにつながります。西洋医学では睡眠薬などの薬によって眠気を誘発させますが、依存性が強いというリスクがあり、体が睡眠薬に慣れてしまうと今度は睡眠薬がなければ眠れない体になってしまいます。薬に頼らない生活にするためにも、まずは心身のバランスを整えましょう。

    不眠の原因であるストレスは、鍼灸治療によって緩和可能です。鍼や灸による鍼灸治療で自律神経のバランスを整えつつ、マッサージのリラックス効果によって眠りの質を高めます。

    セルフケアする場合、おすすめのツボは「失眠」です。失眠とは中国語で不眠という意味で、神経を穏やかにする効果があるといわれています。いすに座って、片方の手でしっかりと固定しながらこぶしで軽くたたくようにしてマッサージしましょう。

     また、食生活の乱れでも起こりやすくなるため、規則的な食事や、食事内容の見直しをしましょう。

    不眠のコラム一覧

    243

    全243件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/12/12

    睡眠の大切な役割

    睡眠は陰気を養う時間です。言い換えれば副交感神経が優位になり交感神経を休息させる時間なのです。 交感神経が優位になり過ぎていると眠れなくなり、更に交感神経を興奮させるという悪循環となります。 また東洋医学には時間と各内臓の働きをリンクさせた考え方があり、午後11時から午前1時が肝…

    投稿日:2017/12/08

    ぐっすり眠れない、食欲もあまり湧かない方へ

    こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、段上功です^^年末の忙しい時期に差し掛かり、体調を大きく崩している方が増えてきました。 中でも「夜の寝付きが悪い」「寝てもスッキリしない」という睡眠のお悩みや「食べ物があまり喉を通らない」「食べてもすぐにお腹が張る」というお悩みの方が非常…

    投稿日:2017/12/08

    眠りの質が変わることも!

    ◇寝る前にあまり激しい運動をすると交感神経が優位となり逆効果になる場合があります。 ◇運動をする場合は無理のない範囲で行いましょう。 ☆また五感をほどよく刺激することで、眠りが変わることもあります。 ◇自分の好きな香りを漂わせたり、好きな音楽を聞いたりして視覚以外からの…

    投稿日:2017/12/07

    疲れが取れにくくなったと思ったら

    「寝ても疲れが取れない」疲れたと思って早めに寝ても朝身体が重かったり、なんだかだるい沢山寝たはずなのに昼間に眠気が…などと感じている人がいるのではないでしょうか? たまった疲れをスッキリ落とすには、まずはその原因を突き止めることが大切です。 では疲れが取れにくい原因…

    投稿日:2017/12/05

    日中、やたらと眠い

    眠れない、寝た気がしない、すぐ目が覚めるなどの症状で悩まれる方とは反対に夜は眠れる、しかし日中も時間さえあればいくらでも眠れる。というか、いつも眠たい。 この様な症状の方もかなりいらっしゃいます。本人的には眠れてるから問題ないのでは、と思っているようです。しかし、本来は日中は眠気などなく活…

    投稿日:2017/12/03

    不眠症と鍼治療

    多くの人が悩んでいる不眠症。日中に眠くなったり、夜になると寝付けなくなったりすることがある方は不眠症かもしれません不眠症をそのままにしておくと別の病因が潜んでいることがあるかもしれません。本日は不眠症についておはなしいたします。不眠症とは、日中眠くなる、夜なかなか寝付けない、寝れてもすぐに目が覚めて…

    投稿日:2017/12/01

    睡眠とコリ

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 眠りの質がなんか悪い・寝つきが悪いなどの睡眠に関するお悩みを持つ方もいらっしゃると思います。睡眠に関する悩みの原因はいろいろとありますが、その中でも「凝り」が原因だということもあります。 凝りに…

    投稿日:2017/12/01

    アロマで認知症予防

    アロマセラピーという言葉はだいぶ浸透しアロマディフューザーなどで香りを楽しんだりアロママッサージなどでお身体を癒したり生活に取り入れている方も多いと思います リラクゼーション効果はもちろんのこと、医療現場や介護施設、緩和ケア病棟の治療などでも取り入れているところが増加しています …

    投稿日:2017/11/30

    寝ても疲れが取れにくい、日中の眠気がひどい方は

    眠りにつくまでに時間がかかる眠りが浅い夜中にトイレ以外で何度も目が覚める朝方早く目が覚める日中に強い眠気が襲ってくるなどの症状が出ている方はいませんか? 上記の項目にあてはまる方は不眠症の可能性があります。 原因としては時差、布団や枕の変化、部屋の明るさ、室内温度、騒音や悩み事や…

    投稿日:2017/11/29

    【不眠×鍼灸治療】眠れない人がやるべきこと3つのことその①

    こんばんわ。 今日は不眠について書きます。 寒くなってきたせいか、寝付きが悪いと訴える人がいくらか増えてきました。 不眠の人の多くはスマホ病にかかっている可能性が高いです。ついつい就寝前や夜にスマホを見てしまう。暗い中で明るい画面をみると脳は覚醒します。 さら…

    全243件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師