鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

不眠の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 不眠

    ひと言で不眠といっても、なかなか寝付けないタイプや、夜中に何度も目が覚めてしまうタイプ、早朝に起きてしまってから眠れないタイプなどさまざまな悩みがあります。東洋医学においては「心」が弱っている状態です。

     

    【不眠の症状】

    不眠の主な症状としては、寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚めるなどがあります。これらの症状が頻繁に生じると、疲労・頭痛・動悸・微熱・鼻血・肩こり・めまいといった症状がみられるようになります。またイライラ・不安感・焦燥感・うつなど精神的な症状も出ることがあります。

     

    【不眠の原因】

    不眠は、自律神経の乱れが主な原因です。ストレス反応を起こした状態で寝ても脳は興奮状態にあるため、眠りが浅くなってしまいます。また「早く寝ないとあしたに支障が出てしまう」などと強迫観念を持つことでかえって寝られなくなってしまうケースもあります。

     

    【不眠の治療法】

    不眠の場合、まずは自律神経のバランスを整えることが重要です。自律神経のバランスが正常になれば、リラックスをしたときに活発化する副交感神経が優位に働き、ぐっすりと眠れるようになります。不眠に期待できるツボは「失眠(しつみん)」、「神門(しんもん)」、「内関(ないかん)」、「百会(ひゃくえ)」などがあります。

     

    失眠・・・

    足の裏、かかとの真ん中にあるツボ

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    内関・・・

    手首の付け根の中央から指2本分ひじ側にあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    【不眠に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において、寝つきが悪い場合は「心(しん)」が弱っていると考えられています。心とは全身に血液を送り出すだけではなく、精神にも強く作用しており、不眠のほかにも手足がほてったり、感情の起伏が激しくなるなど、さまざまなトラブルにつながります。西洋医学では睡眠薬などの薬によって眠気を誘発させますが、依存性が強いというリスクがあり、体が睡眠薬に慣れてしまうと今度は睡眠薬がなければ眠れない体になってしまいます。薬に頼らない生活にするためにも、まずは心身のバランスを整えましょう。

    不眠の原因であるストレスは、鍼灸治療によって緩和可能です。鍼や灸による鍼灸治療で自律神経のバランスを整えつつ、マッサージのリラックス効果によって眠りの質を高めます。

    セルフケアする場合、おすすめのツボは「失眠」です。失眠とは中国語で不眠という意味で、神経を穏やかにする効果があるといわれています。いすに座って、片方の手でしっかりと固定しながらこぶしで軽くたたくようにしてマッサージしましょう。

     また、食生活の乱れでも起こりやすくなるため、規則的な食事や、食事内容の見直しをしましょう。

    不眠のコラム一覧

    316

    全316件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/04/20

    太陽の光で不眠改善\(^o^)/

    こんにちは\(^o^)/グランツの采野です!!美容と健康のために「睡眠」はすごく大切です(*^▽^*)今日は質の良い睡眠をとるためのポイントを3つお伝えします!①毎朝同じ時間に太陽の光を浴びる毎朝同じ時間にカーテンをあけて光にあたることで睡眠に関わる物質のメラトニンとセロトニンがバランスよく分泌され…

    投稿日:2018/04/20

    寝つきの悪さは気血のバランスが崩れているサインです。

    こんにちは。埼玉県春日部市で皆様の健康をサポートしております、ローズの花鍼灸・整骨院一ノ割店、鍼灸師の篠﨑です。 ぽかぽか陽気で暑いくらいですね。まだ身体か暑さに慣れていないこの時期は体調を崩しやすくなります。水分補給をしっかりしましょう。 本日は寝つきの悪さについてお話し致しま…

    投稿日:2018/04/20

    不眠症には自律神経失調症が関係しているかも?

    なかなか寝付けない・寝てもすぐに目がすぐに覚めてしまうなどこのような症状にお悩みをあなたはお持ちでないでしょうか??不眠症により一日気分が上がらずに終わってしまうのは、嫌ですね。 不眠症の解決策は、なぜ不眠症になってしまったのかその原因を突き止めてその原因を解決していくのが大切です。まずは…

    投稿日:2018/04/19

    夜中に目が覚めてしまうなら 名古屋市中区 木戸鍼灸院

    日々陽気が満ちてくるのを感じています。中休みは外の空気を吸いに歩きますが、日傘が必要になりました。  ある患者さんの舌診をしたとき、夜更かしをしているか、睡眠の質が落ちてますよね?と問いかけると、「毎晩ではないが、深夜の3時に目が覚めてしまう。」とのことでした。 &nb…

    投稿日:2018/04/18

    眠れない夜のために

    ならまち月燈にいらっしゃる患者さんには、睡眠について詳しくお伺いします。 もちろんすぐに眠れて、夜中に起きることもなく、熟睡感があって、気持ちよく目覚める方にはそれ以上はお伺いしないのですが、睡眠に満足感がある方はほとんどいらっしゃいません。 そして、お身体を触らせて頂くと、ほと…

    投稿日:2018/04/18

    不眠症のあれこれ。あなたは何に当てはまる?

    眠れない期間が1週間以内の不眠を一過性不眠と呼びます。この状態ではまだ「病気」とは言いません。 1~3週間も不眠が続くと急性不眠症と呼ばれます。 その中で以下の内容で一つ以上でもある場合は不眠症のと判断できるかもしれません。 ①睡眠の質や維持に関する訴えがある。②訴えは…

    投稿日:2018/04/17

    自律神経の調整でリラックス

    東洋医学でみると、不眠にもいくつかの種類があります。 例えば、・イライラして眠れない。 ・考え事が多くて寝付けない。 ・不安感があって眠れない など。 ご高齢の方にも不眠は多いですね。 あと、夜中に何回も目か覚めて、朝までグッスリ眠れないと…

    投稿日:2018/04/16

    眠れない、夜間に1~5回目が覚めて熟睡感がない方の原因は

    今日ご来院の方は入眠に時間がかかり、歯ぎしりもあるという方でした。30半ばで働き盛り。中高では部活で相当に身体を鍛えてきた方です。 20年経った今もジョギングや筋トレを欠かさない徹底ぶり。体力はあるものの、眠りが浅く肩や首のコリがひどいのです。 長年の睡眠不足は途中で何度も目が覚…

    投稿日:2018/04/13

    眠りの質を高めるツボ

    こんにちは(・∇・)市川駅から徒歩1分、漢方薬・鍼灸世珍堂です。身体が疲れているはずなのに眠れなかったり、考えごとをしていてなかなか気が休まらなかったりということはありませんか?今回は、そんな方にオススメの印堂(インドウ)というツボをご紹介します。 眉毛の真ん中の陥没、画像●の…

    投稿日:2018/04/13

    【寝る時に足がムズムズする感じがして眠れない!】自宅でできる対処方法

    夜になると足がむずむずする感じがする足の付け根辺りがザワザワするふくらはぎ辺りが不快感で掻きむしりたくなるなどお困りのことはありませんか?そんな時は足のかかとのツボを温めるのも1つの手だと思いますペットボトルなどにお湯を入れて(やけどに注意)蓋をシッカリ閉めますペットボトルにタオルを巻いてかかと部分…

    全316件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師