鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

不眠の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 不眠

    ひと言で不眠といっても、なかなか寝付けないタイプや、夜中に何度も目が覚めてしまうタイプ、早朝に起きてしまってから眠れないタイプなどさまざまな悩みがあります。東洋医学においては「心」が弱っている状態です。

     

    【不眠の症状】

    不眠の主な症状としては、寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚めるなどがあります。これらの症状が頻繁に生じると、疲労・頭痛・動悸・微熱・鼻血・肩こり・めまいといった症状がみられるようになります。またイライラ・不安感・焦燥感・うつなど精神的な症状も出ることがあります。

     

    【不眠の原因】

    不眠は、自律神経の乱れが主な原因です。ストレス反応を起こした状態で寝ても脳は興奮状態にあるため、眠りが浅くなってしまいます。また「早く寝ないとあしたに支障が出てしまう」などと強迫観念を持つことでかえって寝られなくなってしまうケースもあります。

     

    【不眠の治療法】

    不眠の場合、まずは自律神経のバランスを整えることが重要です。自律神経のバランスが正常になれば、リラックスをしたときに活発化する副交感神経が優位に働き、ぐっすりと眠れるようになります。不眠に期待できるツボは「失眠(しつみん)」、「神門(しんもん)」、「内関(ないかん)」、「百会(ひゃくえ)」などがあります。

     

    失眠・・・

    足の裏、かかとの真ん中にあるツボ

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    内関・・・

    手首の付け根の中央から指2本分ひじ側にあるツボ

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    【不眠に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学において、寝つきが悪い場合は「心(しん)」が弱っていると考えられています。心とは全身に血液を送り出すだけではなく、精神にも強く作用しており、不眠のほかにも手足がほてったり、感情の起伏が激しくなるなど、さまざまなトラブルにつながります。西洋医学では睡眠薬などの薬によって眠気を誘発させますが、依存性が強いというリスクがあり、体が睡眠薬に慣れてしまうと今度は睡眠薬がなければ眠れない体になってしまいます。薬に頼らない生活にするためにも、まずは心身のバランスを整えましょう。

    不眠の原因であるストレスは、鍼灸治療によって緩和可能です。鍼や灸による鍼灸治療で自律神経のバランスを整えつつ、マッサージのリラックス効果によって眠りの質を高めます。

    セルフケアする場合、おすすめのツボは「失眠」です。失眠とは中国語で不眠という意味で、神経を穏やかにする効果があるといわれています。いすに座って、片方の手でしっかりと固定しながらこぶしで軽くたたくようにしてマッサージしましょう。

     また、食生活の乱れでも起こりやすくなるため、規則的な食事や、食事内容の見直しをしましょう。

    不眠のコラム一覧

    561

    全561件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/02/18

    抗うつ剤の量が減りました!

    いつもお読みいただきありがとうございます!通われて半年うれしい報告がありました。「抗うつ剤の量が半分に減りました。」真面目で気遣いの達人で、いい人でがんばりやさん。ご家族のために頑張って頑張って「うつ」という症状になってしまったようです。その状態が続いて10年。苦しかったでしょうね。パパであり、だん…

    投稿日:2019/02/18

    眠れないときに効果テキメンのツボがある!

    こんにちは。大人女子の集う麻布十番の隠れ家鍼灸サロン、staffの山邊です。突然ですが、わたしがいま、ハマっている海外ドラマがありまして。。 それが、     「24」! 今更ね(´艸`)もう、ジャッグ三昧の日々なんで…

    投稿日:2019/02/18

    【不眠症のお悩みには鍼灸をお試しください!】

    先日、小学校からの幼馴染と再会しました。高校の同級生だったので、35年以上は会ってないことになります。とても元気そうに見えるのですが、48歳の頃には3か月間もの間、1,2時間しか眠れない日が続いたそうです。仕事の環境が変わったストレスが原因だったようです。 現在は3年前から3時間睡眠が続き…

    投稿日:2019/02/16

    クモザル志願

      筋トレを止めて既に1年以上が経過した。 大胸筋はほとんど無くなり見る影もない。 それだけでなく全身がやはり萎んだ。 逆三角形のターザン体型は夢の彼方。 萎みミイラな現実に目も当てられない日々。 ところがどういうわけか睡眠の質が…

    投稿日:2019/02/16

    寝ようとすると、せきが出る

     こんにちは。葛飾区のリフトアップ専門、美容鍼灸サロンLIFTALです。 夜寝ようと布団に入ると咳が出て、頻繁に目が覚めてしまう。冬の寒い時期にご相談をいただくことが多いです😀 夜に咳が増える理由を説明します。寝るために副交感神経が優位になると、気管支が狭くなるので咳が…

    投稿日:2019/02/15

    自律神経のバランスを調える方法。

    眠れない、夜中にすぐ目が覚める、早朝目が覚めてしまう…不眠の症状には様々ありますがざっくり大まかに言うと「上下の気のバランスの崩れ」 の状態の方が多いと思われます。スマホなどを長時間使ったりすると視覚や聴覚の神経や筋肉など肩から上の部分を集中的に刺激しているので上の方に気が集…

    投稿日:2019/02/14

    認知症の予防に鍼灸や漢方薬

    いつもお読みいただきありがとうございます!最近、よく耳にしますね。「認知症」そして、こちらにもご家族の介護で大変という声も多いです。実は、認知症にも様々な状態がありますが、鍼灸や漢方薬はそれらの状態を予防したり、改善のためのお手伝いができます。(ご参照:漢方薬と認知症の関係について書かれたのHP&r…

    投稿日:2019/02/14

    3つの「首」

     寒くてなかなか眠れない冬。寝つきを良くするには、三つの首(首・手首・足首)を温めるとよいでしょう。三つの首の皮膚表面近くには太い血管が走っていて、ここを温めることで血行が良くなり、全身が温まります。もし、お風呂に入れないときは、寝る前に洗面器にお湯を張って手足を温めるだけでも効果的♪首は…

    投稿日:2019/02/14

    鍼は不眠に効く?

    不眠といっても色々あります。・入眠困難(寝つきが悪い)・熟眠障害(夜中に目覚めてその後眠れない)・早期覚醒(朝早く目が覚めてしまう)その他に、寝ても疲れが取れない。と言う人も多いです。原因は色々ですが、枕が変わって眠れないなどの、外部の変化、動脈硬化などの病気によるもの、薬物による興奮や中毒などです…

    投稿日:2019/02/13

    【不眠の原因と対策-チョコやコーヒー!カフェインにご注意】

    先日来院されたKさんは、睡眠導入剤を一日に8錠近く服用することもあると言われていました。イライラや落ち込みなど、日中に安定剤代わりに服用することもあるようで、どのような経緯でそのようになってしまったのか、お話を聞いていました。 幼少時から実家では緑茶を頻繁に飲む習慣があり、現在も相当量の高…

    全561件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師