鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

自律神経失調症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 自律神経失調症

    交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を自律神経失調症といいます。消化器・呼吸器・循環器などの活動をつかさどっている神経であり、この症状に陥ると体のさまざまな部位に異常が見られるようになります。内科や整形外科などで検査を受けても具体的な原因が見つからない場合は鍼灸治療が効果的です。

     

    【自律神経失調症の症状】

    自律神経失調症になると多様な異常が見られるようになります。体に出る異常としては慢性的な疲労・頭痛・めまい・耳鳴り・呼吸困難・せき・嘔吐・肩こり・食欲不振・腹痛・月経痛・月経不順・手足のしびれ・動悸・むくみ・ほてり・頻尿・便秘・下痢などがあります。

    精神的な症状としてはやる気が出ない・イライラ・不安・疎外感・焦燥感・ゆううつ・感情の起伏が激しいなどが挙げられます。

    このように症状が多岐に渡るのが自律神経失調症の特徴です。放置していると症状が悪化したり、慢性的になることがあるので早期の治療が求められます。

     

    【自律神経失調症の原因】

    自律神経失調症の主な原因はストレスです。自律神経は肉体的・精神的ストレスから身を守るために、ホルモンの分泌などを行って体の調整を行っています。正常な場合、相反する作用を持つ交感神経と副交感神経がバランスよく機能しているのですが、過剰なストレスを受けたり、長時間のストレスにさらされたりするとバランスが崩れてしまい、自律神経失調症になります。

    また昼夜逆転の生活を送っていると自律神経失調症になりやすいので注意しましょう。交感神経は昼間に、副交感神経は夜に活発化するのですが、夜型の生活になると自律神経のバランスが崩れやすくなります。

     

    【自律神経失調症の治療法】

    自律神経失調症を治療するためには、頭痛や腹痛などの症状に対応したツボを刺激するよりも、まずはその異常を引き起こしている自律神経を正常に戻す必要があります。ストレスを軽減し、自律神経失調症の治療に期待できるツボは「神門(しんもん)」、「曲池(きょくち)」、「天柱(てんちゅう)」などがあります。

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    曲池・・・

    ひじを曲げたときの横じわから親指側の端にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    【自律神経失調症に期待できる鍼灸治療の効果】

    自律神経失調症の主な原因とされるストレスに対して、鍼や灸による鍼灸治療は効果的といわれています。「神門」や「曲池」といったツボを指圧することで自律神経のバランスを改善するだけでなく、マッサージによるリラックス効果も同時に得られるためです。

    ただし、自律神経失調症だと思っていたら違う病気だったというケースも少なくありません。早期発見を逃してしまう可能性があるので、自己診断は控えるようにしてください。

    自律神経失調症のコラム一覧

    1866

    全1866件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/12/10

    身体を温めることの大切さ!

    暖冬と言われながらもやはりこの季節は寒いです。気温が1桁だと本当に体が冷えます。では、体が冷えてしまうとどのような症状が出てくるのか?もし体温が1度下がってしまうと基礎代謝が平均13%下がり、免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下してしまうと風邪や感染症にかかりやすくなります。冬はインフルエンザに…

    投稿日:2018/12/08

    寒暖差アレルギーとは?

     こんにちは。 ここ数日間、暖かい日があったかと思えば翌日は急に寒くなったりそのまた翌日には暖かくなったりと、日によって寒暖差の激しい日々が続いております。そんな中、“寒暖差アレルギー”という言葉をよく耳にするようになりました。 寒暖差アレルギー…

    投稿日:2018/12/08

    その不調、自律神経の乱れからきているものかもしれません…。

    こんにちは。本日は「自律神経失調症」についてお話ししていきたいと思います。皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?もしかしたらその原因は自律神経の乱れから来ているものかもしれません…。まずは私たちの身体に自律神経がどのように関係し…

    投稿日:2018/12/07

    自律神経と鍼灸治療

    12月だというのに半袖で過ごしたり、その次の日にはマフラーを巻いて生活したりと、寒暖の差が激しい毎日。そんな中でも、きちんと日々生活出来るのは「自律神経機能」のおかげ。自律神経は、読んで字のごとく「自分で律する」もの。ですから、私たちの意志ではどうにもなりません。自分で、鼓動を早めたり遅くしたり、胃…

    投稿日:2018/12/07

    ダイエット中の食欲を抑えるために

     ダイエット中、ついついイライラして、いつもよりも多くご飯を食べてしまったりしますよね。今回はどのようにそのイライラを抑える方法をご紹介!こちらからご覧ください↓↓↓↓

    投稿日:2018/12/07

    自分の感情をうまくコントロールできない?

    こんにちは。皆様は、突然不安になったり、小さなことでイライラしてしまうことが増えたりなんだか息苦しくなってしまうことはありませんか? 本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。 「自律神経失調症の治療はやっていますか?」当院にも患者様からのこういったお問い合わせをたくさん頂…

    投稿日:2018/12/07

    疲労は生活習慣の乱れから!

    こんにちは、セドナ整骨院・鍼灸院公津の杜院の金子です。 今回は慢性疲労について書いていきます!原因不明の強度の疲労が6か月以上続いた場合は「慢性疲労症候群」という病気と診断されますが、今回は自覚的な疲労と何が原因となるのかにフォーカスをあてていきます! 下記の項目に当てはまりませ…

    投稿日:2018/12/06

    体調が悪くなるのは・・・?瘀血編

    今回は『気帯』→『痰湿』に続き血が滞ることで症状が悪化する『瘀血』について説明します。『瘀血』とは気帯の症状が悪化してそのめぐりが悪くなり血の流れがモタモタしたような状態を言います。瘀血が腰や肩に存在するとその部分の流れは滞ってしまい「流通」が復活しません。瘀血が気帯を生み更に気滞が瘀血を…

    投稿日:2018/12/06

    患者さんの喜びの声【丁寧に問診して親身に聞いてくださって安心感があります】

    こんにちは! 健美鍼灸整体salon energyの中村です。 今日も喜びの声UPです(*^^*) 【丁寧に問診して親身に聞いてくださって安心感があります】http://kenbi-energy.com/case/001134.html  …

    投稿日:2018/12/05

    最近多い訴え、頻尿

    いつもお読みいただきありがとうございます! 私の弟は夜中に約2時間おきにトイレに行くのだそうです。西洋医学では「交感神経優位」な状態だと頻尿になる傾向があるということです。東洋医学では「腎」の問題であることが多いです。そして、その中にも様々あって「冷え」「緊張」「加齢」などがあげられます。…

    全1866件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師