鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

自律神経失調症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 自律神経失調症

    交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を自律神経失調症といいます。消化器・呼吸器・循環器などの活動をつかさどっている神経であり、この症状に陥ると体のさまざまな部位に異常が見られるようになります。内科や整形外科などで検査を受けても具体的な原因が見つからない場合は鍼灸治療が効果的です。

     

    【自律神経失調症の症状】

    自律神経失調症になると多様な異常が見られるようになります。体に出る異常としては慢性的な疲労・頭痛・めまい・耳鳴り・呼吸困難・せき・嘔吐・肩こり・食欲不振・腹痛・月経痛・月経不順・手足のしびれ・動悸・むくみ・ほてり・頻尿・便秘・下痢などがあります。

    精神的な症状としてはやる気が出ない・イライラ・不安・疎外感・焦燥感・ゆううつ・感情の起伏が激しいなどが挙げられます。

    このように症状が多岐に渡るのが自律神経失調症の特徴です。放置していると症状が悪化したり、慢性的になることがあるので早期の治療が求められます。

     

    【自律神経失調症の原因】

    自律神経失調症の主な原因はストレスです。自律神経は肉体的・精神的ストレスから身を守るために、ホルモンの分泌などを行って体の調整を行っています。正常な場合、相反する作用を持つ交感神経と副交感神経がバランスよく機能しているのですが、過剰なストレスを受けたり、長時間のストレスにさらされたりするとバランスが崩れてしまい、自律神経失調症になります。

    また昼夜逆転の生活を送っていると自律神経失調症になりやすいので注意しましょう。交感神経は昼間に、副交感神経は夜に活発化するのですが、夜型の生活になると自律神経のバランスが崩れやすくなります。

     

    【自律神経失調症の治療法】

    自律神経失調症を治療するためには、頭痛や腹痛などの症状に対応したツボを刺激するよりも、まずはその異常を引き起こしている自律神経を正常に戻す必要があります。ストレスを軽減し、自律神経失調症の治療に期待できるツボは「神門(しんもん)」、「曲池(きょくち)」、「天柱(てんちゅう)」などがあります。

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    曲池・・・

    ひじを曲げたときの横じわから親指側の端にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    【自律神経失調症に期待できる鍼灸治療の効果】

    自律神経失調症の主な原因とされるストレスに対して、鍼や灸による鍼灸治療は効果的といわれています。「神門」や「曲池」といったツボを指圧することで自律神経のバランスを改善するだけでなく、マッサージによるリラックス効果も同時に得られるためです。

    ただし、自律神経失調症だと思っていたら違う病気だったというケースも少なくありません。早期発見を逃してしまう可能性があるので、自己診断は控えるようにしてください。

    自律神経失調症のコラム一覧

    1332

    全1332件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/06/21

    鍼灸と自律神経失調

    自律神経の乱れが原因で起きる体調不良は、病院ではなかなかはっきりした原因が見つからず、治療もハッキリしないことが余計なストレスになります。そのストレスが原因でより症状が悪化する場合もあります。症状が軽いうちは我慢できてしまうかもしれませんが、時間とともに積み重なってしまうケースも少なからずあります。…

    投稿日:2018/06/21

    自律神経を整える方法

    実際に、自律神経失調症と鍼灸施術の相性は良いと感じています。自律神経系のお悩みでの鍼灸はまさにうってつけなわけですが、日常生活の過ごし方もまた重要な要素です。今回は、自律神経の整え方はどのようなものがあるか書いてみます。詳しくはこちら『自律神経を整える方法』

    投稿日:2018/06/21

    自律神経失調症のツボ押し

    自律神経失調症状と言われる体調不良は、一日の中で波のように起こることも珍しくありません。ふいに起こる「めまい」や急に起こってはすぐにおさまる「ホットフラッシュ」のようにです。病院や治療院にいる時に起こるとは限りませんので、自分でできる対処方法を知っておくと良いと思います。症状が軽いうちなら、それだけ…

    投稿日:2018/06/21

    身体が疲れるように脳も疲れます。

    腰痛で原因の分かるものは全体の15%ほどで、あとの85%は原因が分からないものが多いとされています。逆に、画像診断では問題があるのに、痛みもなく過ごされている方も多いと言われています。このように人の身体には未知の部分が多いわけですが、症状が改善する可能性も秘めてると考えます。 本来人間の身…

    投稿日:2018/06/21

    雨の日の体調不良と鍼灸

     雨の日に体調を崩しがち、という方は少なくないようです。  そのお悩みも様々で、代表的なものですと頭痛や肩こり、だるさやめまいを訴える方もいらっしゃいます。  膝や腰などが雨の日になると疼く、なんていう例も聞いたことがあるかもしれません。 …

    投稿日:2018/06/20

    YNSAが雑誌に掲載 うつが改善

    YNSA学会副会長が雑誌掲載。テーマは、『前頭部ほぐしでうつが改善』 YNSAについて 今回のテーマは【うつ】に対して。病院での治療は薬の処方ですが、そこに問題が。抗うつ薬を処方された8割の人は無効。まだ一般的に知られていない事実。多くの研究機関が発表していることです。詳しくはこ…

    投稿日:2018/06/20

    落ち着かないときはどうしますか?~自律神経の働きをうまく利用する~

    落ち着かないときはどうしますか?~自律神経の働きをうまく利用する~ 先日の地震のご被害に遭われた方々やご家族様へ、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、被災された方々が安心した日常生活に戻れるよう、心よりお祈りしております。 大阪の地震、余震も続き、落ち着かない状態が続い…

    投稿日:2018/06/20

    妻の最大ストレスは「夫」!? もしかして夫源病

     みなさんおはようございます 栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院福田です。   サッカーワールドカップで日本代表が勝ちました~~~!!!おめでとう!!!私も見ながら応援しました!!!みなさんも睡眠不足にならないようにご注意ください。&nb…

    投稿日:2018/06/20

    梅雨に負けない身体作りをしませんか?

    こんにちは。梅雨の不安定な天気で身体を崩してないでしょうか?自律神経が乱れやすくなりますよね。 今回は自律神経についてお話しします。自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。この2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。【交感…

    投稿日:2018/06/19

    「発汗」を司る自律神経系

    嬉しいご報告が届きました。「汗のかき方が変わりました。嬉しくってご報告しちゃいました」ということです。暑くなったので、汗をかくことは自然の摂理です。では、質問です。「汗は何のために出るのでしょうか?」身体が自然の状態であれば、自然な状態の汗をかきます。それは自律神経系がバランスよく働いているためです…

    全1332件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師