鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

自律神経失調症の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 全身のお悩み
  • 自律神経失調症

    交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を自律神経失調症といいます。消化器・呼吸器・循環器などの活動をつかさどっている神経であり、この症状に陥ると体のさまざまな部位に異常が見られるようになります。内科や整形外科などで検査を受けても具体的な原因が見つからない場合は鍼灸治療が効果的です。

     

    【自律神経失調症の症状】

    自律神経失調症になると多様な異常が見られるようになります。体に出る異常としては慢性的な疲労・頭痛・めまい・耳鳴り・呼吸困難・せき・嘔吐・肩こり・食欲不振・腹痛・月経痛・月経不順・手足のしびれ・動悸・むくみ・ほてり・頻尿・便秘・下痢などがあります。

    精神的な症状としてはやる気が出ない・イライラ・不安・疎外感・焦燥感・ゆううつ・感情の起伏が激しいなどが挙げられます。

    このように症状が多岐に渡るのが自律神経失調症の特徴です。放置していると症状が悪化したり、慢性的になることがあるので早期の治療が求められます。

     

    【自律神経失調症の原因】

    自律神経失調症の主な原因はストレスです。自律神経は肉体的・精神的ストレスから身を守るために、ホルモンの分泌などを行って体の調整を行っています。正常な場合、相反する作用を持つ交感神経と副交感神経がバランスよく機能しているのですが、過剰なストレスを受けたり、長時間のストレスにさらされたりするとバランスが崩れてしまい、自律神経失調症になります。

    また昼夜逆転の生活を送っていると自律神経失調症になりやすいので注意しましょう。交感神経は昼間に、副交感神経は夜に活発化するのですが、夜型の生活になると自律神経のバランスが崩れやすくなります。

     

    【自律神経失調症の治療法】

    自律神経失調症を治療するためには、頭痛や腹痛などの症状に対応したツボを刺激するよりも、まずはその異常を引き起こしている自律神経を正常に戻す必要があります。ストレスを軽減し、自律神経失調症の治療に期待できるツボは「神門(しんもん)」、「曲池(きょくち)」、「天柱(てんちゅう)」などがあります。

     

    神門・・・

    手首の横ジワの小指寄りの端にあるくぼみのツボ

     

    曲池・・・

    ひじを曲げたときの横じわから親指側の端にあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    【自律神経失調症に期待できる鍼灸治療の効果】

    自律神経失調症の主な原因とされるストレスに対して、鍼や灸による鍼灸治療は効果的といわれています。「神門」や「曲池」といったツボを指圧することで自律神経のバランスを改善するだけでなく、マッサージによるリラックス効果も同時に得られるためです。

    ただし、自律神経失調症だと思っていたら違う病気だったというケースも少なくありません。早期発見を逃してしまう可能性があるので、自己診断は控えるようにしてください。

    自律神経失調症のコラム一覧

    2098

    全2098件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/09/15

    気圧の変化による体調不良

    雨の日は頭が痛くなったりめまいが起こる、台風が近づくと喘息発作が出る、梅雨時に古傷が痛むなど、天気による体調不良に悩まされている方も多いのではないでしょうか?これらは気象病と呼ばれますが、現代の生活習慣によって体質が変わってきたり、局地的大雨などの異常気象が目立つようになってきて、気象病になる人が増…

    投稿日:2019/09/13

    訪問マッサージ無料体験中

    ☆秋の無料体験マッサージ!訪問マッサージ歩行困難な方を対象に健康保険を利用したサービスになります。是非、一度無料体験のマッサージ、鍼灸を受けてみて下さい。(30分程度)※訪問エリア奈良県北葛城郡王寺町、河合町、上牧町、広陵町、奈良県生駒郡斑鳩町、三郷町、安堵町、平群町を中心に活動しております。通院マ…

    投稿日:2019/09/12

    足つぼマッサージでデトックス!

    久しぶりのコラムです。9月より「足つぼマッサージ」をはじめました‼足裏には体の各部位に対応する反射区があり、そこを刺激する事で内臓を活性化させ、老廃物の排泄を促すと言われています。実は東洋医学の観点からすると、足裏は腎臓の支配領域なので、足つぼマッサージは老廃物の排泄に有効だと言えるのです。当院の足…

    投稿日:2019/09/10

    自律神経の乱れは鍼灸で改善

    こんんちは鍼灸院爽快館瀬尾です。自律神経の乱れについてお話します。まず自律神経とは目には見えないですが簡単に言いますと体のON(活動しているとき)とOFF(リラックス時や体を休めているとき)を切り替えて体の状態を調節しております。現代人は特にストレスの反応でこの自律神経がONの状態のままOFFにうま…

    投稿日:2019/09/09

    交感神経と副交感神経

     交感神経と副交感神経…何が違うの?自律神経を大きく分けると、この2つ。1つが交感神経、もう1つが副交感神経です。簡単に説明すると、交感神経は、お昼の活動時に働く神経で、緊張や興奮で心拍数が上昇し、血管は収縮します。副交感神経は、夜間、睡眠中等に働く神経で、日中に活動するため…

    投稿日:2019/09/05

    食欲不振になったら

    今回は食欲不振のお話です。 食欲不振の原因は様々です。単純な胃腸機能の低下だけでなく、生活習慣の乱れ、精神的ストレス、その他の病気の症状としてあらわれることもあります。若い世代では、極端なやせ願望が引き起こす神経性食欲不振などもあります。一時的な食欲の低下であれば、生活習慣を見直し、胃腸に…

    投稿日:2019/09/03

    低気圧には

    船橋市前原西「津田沼駅」から徒歩3分の美容鍼灸サロンハリハダラボです^^http://hari-hada.com/  本日は《低気圧の体調不良》にオススメのツボです。週末は台風が近付いているみたいですね。自律神経の乱れにより頭痛や眩暈などのつらい症状がでてしまう方も多いかもしれま…

    投稿日:2019/09/01

    排除したい【活性酸素】ができるしくみ

     水素シリーズその2!今日は【活性酸素】のお話しです。【体に水素を塗ると、活性酸素と結びつき、無害な水に変えてくれる】の、活性酸素。 これはいったいどうしたら発生するのか?防ぐことはできないのか? についてのお話しです! 

    投稿日:2019/08/30

    低体温症が急増!?

      「低体温症」が急増しています!  近年・体温(平熱)の低い人が非常に多くなってきています。 赤ちゃんの時はだいたい37℃前後、そこから成長するにしたがい36℃台になります。 理想的な基礎体温は36.5℃くらいですが、女性の中には35℃台…

    投稿日:2019/08/30

    通院の間隔について

    来院してくださっている患者さんから良く聞かれるこの質問、「どのくらいの間隔で治療を受けたらいいんですか?」 当院では、症状の出始めは短い期間しっかりと症状が落ち着いてきてからは少し長めのスパンでゆっくりと治療しましょう!とおススメしています。 例えば、ぎっくり腰や五十肩、捻挫や風…

    全2098件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師