鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

貧血の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 婦人科系のお悩み
  • 貧血

    貧血とは血中のヘモグロビンが不足している状態です。女性の約1割が貧血に悩まされているといわれ、特に若い女性に多い症状です。貧血は急激に体調を崩すといったものではなく、徐々に体調不良となるので本人であってもなかなか気づけません。特に原因が見られない場合は鍼灸治療が有効です。

     

    【貧血の症状】

    貧血の主な症状としては、めまい・けん怠感・疲れやすい・動悸・息切れ・目の前が真っ暗になる・顔色が悪いなどがあります。これらの症状は貧血特有のものではなく、ほかの病気が原因となっているケースもあるので、症状が強く見られる場合は一度検査を受けることをおすすめします。

     

    【貧血の原因】

    「血が貧しい」と書く貧血ですが、血が少ないわけではありません。貧血とは血中のヘモグロビン(全身に酸素を運搬しているタンパク質の一種)が正常値よりも少なくなり、血が薄くなっている状態です。

    ヘモグロビンが減少していると血中の酸素が低下してしまい、筋肉や内臓が酸素欠乏になり、疲労や動悸などの体調不良となって現れます。

    また、胃や腸の働きが低下していても重度の貧血が起こる場合があるので、思い当たる症状が在る場合は専門の医療機関で相談を。

    食生活が偏っていたり、肝機能の低下、妊娠などによって起こりますが、検査で特にこれといった原因が分からなかった場合は鍼や灸による治療が効果的です。

     

    【貧血の治療法】

    東洋医学において、貧血は血(けつ)の不足によって起こると考えられています。血が不足している状態を血虚(けっきょ)といい、栄養不足・多量の出血・ストレスなどが主な原因です。血の巡りが悪くなっている瘀血(おけつ)によっても貧血の症状が出ますが、いずれも鍼灸や指圧によって血行を改善することで症状が軽くなります。貧血に期待できるツボは「脾兪(ひゆ)」「血海(けっかい)」「三陰交(さんいんこう)」などです。

     

    脾兪・・・

    背骨の第11・12胸椎の外に親指の幅2本分のところにあるツボ

     

    血海・・・

    ひざの皿、内側上部にあるくぼみから指3本分上にあるツボ

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    【貧血に期待できる鍼灸治療の効果】

    血が足りていない血虚の場合は、まず血を作り出す必要があります。セルフケアをするときは「脾兪」を刺激して内臓の働きを活発にしましょう。また食生活の改善も必要です。鉄分を多く吸収するためにレバーや牛肉、鶏卵などを意識して摂取します。食後のカフェイン入りの飲み物は栄養の吸収を妨げるので控えめにしてください。

    血の巡りが悪くなっている瘀血の場合は、血海や三陰交などを指圧して血の道を整えます。血管を拡張するためにも患部を暖めながらマッサージをするとより効果的です。

    貧血のコラム一覧

    32

    全32件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/01/12

    妊娠前にぜひ乳がん検診を❢❢

    病院では、検診は視診・触診以外にマンモグラフィー、超音波検査といった画像診断を行い、乳がんの特徴的な所見の有無を判定します。また分泌物がある場合はその細胞診も行います。さらに何らかの病変が疑われる場合は、その部位の穿刺吸引細胞診(細い針を使って病巣の細胞を採取し、検査する)、組織診(組織の一部を切除…

    投稿日:2018/01/10

    貧血にはご用心

    貧血とは、血液に含まれる赤血球やヘモグロビンの量が基準値を下回った状態のことを言います。貧血の主な症状として・・・★失神★めまい★立ちくらみ★ダルさ★疲れやすい★息切れ★動悸★爪が反り返る(スプーン爪とも呼ばれます)などがあります。これらの症状は主に赤血球成分が不足してしまうことにより起こります。赤…

    投稿日:2017/12/27

    貧血を鍼灸で改善しませんか?

    一般的によく言われる貧血というのは鉄欠乏性貧血を指しています特に女性は、月経の関係で貧血を起こしやすいとされています  鉄が足りず貧血を起こすことが多いので普段からバランスのとれた食事をし鉄分もしっかりと摂取できていれば問題がないという事になりますがバランスがとれた食事を毎日とる…

    投稿日:2017/12/26

    貧血妊婦にならないために❗️上手に鉄分を取るためにできること😊

    鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。 非ヘム鉄は、他に何を食べるかによって、体に吸収される率が変化。 ヘム鉄は食べ合わせによって吸収率が変わる事はあまりなく、安定して吸収することができます。 貧血を予防改善するためにも、できるだけヘム鉄を多く含む食品を毎日の主菜…

    投稿日:2017/12/11

    睡眠不足や過労には、血を補う食生活の改善を💉

    女性は、月経、出産を通して血を消耗する機会が多いため、東洋医学では、「女性は血なり」と言われています。 血が不足すると、子宮や卵巣が栄養不足の状態になり、月経不順や月経痛などのトラブルの原因になります😥 卵子が受精・着床し子宮内で育っていくには、栄養のある血液が大量に必要です。&…

    投稿日:2017/12/10

    なぜ、鉄分が不足するとブスになるのか?

    From:枚方市の治療院/鍼灸整体院やわら 女性に多い鉄分不足実は、鉄分が少ないと美容効果も失われることをご存知ですか? まず、鉄分が少ないと、頭痛、めまい、疲労、倦怠感、動機、息切れetc.このような症状が現れます健康じゃない状態だけでも美しくないですよね そればかり…

    投稿日:2017/11/29

    貧血を改善すると妊娠しやすくなる

    貧血の女性は非常に多く、ある統計では5人に1人は貧血であるとか、極端なものでは2人に1人は貧血だというものまであります。確かに当院で見せて頂く血液検査でも貧血気味方はいらっしゃいますし、献血は断られるという話もよく耳にします。貧血は自覚症状があまりないため、たとえ貧血でも、余りに気にしない方が殆どで…

    投稿日:2017/11/06

    知らず知らずのうちに

    貧血。女性に多いですね。貧血にはいくつか種類がありますが、一番多いのは鉄欠乏性貧血ではないでしょうか?血液の血球成分である赤血球と結合し、酸素を運ぶヘモグロビン(鉄)が少なくなった状態が鉄欠乏性貧血ですね。なぜ女性に多いかというと、月経があり、定期的に出血があるからです。しかし、男性にもあることをご…

    投稿日:2017/10/02

    鍼灸治療で貧血の症状を軽減しましょう

    一般的によく言われる貧血というのは鉄欠乏性貧血を指しています特に女性は、月経の関係で貧血を起こしやすいとされています  鉄が足りず貧血を起こすことが多いので普段からバランスのとれた食事をし鉄分もしっかりと摂取できていれば問題がないという事になりますがバランスがとれた食事を毎日とる…

    投稿日:2017/09/16

    子宮筋腫について

    こんにちは、今回は子宮筋腫についてのお話です。前回の汚血から子宮筋腫に発展します。子宮筋腫とは良性で、エストロゲンにより増大する腫瘍です。4,5人に1人の割合で多く、閉経後減衰する悪性は0,5%以下でまれです30歳~40歳で鉄欠乏貧血生理量多いせい月経困難頻尿(膀胱の圧迫)便秘(直腸の圧迫)尿閉(尿…

    全32件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師