鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

更年期障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 婦人科系のお悩み
  • 更年期障害

    肩こりや頭痛、精神的なストレスなどさまざまな症状を伴う更年期障害。更年期は女性にとっては誰にでも訪れるものですが、その時期に起こる心身の不調のあらわれ方は人それぞれです。主な症状とその原因、そして更年期障害に効果的な鍼灸治療について解説します。

     

    【更年期障害の症状】

    更年期障害の主な症状は頭痛、動悸、多汗、のぼせ、冷え、食欲不振、肩こりなどです。精神的にも不安定になることがあり、主な症状にはイライラ、うつ気分、不眠、無気力などがあります。

     

    【更年期障害の原因】

    更年期とは「閉経」の前後数年の期間のことで、一般的に40歳から50代半ばくらいに見られ、60代前後で落ち着くといわれています。この期間は急激に女性ホルモンが減少しますが、この出なくなった女性ホルモンを無理に分泌しようすると、脳が混乱します。脳の混乱は自律神経に影響を与え、体にさまざまな不調が起こります。これが「更年期障害」です。

     

    東洋医学では更年期障害を加齢とともに機能が低下する「腎」のトラブルと、「肝」の働きが低下して体内の気血の流れが悪くなる「血の道症」だと考えます。血の道症とは女性ホルモンや月経に関連して起こる諸症状のことです。

     

    【更年期障害の治療法】

    更年期障害の改善には全身の血行と自律神経のバランスを整えることが大切です。更年期障害に効果のあるツボは「三陰交(さんいんこう)」、「血海(けっかい)」、「行間(ぎょうかん)」、「関元(かんげん)」、「次髎(じりょう)」などが挙げられます。

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    血海・・・

    ひざの皿、内側上部にあるくぼみから指3本分上にあるツボ

     

    行間・・・

    足の親指と人さし指の間、指先寄りにあるツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

    次髎・・・

    仙骨の真ん中の外側、少しくぼんだところにあるツボ

     

    【更年期障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    三陰交は血の道を整える(血液の循環をよくする)ツボです。血海と一緒に刺激することで、婦人科系の諸症状を緩和することができます。行間はイライラや不安感を取り除くツボです。

     

    更年期障害には何もしていないのに、急に顔がほてったり、のぼせたり、大量の発汗が見られたりすることがあります。これを「ホットフラッシュ」といいますが、関元と次髎はホットフラッシュの原因となる冷えやのぼせ、血行不良を予防するツボです。また、おなかが冷えているときほどホットフラッシュは起こりやすいので、ふだんの生活ではおなかを冷やさないように気をつけましょう。

     

     

    更年期障害のコラム一覧

    158

    全158件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/09/25

    女性ホルモンと肌や髪の老化

    以前と変わらないお手入れをしているのに、肌にシミやシワが目立ってきたり、髪にボリュームが減って抜け毛が増えたり・・・。これには、女性ホルモンの分泌量が大きく関係しているのです。一般的に、男性に比べて女性の肌がなめらかでみずみずしいのも、女性の頭髪が男性より豊かで抜けにくいのも、女性ホルモンのおかげで…

    投稿日:2017/09/20

    心を穏やかに

    40代後半から50代半ばの更年期の女性は、キャリアを築けば管理職。  家庭を築けば反抗期の子供や大学などの進学により手がかかる。  高齢の家族が入院したり、介護が必要だったり。  千手観音さま顔負けの活動をしている女性がいます。 …

    投稿日:2017/09/12

    からだと月との関係

    月の引力は潮の満ち引きのパワーとなっていることはご存知の通り。体の内部は水分約60%ですが、老人になるほど少なくなります。ホルモンでさえ水分の仲間です。更年期にはホルモンバランスが崩れるので、からだの水分量も月のパワー吸収も不安定になりがちです。繰り返される月カレンダーによる「ボイドタイム」には、体…

    投稿日:2017/09/06

    喉に何か詰まった感覚…このような症状ありませんか?

    喉の閉塞感や何かが詰まった感覚は東洋医学では「梅核気(ばいかくき)」といい、現代医学では原因は不明ですが、東洋医学では数千年前から認知されている症状で梅の核(種)のように感じる気の停滞を表しており、これは肝が司る甲状腺付近の収縮によって起こると考えられます。現代医学ではヒステリー球として更年期障害な…

    投稿日:2017/09/04

    更年期には甲状腺の機能亢進や低下も合併

    多くの更年期治療にいらっしゃるお客様の中には、バセドウ病や橋下病の方も見られます。このように病気がある方は基本的に病院での治療が優先されます。しかし、お薬でカバーできない辛い症状の緩和や体調のコントロールには鍼灸もお役に立つことができます。機能亢進(不眠やイライラなどが多い)ならば、自律神経を鎮める…

    投稿日:2017/08/29

    夏の終わり、季節の変わり目の自律神経ケアはコレ!

    8月も終わりに近づいてきました。今年の夏は、暑かったり、じめじめした湿度の中で温度が低かったり、普段の夏よりも自律神経が乱れやすい環境でした。それと同時に、お仕事や家事育児で無理をしてしまい、大事にしている方でも少し不調が出てしまう方も多くみられました。 お忙しい方ほど、季節の変わり目での…

    投稿日:2017/08/21

    何をしていてもたのしくないという症状

    やる気が出ない、楽しくないという症状 この症状、肝が深く関係します。肝は、のびのびする春の木の姿が本来の姿。反対にぐーっと押さえつけられると鬱滞してスムーズに流れません。 この肝は、頑張るときに使っています。 真面目な方に多いですが自分が持っている力以上の頑張りをすると…

    投稿日:2017/08/20

    尿漏れに

     尿漏れにパルス鍼   腹圧性尿失禁とは急に腹圧が高くなった時に尿がもれてしまう病気で、急に立ち上がったり、咳やくしゃみ、驚いた時などに尿がもれます。膀胱を支える骨盤の筋肉の筋力の低下が原因の一つで、老化、妊娠・出産などが要因にあげられ中高年の女性に多くおこり…

    投稿日:2017/08/18

    更年期の体調管理について

    様々な不調が重なる更年期日本女性の閉経の平均年齢は50歳。50歳を挟んだ前後5年間は、更年期と言われ全身の疲れ、ホットフラッシュ、頭痛、イライラ、うつ症状、不眠など様々な心身の不調が表れてきます。見た目にも変化があらわれる更年期体調不良に加えて、お腹が出てきたり、お尻が垂れさがる、白髪が目立つように…

    投稿日:2017/08/11

    若年性更年期障害って!?

    こんにちは(^^)/采野です!!「若年性更年期障害」ってご存知でしょうか??その字の通り20代30代の若い人がなってしまう更年期障害のことです。一般的な若年期障害の原因は・過度なストレス・太りすぎ・無理なダイエット・ヘビースモーカー・慢性的な睡眠不足・不規則な食生活などです。若年性更年期障害かも・・…

    全158件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師