鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

更年期障害の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 婦人科系のお悩み
  • 更年期障害

    肩こりや頭痛、精神的なストレスなどさまざまな症状を伴う更年期障害。更年期は女性にとっては誰にでも訪れるものですが、その時期に起こる心身の不調のあらわれ方は人それぞれです。主な症状とその原因、そして更年期障害に効果的な鍼灸治療について解説します。

     

    【更年期障害の症状】

    更年期障害の主な症状は頭痛、動悸、多汗、のぼせ、冷え、食欲不振、肩こりなどです。精神的にも不安定になることがあり、主な症状にはイライラ、うつ気分、不眠、無気力などがあります。

     

    【更年期障害の原因】

    更年期とは「閉経」の前後数年の期間のことで、一般的に40歳から50代半ばくらいに見られ、60代前後で落ち着くといわれています。この期間は急激に女性ホルモンが減少しますが、この出なくなった女性ホルモンを無理に分泌しようすると、脳が混乱します。脳の混乱は自律神経に影響を与え、体にさまざまな不調が起こります。これが「更年期障害」です。

     

    東洋医学では更年期障害を加齢とともに機能が低下する「腎」のトラブルと、「肝」の働きが低下して体内の気血の流れが悪くなる「血の道症」だと考えます。血の道症とは女性ホルモンや月経に関連して起こる諸症状のことです。

     

    【更年期障害の治療法】

    更年期障害の改善には全身の血行と自律神経のバランスを整えることが大切です。更年期障害に効果のあるツボは「三陰交(さんいんこう)」、「血海(けっかい)」、「行間(ぎょうかん)」、「関元(かんげん)」、「次髎(じりょう)」などが挙げられます。

     

    三陰交・・・

    内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目にあるツボ

     

    血海・・・

    ひざの皿、内側上部にあるくぼみから指3本分上にあるツボ

     

    行間・・・

    足の親指と人さし指の間、指先寄りにあるツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

    次髎・・・

    仙骨の真ん中の外側、少しくぼんだところにあるツボ

     

    【更年期障害に期待できる鍼灸治療の効果】

    三陰交は血の道を整える(血液の循環をよくする)ツボです。血海と一緒に刺激することで、婦人科系の諸症状を緩和することができます。行間はイライラや不安感を取り除くツボです。

     

    更年期障害には何もしていないのに、急に顔がほてったり、のぼせたり、大量の発汗が見られたりすることがあります。これを「ホットフラッシュ」といいますが、関元と次髎はホットフラッシュの原因となる冷えやのぼせ、血行不良を予防するツボです。また、おなかが冷えているときほどホットフラッシュは起こりやすいので、ふだんの生活ではおなかを冷やさないように気をつけましょう。

     

     

    更年期障害のコラム一覧

    388

    全388件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/02/20

    更年期障害のイライラを鍼灸で解消しませんか?

    皆様おはようございます。 えがお鍼灸整骨院です 本日のコラムは『更年期障害のイライラなどを鍼灸で解消しませんか?』というテーマです。 女性の30代後半から50代前半にかけて女性ホルモンの減少による『イライラ・発汗・無気力・動悸・息切れ・倦怠感』など様々な症状が起こってく…

    投稿日:2019/02/16

    足首にあるアンチエイジングのツボとは?

    足首にあるアンチエイジングに重要なツボとは!?続きは⇒こちらから ********************   ナチュラルオリエントでは 東洋医学による体質診断、治療、より具体的なアドバイスを行っています。 あなたのお体のお悩みを…

    投稿日:2019/02/15

    ホットフラッシュ

    中国鍼灸の向山治療院です。   更年期障害でよくみられる「ホットフラッシュ」(のぼせ、ほてり)で、「顔は熱いけど足元は寒い」という方が多くみえます。     それは自然界の現象と同じで「温かい物は上昇性がある」と言う事で…

    投稿日:2019/02/01

    節分と大豆のはなし

    昔は季節の分かれ目には 邪気がはいりやすいと考えられていました。 節分は立春(旧暦の正月)の前の、 冬と春との節目の日。 今でいう大晦日ですね。 丑(1月)と寅(2月)の時節 病気にかからなよう儀式をおこない、 新しい季節を迎える…

    投稿日:2019/01/28

    更年期障害と感じたら、まずやるべき2つの事とは?

     こんにちは、サピエント美健鍼灸整骨院、田中です。 「最近ほんと、何もやる気が出ない...身体がだるい、息切れがする、火照る、イライラする...」というお話をよく伺います。  という事で今回は、更年期障害を疑われた時に、ご自分で出来る事は一体何なのか?書かせて…

    投稿日:2019/01/28

    身体の変化と自然のリズム。

    女性はおよそ50歳前後の頃に閉経を迎えます。その前後の計10年間が更年期と言われる時期ですね。もちろん個人差も結構あります。そして身体の変化に伴なった症状の現れ方も人によってそれぞれです。一般的によく言われるのがホットフラッシュ、めまいや気分の落ち込みなどですが、他にも食欲やお通じ、身体各部分のコリ…

    投稿日:2019/01/24

    更年期障害と鍼灸治療

    こんにちは、いっとう堂の岩田です。今回は更年期障害について取り上げます。更年期障害とは・・・個人差はありますが、50歳前後で閉経する方が多く、この閉経時期を挟んだ前後数年ずつの約10年間を「更年期」と言います。  更年期に卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急…

    投稿日:2019/01/24

    更年期は変身する時期

    更年期は、妊娠する機能をもつ身体とオサラバする時期。妊娠する子宮とは、「空」。「空」とは、生命を宿す働きをもつが、未だ妊娠していない子宮である。陰陽が交流する空間である。男女という陰陽が交流してはじめて妊娠が可能となり、生命が誕生する。一方、初潮のない子供の子宮は、「無」。妊娠した子宮は、「有」。&…

    投稿日:2019/01/23

    更年期はリセットする時期

    更年期は、女性の一生で最も身体がこわれる時期。この時期をうまくリセットした身体と、薬(ホルモン剤など)を飲んで何となく終わらせた身体とは雲泥の差がある。こわれる時期は、同時にリセットの好機でもある。 この好機を生かさない手はない。リセットすると、更年期後の人生が健やかで、爽やかな時間を過ご…

    投稿日:2019/01/23

    更年期をラクに過ごす生活習慣

    中医学では、更年期の根本原因を「腎」の衰えと考えます。腎は、生命エネルギーの源である「精」を蓄える臓器で発育や生殖と大きく関わってきます。そのため、加齢により腎が衰えるとホルモンの失調が起こりやすくなり、冷えやほてりなど、身体に不調があらわれます。 一般的に閉経をはさむ10年間を更年期とい…

    全388件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師