鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

くまの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 美容のお悩み
  • くま

    深夜遅くまで起きていたり、ストレスや疲労がたまっていたりすると、目の下に「くま」ができることがあります。目元は人の視線が集中する部分のためなんとか隠したいものですが、メイクで隠すよりも、くまの原因を根本的に取り除くほうが効果的です。東洋医学のアプローチを実践すれば、くまを改善するだけでなく、ハリのあるいきいきとした目元を作ることができるでしょう。

     

    【くまの症状】

    目の下の皮膚は0.1mmと非常に薄く、皮膚の下の流れる毛細血管の色がそのままあらわれます。目の下が色素沈着や血行不良によって変色した状態を「くま」といいます。くまはその色や原因によって「茶ぐま」「青ぐま」「黒ぐま」の3種類に分けられます。

     

    【くまの原因】

    (1)茶ぐま

    メラニン色素による色素沈着

    新陳代謝の乱れ

    アイメイクや目がかゆいときに目元を刺激しすぎると茶ぐまができることがある

     

    (2)青ぐま

    冷えや疲労を原因とする血行不良によるもの

    目の周りの毛細血管の流れが滞り、青っぽくみえる

     

    (3)黒ぐま

    むくみやたるみによるもの

    皮膚の凹凸が影になることで黒っぽくみえる

     

    【くまの治療法】

    目のくまに効果的なツボは、「四白(しはく)」、「陽白(ようはく)」、「睛明(せいめい)」、「水泉(すいせん)」、「肩井(けんせい)」などです。

     

    四白・・・

    正面から顔を見たときの黒目の真下、指の幅1本分下がったくぼみにあるツボ

     

    陽白・・・

    眉の中央から、親指の幅1本上にあるツボ

     

    睛明・・・

    目頭の少し上にあるくぼみにあるツボ

     

    水泉・・・

    足の内側、くるぶしの出っぱりから人さし指の幅2本分斜め後ろ下で、アキレス腱との間のくぼみにあるツボ

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    【くまに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では目のくまを体の不調のサインと考え、その改善には体の水分バランスを調整し、肌のうるおいを取り戻す鍼灸治療が行われます。目の周りのツボには四白、陽白、睛明などがあり、それぞれ目の周りの血行促進や眼精疲労の回復に効果的です。四白と陽泊は目の奥がズーンと響くくらい押してもかまいませんが、睛明は指の腹で押すように軽くもみ、眼球を押さないように注意してください。

     

    水泉は足の内側、肩井は肩にあるツボです。水泉は冷えの改善や疲労の回復効果があります。肩井は眼精疲労にともなう肩こりに効果的なツボです。慢性的に肩こりを持っている人は、肩井を刺激してこりを改善することで肌の色が明るくなる効果もあります。

     

    くまのコラム一覧

    86

    全86件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/15

    眼輪筋とクマ

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 目の周りにある筋肉、「眼輪筋」をご存知ですか?この筋肉は、目を閉じさせる作用を持つ筋肉です。ここが弱くなってきたり、働きが悪くなって血行が悪くなってくるとクマの原因になったりします。 目をぎゅっ…

    投稿日:2017/11/15

    睡眠と美容の深い関係

    睡眠と美容の深い関係 健やかな肌づくりなど、美容に欠かせない「成長ホルモン」は、夜寝ているあいだに分泌されます。ところが、現代の日本では睡眠に問題を抱える人が多く、その割合は5人に1人というデータもあります。そのうえ、加齢によって成長ホルモンの分泌量が低下し続けることもわかっています。10…

    投稿日:2017/11/07

    目の周りのくまでお困りの方へ

    目の周りのクマ。なかなかケアをしても取れない頑固なクマ。クマにもいろいろと種類があり、それぞれケア方法が変わってきます。クマの種類は三種類あり、一つ目は青クマ血行が悪くなることでクマになっているので、目の下を押さえると血流により色が変化するのが青クマです。次に茶クマです。色素沈着なので、触ったり向き…

    投稿日:2017/10/31

    美容鍼灸⑥

       今回は美容鍼灸による内出血についてご説明させて頂きます。      内出血について稀に内出血や出血が生じる場合がございます。内出血は毛細血管が傷つき、そこから血液が皮下組織に漏れることでおこります。その漏…

    投稿日:2017/10/29

    クマにに効くツボ&ご自宅ケア

    ここ何回かクマの種類や対処法などをコラムで書いてきました。今日はクマに効果のあるツボをご紹介します♪『四白』四白の場所は、鏡で自分の顔をまっすぐに見た時に、黒目の中心から下に下がってきてへこみのあるところです。ここを強く押すのではなく、綿棒や指の腹で優しくプッシュします。クマの改善にもなりますし、目…

    投稿日:2017/10/27

    黒クマについて

    今回は、代表的な3種類のクマの1つの黒クマについて。原因は老化により目の周りの皮膚・筋肉・靭帯などが衰えてしまう事や、骨格・目の下の脂肪が多いことなどがあげられます。こちらも美容鍼でコラーゲンやエラスチンの生成を促し、アプローチしていきますが、他のクマよりも改善に時間がかかるので根気強くしっかりケア…

    投稿日:2017/10/26

    くまでお困りの方

    目の周りのクマ。なかなかケアをしても取れない頑固なクマ。クマにもいろいろと種類があり、それぞれケア方法が変わってきます。クマの種類は三種類あり、一つ目は青クマ血行が悪くなることでクマになっているので、目の下を押さえると血流により色が変化するのが青クマです。次に茶クマです。色素沈着なので、触ったり向き…

    投稿日:2017/10/26

    茶グマについて

    今回は、代表的な3種類のクマの1つの茶グマについて。原因は日焼けや、目のこすり過ぎで、メラニンが沈着することで起こります。アトピー性皮膚炎や花粉症、乾燥などによるかゆみで目をこすってしまったり、落としきれないマスカラも原因の一つです。サロンでは色素沈着を取り除くために新陳代謝を促す美容鍼はもちろん、…

    投稿日:2017/10/25

    気になる目の下のくま

    こんにちは。大阪市阿倍野区のOrdermadeLaboARBA守屋です。本日は「目の下のくま」についてです。くまが目立つと、・疲れてるのかなぁ・寝てないのかなぁ・元気なさそう・頼りないなどのマイナスイメージ生まれることが分かっています。特にお仕事で、営業、接客等、人と接することが多い方には気を付けて…

    投稿日:2017/10/24

    青グマについて

    青グマ 前回の続きですが、代表的な3種類のクマの1つの青グマ。原因は目の周りの血行不良です。血行不良の結果、溜まって黒ずんだ血が皮膚を通して青や紫に見えます。血行不良の原因は、寝不足や冷え症、眼精疲労、ストレスなど様々です。血行を改善するためにサロンでは鍼だけでなく、熱くない心地のよいお灸…

    全86件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師