鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

たるみ(リフトアップ)の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 美容のお悩み
  • たるみ(リフトアップ)

    年齢とともに目立ってくる顔のたるみ。皮膚がたるんでしまうと、疲れて老けた印象を与えてしまいます。たるみをそのまま放置するとシワやゆがみの原因にもなるため、鍼灸治療やマッサージでリフトアップしましょう。

     

    【たるみの症状】

    たるみが出やすいポイントは目元(涙袋)、ほうれい線、ほほ、あご、くびなどです。顔の皮膚がたるんでしまうことで、顔に凹凸した影ができてしまい、顔の印象を老けさせてしまいます。

     

    【たるみの原因】

    たるみの主な原因は次の6つです。

     

    (1)肌のハリ・弾力を保つ弾性繊維(コラーゲン、エラスチン)の生産機能の衰退、劣化

    (2)紫外線や活性酸素により弾性繊維を傷つける

    (3)肌内部の水分をキープするヒアルロン酸の減少

    (4)顔の筋肉の低下

    (5)姿勢が悪い、顔の表情のくせ

    (6)顔の脂肪が増えて重たくなる、急にやせる

     

    この中でたるみの最大の原因とされるのは、(1)のコラーゲンとエラスチンの劣化です。劣化は加齢やストレス、栄養不足、睡眠不足などにより引き起こされます。

     

    【たるみの治療法】

    たるみは人が年齢を重ねる以上、誰もが避けては通れない道ですが、顔の筋肉を鍛えたり、鍼灸やマッサージによって血行を促したりすることで進行を遅らせることができます。たるみへの効果が期待できるツボは、「天柱(てんちゅう)」、「四白(しはく)」、「承泣(しょうきゅう)」、「球後(きゅうご)」、「顴りょう(かんりょう)」などです。

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    四白・・・

    正面から顔を見たときの黒目の真下、指の幅1本分下がったくぼみにあるツボ

     

    承泣・・・

    正面から顔を見たときの黒目の真下、目の下の骨の際にあるツボ

     

    球後・・・

    目の下の骨のくぼみにそった、目尻から3分の1の位置にあるツボ

     

    顴りょう・・・

    ほお骨の下端、ほお骨の下を触ったときにあるくぼみ部分にあるツボ

     

    【たるみに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学においてたるみを改善するときは、目元やほうれい線などたるんでいる部分だけでなく、頭皮や首、こめかみ、耳の上の側頭筋などにもアプローチします。顔の血行を促進し、表情筋を鍛えることで、顔のリフトアップやたるみの進行を遅らせます。

     

    首にある天柱というツボは首のこりをほぐすことで、頭と体の血行を改善するツボです。四白、承泣、球後は目元のたるみに効果的なツボです。目元の血行を促す効果があります。顴りょうはほほのシワとたるみを防ぎます。

     

    目の周りは顔の中でも皮膚が薄く、刺激には弱い部分になるため、自分でツボ押しするときは強く押しすぎないように注意しましょう。

     

    たるみ(リフトアップ)のコラム一覧

    1293

    全1293件中 1161件~1170件を表示

    投稿日:2016/08/24

    頬のたるみ実は頭皮から来ていた!?

    多くのみなさんはフェイスラインが下がってしまうとお顔にばかり目がいってしまいますが実は「頭皮」が原因になっていることがあるんです。お顔の皮膚は頭から首まで1枚につながっていますそのため頭皮がカチカチになっていたりたるんでいるとお顔に影響が出ていることもあるんです。頭皮のケアも忘れずに!

    投稿日:2016/08/24

    なぜか老けて見える原因って何?

    年齢のせいしていませんか?なぜか急に老化が進んでしまう多くの原因は 「頬」 にあります!頬が下がってしまったことによりお顔全体がたるんでしまっているように見えます。頬をあげてあげるだけでもリフトアップにかなり有効的です!     

    投稿日:2016/08/23

    安心安全な美容鍼

    こんにちは、はり・きゅう・マッサージ治療院feelです。今回は最近よく話題になっている「美容鍼・美顔鍼」についてお話しします。  『美容鍼灸・美顔鍼』はなぜお肌に良いのでしょうか? それは、線維芽細胞という皮膚の機能を保つうえで、もっとも重要といわれている細胞があります…

    投稿日:2016/08/23

    「セドナ式 美容鍼灸」②

    こんにちは!JR千葉駅から徒歩1分セドナ整骨院・鍼灸院の出口です!!シリーズでお伝えしています「セドナ式美容鍼灸」バックナンバーも同時にご覧ください!   当院では美容鍼灸は顔だけでなく「体全体から」の包括的なアプローチを行います!大きく分けると1.頭部から顔面への鍼刺…

    投稿日:2016/08/22

    電気刺激 美容鍼がリンパの流れを改善するのは何故?

    リンパの働きリンパには大きく分けて2種類の働きがあります。●働き1.老廃物を回収する働き通常、老廃物は毛細血管を通じて静脈に取り込まれ、肝臓でろ過された後、心臓まで戻ります。しかし、老廃物が静脈では回収しきれないときはリンパ管に流れ込み、リンパ液となります。また、リンパは、脂肪や組織液に混ざっている…

    投稿日:2016/08/22

    たるみ対策

    たるみは顔の筋肉の低下により起こるもの。しかしそんな悩みも少し対策をしてみましょう。・よく笑う・あごのお肉を下から上に持ち上げる。・イーと鏡の前でいう。こんな簡単なことでたるみ対策はできるのです。 

    投稿日:2016/08/22

    表情筋を鍛える(シワを増やさない表情筋トレーニング)

    表情筋を鍛える(表情筋トレーニング)以下の運動を、1日2回、順番に3セット行う。※注意:筋肉を動かすときにシワができないように注意しましょう。誤ったトレーニングをすると、表情筋トレーニングがシワを作る原因となります。(初めは、鏡でチェックしながら行いましょう。)①前頭筋、⑥皺眉筋を鍛える目は上の方を…

    投稿日:2016/08/22

    表情筋と顔のたるみを詳しく解説

    表情筋と顔のたるみ・頬のたるみ、ほうれい線②側頭筋(そくとうきん)、⑨大頬骨筋(だいきょうこつきん)、⑧小頬骨筋(しょうこうこつきん)、③咬筋(こうきん)が弱ると、頬の重さを釣り上げることが出来なくなります。また、⑤胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)が弱ることで、首の筋肉・脂肪の重さが頬にかかるよ…

    投稿日:2016/08/22

    肌の弾力アップ:繊維芽細胞の働きを活発にするには?

    肌の弾力アップ:繊維芽細胞の働きを活発にする繊維芽細胞の働きを活発にすると、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を多く生成するため、肌の弾力がアップします。そのためには、血流を良くし、繊維芽細胞に多くの栄養素を送ることが重要です。以下は、繊維芽細胞が血液成分を十分に補給できたときに、細胞増殖とコラー…

    投稿日:2016/08/22

    肌の弾力の決め手「コラーゲン」をつくるには「アミノ酸が大切!」

    肌の弾力の決め手「コラーゲン」をつくるには肌の弾力の決め手となるコラーゲンは、タンパク質でできていますが、タンパク質とはアミノ酸が結合した物質です。具体的にはコラーゲンの構成物質(アミノ酸ヒドロキシリジンとヒドロキシプロリン)は、アミノ酸:リジンとプロリンが酵素反応されることで作られます。「ビタミン…

    全1293件中 1161件~1170件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師