鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

膀胱炎のコラム一覧

64

全64件中 1件~10件を表示

投稿日:2019/07/05

膀胱炎について

膀胱炎。あまり男性にはなじみはないかと思いますが、女性に多いです。どうしてなのでしょうか?これは生殖器の構造による部分が大きいかと思います。膀胱は尿を溜める器官です。男性の場合、膀胱から尿道の出口までの距離はおおよそ15cmから20cm弱、これに対して女性は3cm程となっています。菌が膀胱に入りやす…

投稿日:2019/06/12

膀胱炎のツボ❗️

こんばんは! 膀胱炎のツボについて書きます❗️ ツボの名前は三陰交(さんいんこう) 内くるぶしの3センチ程上にあります お灸が良いです❗️ 因みに膀胱炎は排尿痛、尿が出にくい、残尿感などがあります 三陰交、是非お試しください🍀🍀🍀

投稿日:2019/05/28

意外にも多い「大人の尿もれ」

いつもお読みいただきありがとうございます!「出産後に尿もれがひどくなった」「くしゃみや咳をするたびに尿が漏れる」「エクササイズのときに尿が漏れる」「更年期の時期から尿もれがひどくなった」そんな声が聞かれます。筋肉骨格を中心にみているところでは、「膀胱括約筋」「骨盤底筋」などの「筋肉の衰え」によって起…

投稿日:2019/05/04

トイレが近い・我慢できない ~過活動膀胱とは~

【40歳以上の男女では、8人に1人過活動膀胱とは】 急な尿意をもよおしトイレにかけこんだばかりなのに…またもやすぐに尿意が…夜何度もトイレに起きてしまい、しっかり睡眠がとれない…トイレへの焦りや不安で、日常生活中でも支障が出てしまったり、外出や旅行…

投稿日:2019/05/02

頻尿は〜に灸がいい

頻尿で、何回も夜間トイレに行かれる方も多いと思います。頻尿は、東洋医学的には「冷え」が関係しています。おへその下にある「関元」にお灸をしていただくといいです。家庭灸で十分効きますので、毎日1つ施灸してみてください。

投稿日:2019/02/12

排尿後のムズムズ感、切迫感

こんにちは、当院は、女性専用ということにしておりますが、お子さんや、ご主人、ご紹介の方など男性も診させていただいております。慢性前立腺炎の患者さんに大変効果があったのでご紹介させていただきます。この方は、病院にて薬を処方されるも効果なく慢性のものだから長くかかると言われていました。症状としては、長時…

投稿日:2018/12/27

冬に多い膀胱炎

この季節、多くなってくるのが膀胱炎です。膀胱炎は、冷えとストレスが原因の場合が多いです。女性に多いです。理由は尿道が男性よりも短いからです。温めるのが効果的です。足の内踝の上にある三陰交。おへその下にある関元、中極を温めるとよいです。また、ストレスを感じたらマッサージを受けられて、自分を大事にされる…

投稿日:2018/12/24

女性の膀胱ケアはアンチエイジングケア

女性は膀胱炎、過活動性膀胱(頻尿)、尿失禁などおしっこのお悩みが40台半ばから深刻になります。女性は男性より尿道が短いのでどうしてもばい菌が入って膀胱炎になりやすいし、頻尿にもなりやすい。出産後は骨盤底筋群が緩むことによる尿失禁も深刻になります。初老のころに尿失禁が心配で外出もできなくなると下肢筋力…

投稿日:2018/12/21

冬もトイレはこまめにいきましょう!!

みなさんこんにちは小岩はりきゅうスタジオHOPEの伊藤達也です。東京は昨日から日中はわりと暖かですね。週末には寒くなるようですので、今から準備してたのしいクリスマスを迎えましょう!!  さて~今日のテーマは『冬もトイレはこまめにいきましょう!!』です。  あな…

投稿日:2018/12/20

頻尿の回数が減ったかも!?

いつもお読みいただきありがとうございます!頻尿を訴えられていた方。施術後「なんか、回数減りました。」とのことでした。前回いらしたときにも、1回目の施術で症状が消えてしまったことに驚き、ご家族をご紹介してくださったんですね。そして、今回も、変わるの早いですね。よかったです!*全ての方が「すぐに効果が出…

全64件中 1件~10件を表示

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師