鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

下痢の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処
方法解説

  • 内臓のお悩み
  • 下痢

    突然おなかがグルグル鳴りだし、腹痛をともなっておなかがくだる…。特に街中や電車に乗っているときの突然の腹下しなど、下痢はほんとうにやっかいです。ただし、感染症や食中毒などの場合などの急性の下痢は毒素を体外に排泄するための自然な働きなので無理に止めないほうがいい場合もあります。慢性の下痢であれば鍼灸治療で体調を整え、体質を強くすることで症状を緩和・軽減することができます。

     

    【下痢の症状】

    泥状、あるいは水状の水分の多い便が排泄される下痢。排便の頻度が多くなるのが一般的で、腹痛をともなうことも少なくありません。なお、医学的には排便の回数に関係なく便の状態によって下痢と判断されます。

     

    【下痢の原因】

    急性の下痢は食あたり、風邪などの一時的な体調不良や消化不良が主な原因です。一般に「おなかを冷やすのはよくない」といわれますが、おなかを冷やすことによって内臓の働きが弱り、結果的に消化不良になって下痢を起こす場合があります。

     

    慢性の下痢は腸の機能低下や異常、ストレスなどによる自律神経のバランスの崩れなどが主な原因と考えられます。下痢だけでなく、下痢と便秘を繰り返したりしやすくなります。

     

    【下痢の治療法】

    ウイルスや細菌、食あたりが原因の急性の下痢は、菌や毒素を体外に排泄するための体の活動ですから無理にとめないほうがいいと考えられています。

    セルフケアの方法としては「カイロなどでおなかを温める」「冷たいものや刺激物を摂取しない」などの方法があります。また下痢のときは脱水症状を起こしやすいので水分は十分に摂取しましょう。

     

    下痢止めに即効性があるツボとしては、腸の過剰なぜん動運動を抑える腹瀉点(ふくしゃてん)、食あたりに効く裏内庭(うらないてい)などが挙げられます。

     

    慢性的な下痢の場合は鍼灸治療によって消化機能や自律神経の働きを整え、腸の働きを活性化させることで症状の緩和、体質の改善などが期待できます。大横(だいおう)、大椎(だいつい)、大腸兪(だいちょうゆ)などのツボを中心に刺激をあたえていきます。

     

    腹瀉点・・・

    手の甲側、中指と薬指の骨が交わるあたりにあるくぼみのツボ

     

    裏内庭・・・

    足の裏の人差し指の付け根より少し中指寄りのツボ

     

    大横・・・

    おへそから指6本分外側のツボ

     

    大椎・・・

    首を前に傾けたときに突出する背骨の下にあるくぼみ。肛門周辺のできものにも効果があるツボ

     

    大腸兪・・・

    背中側、腰の左右にある大きな腸骨の両側で、体の中心線から親指の幅1本分半の外側にあるツボ

     

     

    【下痢に期待できる鍼灸治療の効果】

    「いますぐ下痢を止める」というような即効性はあまり期待できませんが、下痢しやすい体質や、下痢と便秘を繰り返すような慢性的な症状は鍼灸治療によって改善が期待できます。ある程度の期間、根気よく治療を継続することが大切です。

     

     

    下痢のコラム一覧

    93

    全93件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/05/22

    下痢 最近朝晩が冷える 寝冷えにご注意! コラム017

    下痢最近朝晩が冷える寝冷えにご注意!コラム017最近下痢の症状を訴える方が増えています。腹痛と下痢、寝冷えで下痢、食べ過ぎて下痢。下痢といっても状態は様々です。■昼間は暑いので冷たいものを摂ったり、夜薄着で寝ていて寝冷えをした方は。下腹部の消化吸収が低下して血流がうっ滞して下痢をするケースが多いです…

    投稿日:2018/05/17

    【下痢でお悩みの方の食事と対処法】

    下痢は基本的には、食事の偏りや、不規則な食生活、ストレス、冷えなどが原因になります。 中医学的には、消化吸収には脾と胃が関係します。 食べ物が胃に入り、消化された後、腸に送られます。脾は、大事な栄養を全身に運ぶ働きがあります。 下痢の場合は、脾と胃を整えることが基本にな…

    投稿日:2018/04/06

    『肝脾不和』ストレスからの胃痛や下痢が止まらない肝脾不和

    四月からの保育園は先生方も大変なようで、0歳、1歳、2歳児の新入園児はお母さんから離れて、泣きやまず、保育士さんの手が足りない状態だそうです。膀胱炎と胃痛で来院の30代保育士さんは、この時期からしばらくは、子供の泣き声が夢にまで出てきておそろしいです(泣)と嘆かれていました。 他の保育士さ…

    投稿日:2018/04/02

    お腹のトラブルは表裏一体

    緊張やストレスを感じると下腹部や胃が痛くなったり、下痢や便秘など胃腸症状に影響が出ることがあります。日常生活や仕事にも支障がでるお腹のトラブルは厄介ですよね。 東洋医学では「脾胃(ひい)」と呼ばれ、「脾が陰」で「胃が陽」と五臓六腑では表裏関係にあります。また下痢と便秘も症状としては正反対で…

    投稿日:2018/03/19

    過敏な腸の動きを抑えましょう。

    気温の変化やストレスなどでお腹を下す過敏な腸を持つ方が増えています。胃腸はストレスに対して敏感です。鍼灸治療では下痢に対してストレス解消のツボを刺激することがあります。自律神経の過剰な反応を抑えるために「内関」や「太衝」などのツボと「公孫」などに施術します。頻繁に下痢になりやすい方にお勧めです。※器…

    投稿日:2018/03/16

    ストレスで腸が不調になっていませんか?  東京・調布市の西村スポーツマッサージ仙川院

    色々変わる時期だからこそ年度の変わるこの時期、季節の変わり目でもあり気温も寒暖差が激しいですね。年度末で今年度の締めくくり作業があったり、新年度に向けての準備に追われている方も多いと思います。また、新年度から新たな学校、職場、環境になるという方も多いですね。色々な不安や希望が入り混じって何とも言えな…

    投稿日:2018/03/07

    下痢の症状を抑えるツボ

    こんにちは、えにし鍼灸整骨院です。今日は下痢に効果があるツボをお伝えします。1つ目は【梁丘】梁丘は膝のお皿の外側から指2本上に上がったところにあります。下痢症状が出ている時にその周囲を押し、一番押した痛みが出たところを指圧します。2つ目は【関元】おへその指3本分下にあります。このツボには指圧よりもお…

    投稿日:2018/02/16

    肝臓の問題ではこんな症状が…

       血液量のコントロールを任されているのは、  肝    と言われています。    肝の働きは、主に  ・血を貯える・筋肉をコントロールする・疎泄(…

    投稿日:2018/02/05

    『お腹がゆるくなりやすい』そんな時は、接触鍼

    皆さん、こんにちは、はり・きゅう・マッサージ治療院THEDiMEの小井手智啓です。 先日いらした患者さんの症例です。患者さんは小学校6年生の男の子。お子様の受験シーズン、頑張って勉強していると腰が痛くなるというのはよくあることです。もともとは腰がつらくなり、無理して良い姿勢と言われる体勢を…

    投稿日:2018/01/18

    内蔵と骨盤

    みなさんこんにちは!コラムをご覧の皆様の中には、下記のような症状をお持ちの方はいるでしょうか? ☑便通が良いとは言えない☑お腹の調子の波が激しい☑ふとお腹を触ると冷たい☑腰痛持ちである☑慢性的に背中や首・肩にはりがある こんな症状をお持ちの方は、骨盤の位置を正しくすることで解消す…

    全93件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師