鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

高血圧・低血圧症の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 内臓のお悩み
  • 高血圧・低血圧症

    不快感や体調不良の原因となるばかりでなく、長期間放置していると重篤な病気に結びつく危険性もあります。医師にかかって服薬治療をしたり、食生活をはじめとした生活習慣を改めたりしている人も多いでしょう。しかし鍼灸治療にも高血圧・低血圧症の予防や症状改善に効果的なものがあります。

     

    【高血圧症の症状】

    初期は自覚症状は特にない場合が多いのですが、人によってはのぼせや全身のだるさを感じることもあります。重度になると激しいめまいや頭痛、手足のしびれなどを感じます。

     

    【低血圧症の症状】

    だるさ、めまい、慢性的な頭痛、食欲不振、手足の冷えなどが主な症状です。

     

    【高血圧症の原因】

    塩分の取りすぎ、喫煙、運動不足、肥満、飲酒、ストレスなどの生活習慣、遺伝的な体質などが原因と考えられます。またその両方が複合している場合も考えられます。

     

    【低血圧症の原因】

    自律神経障害や強い精神的ショック、向精神薬の使用などが原因となる場合もありますが、特に原因というものが見当たらず、遺伝的な体質が大きく影響していると考えられる場合もあります。

     

    【高血圧症の治療法】

    症状が重篤な場合や血圧が極度に高い場合は専門医の検診を受ける必要がありますが、だるさ・のぼせ・首や肩のこりなどの症状に対してはツボ治療が有効です(鍼灸だけで重篤な高血圧症を治療しようという考え方は危険です。必ず医師にかかってください)。百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)・内関(ないかん)などのツボに対して鍼灸治療を行います。

     

    【低血圧症の治療法】

    上記の百会・天柱などのツボへの鍼灸治療は低血圧症にも共通します。また、手足の冷えに対しては膈兪(かくゆ)、厥陰兪(けついんゆ)、腎愈(じんゆ)などのツボを刺激して改善します。

     

    【高血圧・低血圧症に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸治療では「血圧を上げる・下げる」というより血流を整える・血液の循環を適正化するという考え方をします。次の各ツボに対する治療で主に期待できるのはそうした効果です。また高血圧・低血圧から来る諸般の不快な症状も改善が期待できるでしょう。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    天柱・・・

    首の後ろにある2本の筋肉(僧帽筋)の外側、髪の生え際にあるツボ

     

    内関・・・

    手首の付け根の中央から指2本分ひじ側にあるツボ

     

    膈兪・・・

    背中の第七胸椎と第八胸椎の間で、指2本外側に位置するツボ

     

    厥陰兪・・・

    肩甲骨の内側、背骨をはさんだ両側で、親指の幅1本分外側のツボ

     

    腎愈・・・

    肋骨の一番下の先端と同じ高さで、背骨をはさんだ背骨の両側のツボ

     

    高血圧・低血圧症のコラム一覧

    79

    全79件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/02/14

    意外とつらい低血圧、、、

    こんにちは。 朝夜と昼の気温差がありますが、身体の調子はいかがでしょうか? 朝起きるのがつらい。やる気はあるのに体がだるい・・・疲れてすぐ横になりたくなる。。。そんな場合は低血圧のせいかもしれません! 高血圧は脳血管障害や心臓病を起こしますが、低血圧は基本的には生命への…

    投稿日:2018/02/07

    冬も忘れていけない! 水分補給!

    普段みなさんはどれだけの水分をとっているでしょうか? 意識して水分を2リットルくらいとっているという方はどれだけいるでしょう 冬は特に水分を失われている感じがあまりなくのども乾きにくいので、水分をあまり取らないという方もいるのではないでしょうか? しかし、冬こそ脱水に気…

    投稿日:2018/02/02

    高血圧の本当の話

    サーラプラザさんで行っているお灸講座高血圧の方がいらっしゃるせっかくなので、次回はこんな話もしていこうと  血圧は、生物学的に加齢ともに高くなるどのくらいになれば、薬を使うべきかの定義はある糖尿病や過去に脳梗塞等の既往歴があれが厳しくなる でも、長尾先生いわく実は高齢者…

    投稿日:2018/01/31

    高血圧も お灸の力で

    鍼灸って肩こりとか腰痛とか痛みの疾患の治療と思っていらっしゃる方が多いと思う 未病も防ぐ効果もあるので体調を整える意味合いで、自宅でのお灸はとってもいいのだけど 前回のお灸講座高血圧なのだけど、今後も薬に頼る生活はどうかなぁっとちょっとお若い方なのでうれしい相談なぁと …

    投稿日:2018/01/27

    中国医学養生知識瘀血ー1

    中国医学養生知識瘀血ー1なぜ人間の身体に瘀血が出て来ますか?中国医学では体内に瘀血が出て来る原因は四つがあります。1,気虚であります。 中国医学では気がスムーズに循環すれば血液もスムーズに循環します。気が停滞すれば血液も停滞になります。と言う意味は人体の血液の流れは気の働きにより流れます。…

    投稿日:2018/01/14

    冬こそこまめな水分補給を!

    普段みなさんはどれだけの水分をとっているでしょうか? 意識して水分を2リットルくらいとっているという方はどれだけいるでしょう 冬は特に水分を失われている感じがあまりなくのども乾きにくいので、水分をあまり取らないという方もいるのではないでしょうか? しかし、冬こそ脱水に気…

    投稿日:2018/01/11

    コラム89 朗報!⇒ 峠を越える!・・・病院勤務・医師から見放され冷酷な死の宣告!を受け&血縁・家族からは面談拒絶された生活保護・女性・1人暮らし75歳・・・3人で救おうキャンペーン!「波動&中医」弁証・捻転鍼灸+他者のお陰によって!奇跡が遂に起こった!・・・幸せを引き寄せる音楽をリンク!

    佐世保市民の皆様日本国民の皆様福島原発でご苦労をされていらっしゃる皆様そして世界中の皆様!お仕事本当にご苦労様です。  昨年12月25日に始まった!キャンペーンあ=3人ですくおうキャンペーン!今現在どういう状況かと云いますといやーそれが年末年始・・・壮絶でした~(笑)毎日毎日がハ…

    投稿日:2018/01/08

    第4話:歯周病がどうして全身性の疾患に関わっているのか?その2

    こんにちは。昨日の続きです。脂肪細胞とマクロファージの動きで血管が脆くなったり凝固性が高まったり、というところのきっかけに歯周病の原因菌であるグラム陰性嫌気性細菌のだすサッカライドや菌自体のTLRへの接合がマクロファージ遊走に関与するというところまで行きました。今回は、脂肪細胞から出てくるIL-6の…

    投稿日:2018/01/07

    血圧が下がる反射

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 血圧が下がる反射があるのをご存知ですか?首のあたりにある、血圧を感知する「頸動脈洞」というところがあります。この頸動脈洞は、血圧が上がり過ぎてしまった時に反応し、上がり過ぎないように血圧を下げる働きがあり…

    投稿日:2018/01/07

    3話:歯周病がどうして全身性の疾患に関わっているのか?その1

    皆さんこんにちは。しんきゅうコンパス、3回目となりました。アクセスが右肩上がり(笑)。まあ、それはそれとして、今日から少し歯周病と全身疾患との兼ね合いについてのモデルを少しご紹介出来ればなと思います。図を見てください。この図はとてもわかりやすい。歯周病が進むと、糖尿病が悪化する。糖尿病が悪化すると歯…

    全79件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師